長いようで短い、不思議な1年。
b0028216_1894992.jpg


1年前の今日は最愛のメリーが亡くなった日。

今日も去年と同じように、たくさんメッセージをもらったり、お花やメリーの大好きな食べ物をもらったり、宅急便で大好物のデコポンやメリー専用レシピの手作りクッキーが届いたり、友達が来てくれたり、しあわせな1日でした。

これからメリーの大好物のかぼちゃプリンを作りたいと思います。

メリーは彼女にとって、世界一しあわせだったと思います。
メリーに出会えた私も、世界一しあわせです。
これからもずっとそばにいてね。

メリー、ありがとう。
# by kazztomo | 2014-03-14 18:10 | メリー | Comments(7)
カー・マガジン429号(1/26日売・3月号)。
b0028216_2022478.jpg


1年近くご無沙汰してしまいました。

明日発売のカーマガジンにokakiくん撮影で掲載されています。

「一生添い遂げたい二台のパートナー」
「大きなトラブルも経験することなく二台のハイドロシトロエンを楽しんでいます」

と、素敵な記事を書いて頂きましたが、なんとこの取材から一週間後、
Xmのオートマミッションが突然死し、復活させるには他に修理が必要な部分を含めて
3ケタになってしまうということで、残念ながら降りる事になってしまいました。

b0028216_2024247.jpg


ちょうど10万キロを超えて、これからだと思っていた矢先の出来事。
相変わらず内外装はピカピカのまま…。
とても大事にATF管理や夏の渋滞に乗らないなど工夫をしてきたのですが、
盛大に毎日酷使している某Xmより短距離で崩壊するということで、
空いた口が塞がりませんが、仲間のXmも都市部に於いては皆遅くとも12万キロまでに
100%壊れているので、仕方のないことだと諦めます。

b0028216_202320100.jpg


納車から4年と2日。
とても残念だけれど、幸いにもすごく低走行の同じ年式のXmと出会えたので、
懲りずに愉しもうと思っています。

今までありがとう。
これからもよろしく。
# by kazztomo | 2014-01-25 20:23 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(6)
三陸牡鹿半島産、極上「金華わかめ」の通販が始まりました。
b0028216_22501588.jpg
ボランティア先でお世話になっている木村さん一家(ヤマカ水産)で作っている
宮城県石巻市牡鹿半島にある小渕浜というところで収穫される
極上の「金華わかめ」が、XM仲間のTさんの橋渡しにより、
楽天内のショップ「おとどけストアー」での販売を(今月から)スタートしました。

私たちは木村さんや小渕浜の他の同じ牡蠣・わかめ漁をされているお宅で1年以上、
毎月(繁忙期は月2回)お手伝いさせてもらっていて、とてもお世話になっています。


小渕浜は東日本大震災で多くのものを失いました。
わかめの収穫最盛期を迎えていた三陸沿岸の被害は深刻で、
牡鹿半島表浜にある漁協の建物や作業場なども壊滅的な被害を受け、
船も流されてしまったり壊れてしまった方が多く、
浜にあった作業機械、養殖中だった牡蠣やワカメもすべて流されてしまいました。
b0028216_22274293.jpg
牡蠣を養殖するのに使う牡蠣のベッド、ほたての貝殻ネックレスも
全部流されてしまったので、私たちも夏場などの休閑期は
帆立ネックレス作りをお手伝いしていました。(写真は木村さんの作業場)
b0028216_22283722.jpg
残念ながら「復興」はおろか「復旧」も進まない、
まるで昨日震災にあったかのような牡鹿半島。
美しい海とは対照的に、陸は瓦礫や壊れかけの建物がそのまま…。
大切な最愛の家族を亡くされた漁師さんももちろん何人もいらっしゃいます。
b0028216_2229556.jpg

b0028216_22323930.jpg
今、彼らを突き動かしてるのは、漁師という仕事に誇りをもつ「根性」だけ。
そのプライドに溢れた根性の味を、今後も応援していきたいです。

b0028216_2231113.jpg
この通販サイトの写真やデザインもいつものボランティア仲間で行いました。




実際に「金華わかめ」が出来るまで…を簡単にご紹介しますね。


b0028216_22591688.jpg朝焼けが残る早朝に出発。

次から次へと肉厚なわかめが揚がってきます。

職人技…というよりは、体力勝負!
息をつく間がないほどの勢いで、育ったわかめを刈って引き揚げていきます。

すごい重労働、大迫力。
とてもきつそうです。


b0028216_2331763.jpg浜へ帰還。

陸へ戻っても休む間なく仕事が続きます。

網に乗せて引き上げ、
今度は船から揚げたわかめをすぐに釜炊きします。

竹竿で何度も何度もかき混ぜながらやる作業も、これまた重労働。


b0028216_22353897.jpg
炊いたあとは、すぐに冷却。
冷やすとわかめらしい美しい緑色に変わります。
b0028216_22372464.jpg
冷やしたわかめを均等にわけ、袋づめ。 いよいよ「塩蔵」行程へ 。
これが通称「洗濯機」。この機械のなかで撹拌しながら塩蔵していきます。
日の出前に出航し、陸揚げしたわかめをここまで行うのにだいたい午前中いっぱい。
b0028216_2238043.jpg
陸では次に塩蔵されたわかめの茎と葉っぱを切り離す作業を女性陣が担当。
ベテランの方々ばかりですごいスピードで作業が進みます。
(私は繁忙期はこれをいつもお手伝い。なかなか上手に出来るようになりました。)
b0028216_22392368.jpg
乾燥され、余分な付着塩はビンゴマシンのようなカゴで振り落とします。
長さを整え丁寧に箱詰めや袋詰めし、これでようやく出荷…となります。
b0028216_22545049.jpg
そして、このように出荷されたわかめたちが食卓に上がるのです。
美味しい、最高級「金華わかめ」です。

b0028216_2372040.jpg牡鹿半島のわかめはなぜこんなに美味しいのかと言うと…、

牡鹿半島は宮城県の北東部、三陸海岸最南端の半島。
小さな半島は海に囲まれ、山で被われていています。
この山から流れる水が牡鹿半島の海にたくさんの栄養を与え、美味しい海の幸を提供してくれているのです。


この最高に美味な塩蔵わかめ、冷凍1年、冷蔵半年もちます。

海藻がお好きな方でいらっしゃったら、必ずお口に合うことは間違いないと思います。
色、香り、歯ごたえ、味わい…。現在はわかめ漁シーズンの最盛期。
旬のの穫れたてわかめ、感動的なお味を、ひとりでも多くの方に楽しんで頂きたいです。
「今まで食べていたわかめって何だったの…?」というお味なのは保証します。
もちろん、美容にも健康にも良い食材なのは言うまでもありません。

ご自宅でお楽しみになるのはもちろん、贈り物にも最適な「金華わかめ」。
ぜひこちらからご購入ください。
絶対後悔しないお味なのは保証します。

b0028216_2384080.jpg
生で頂くのももちろんとても美味しいし、
お味噌汁を具無しで作って3分戻しただけのわかめにさっとお味噌汁を掛けるだけでも
本当に美味しいです。もちろん酢の物やサラダにも…。

最近のお気に入りは写真のわかめごはん。
お出汁と薄口醤油、お酒だけでごはんを炊き、
炊きあがったごはんに混ぜて頂くだけで
(私じゃなくても→)三杯飯確定の感動の美味しさです。

ほんと、おいしいです。

# by kazztomo | 2013-04-15 22:40 | 私の好きな登場人物 | Comments(6)
メリーは自由になりました。
b0028216_20555488.jpg
もう二週間前になりますが、2013年3月12日16時12分、
メリーは私の膝の上で安らかに眠りました。
ブルテリアとしてはとても長寿、15歳7ケ月の大往生でした。

食べなかったのは24時間だけ、それまでもりもり食べていたので
体重も健康な時からまったく減らず、お水は12日の午前中まで普通に飲んで、
トイレも直前まで普通にしていて…急で一瞬のことでした。
危惧していた腎不全→尿毒症による症状はなく、
腎臓が引き金ではあるでしょうが、体力がなくなって心臓が弱った事による、
穏やかな、いわゆる老衰による最期でした。

メリーはリードで繋がっていると安心してピーンと伸びるまで先に行くこともあったけど、
リードから離した途端に私から1m以上離れられなくなる内気な甘えん坊。

不自由な身体から自由になった途端に、
余計に私のそばをぴったり離れないでいてくれているのを感じます。
天国に知り合いもいないしね…。

今までありがとう。
本当に楽しかったね。
メリーに「可愛いねぇ」って言わなかった日は1日もなかったね。
お互い世界一しあわせな組み合わせだったよね。
これからもよろしくね、メリー。

b0028216_23163927.jpg
3月11日夕方の一枚。
ふたりで写ってるマトモな写真がないから…と
撮ってもらった翌日のことでした。

詳しくはmerry専用ブログへ…

お世話になった皆様、気に掛けて下さった皆様、
メリーを可愛がって下さった皆様、本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

# by kazztomo | 2013-03-26 00:25 | メリー | Comments(13)
また母と妹が来てくれました。
b0028216_22512047.jpg
あれ!?ママとなおみちゃんだ!


b0028216_22504979.jpg
そうそう、ナデテナデテ…。
なおみちゃん、ママ、だいすきだいすきー☆


b0028216_22505162.jpg
しあわせだなぁ〜。


b0028216_22572871.jpgまたメリー用かぼちゃプリンを焼きました。

1個で2200kcalもある大きなものなんですが、かれこれもう5個目。

卵白(腎臓病にとって最高の蛋白源)とかぼちゃと生クリームとお砂糖だけで作ったものです。

お砂糖も良いものを使ってます。これさえあればメリーはお薬がとても楽しみなんだって。


メリーはだいぶ食べられるようになったので、健康だった時の体重に戻りました。
写真でも少しわかるかな?

# by kazztomo | 2013-02-09 22:54 | メリー | Comments(8)
てづくりの革のもの。
b0028216_16412232.jpg
精密と根気が取り柄のgackyくんの趣味、革細工。


b0028216_16412640.jpg
最新作はRICOH GXRのボディカバーとストラップ。


b0028216_1641188.jpgiphpne5のケース。


b0028216_1640554.jpg以前4000円も出して本革カバーなるものを購入したのに、本革と言ってもウレタンぽい加工がされていて全然ダメでした。

こっちの方が触感や質感に味わいがあって良いです。


b0028216_1641723.jpg
以前友達に頼まれて作った親子かばん。


b0028216_16492516.jpg
かなり便利に使えるリネン×革のトート。

# by kazztomo | 2013-02-05 16:50 | モノ | Comments(2)
腎臓病の犬の食事。
獣医さんからも年が越せたらいいですねと言われていたし、
一時は調子が悪くて何も食べなくなってしまった日も何日かあり、
もうダメなのかも……と思った時もあったメリーですが、
一生懸命勉強したり、栄養士さんやお医者さん、獣医さん、
動物のフードライターさんなどに教えて頂いた栄養管理を実践していたら
最近ではかなり食べられるようになり、一時減ってしまった体重も元に戻りました。
(病気前8.0kg→病気発症後一時期7.5kg→現在8.2kg)

もちろん15歳という年齢や、腎臓病の性質を考えれば、回復は望めませんが、
余生をメリーにとって美味しいものだけを食べつつ、
腎臓病に最適な栄養管理をしながら下り坂を少し緩めることが出来たらいいな、
メリーが楽しく美味しく余生を過ごせたらいいな、と…。
私も最初は訳がわからず、ネットで調べたり、本を買ったり…。
特に同じ病気を持つ方やワンコのホームページやブログがとても頼りになりました。
なので、そのご恩返しに実践したことを少し書いてみようと思います。

興味のない方はもちろんスルーして下さいね。

※以下の情報は「慢性腎不全」のワンコに適応の情報を集めたもので、健康なワンコの栄養管理とはまったく異なりますし、腎臓以外の臓器に負担が掛かる可能性があります。腎不全の犬の場合、残された寿命を考えると他の臓器が先にやられるという可能性が低い為、腎機能保全を優先した栄養管理となります。実践に関してはもちろん自己責任でお願いします。腎臓病の療法食は諸説あり、また症状によっても違うので大変難しいものです。色々勉強した上で一定の根拠ある内容になっていますが、保証はできません。

b0028216_16422896.jpg


動物が生きて行く上で絶対に必要な栄養素は、大きく分けると「脂質」・「糖質」・「タンパク質」という3大栄養素です。

この中で、脂質と糖質はからだを動かすエネルギーとして使われた後、二酸化炭素や汗となって排出されますが、タンパク質だけは血となり肉となる重要なエネルギーとして使われた後、息や汗のほかに老廃物(尿素窒素等)になります。この老廃物を排泄できるのは腎臓だけなのです。排泄できないとどうなるかというと、毒素が全身に回って体調が極度に悪化します。それが腎不全の状態です。(人間なら人工透析をする状態)くわしくはこちら。

なので、腎臓病にタンパク質制限というのは定番ですが(これにも諸説がありますが)かと言って、特にタンパク質に関しては少な過ぎてもいけません。ご存知のようにたんぱく質は身体を動かすのに必須の栄養素だからです。

腎不全の犬の場合、たんぱく質は体重×2.2g位(8kgのメリーなら18g前後)が最低ラインと言われています。上限は体重×3.5g位だそうです。

また、腎不全はカロリー不足が大敵。腎性貧血にもなりやすいので、人間用の腎臓病療法食の通販サイトなどではカロリーや鉄分を補助するチョコレートやお菓子などがたくさん売られています。

なぜカロリー不足に気をつけないといけないかと言うと、腎不全は気持ちが悪く、体調の悪化で食欲不振も重なる為ということもありますが、たんぱく質を多く含む食品にはカロリーが高いものも多い為に自然とカロリー不足になってしまうのです。そして、カロリーや適度なたんぱく質が不足すると、身体に含まれる肉や血などからタンパク質が奪われてしまい(痩せる)、それを濾過するのに結局腎臓に負担が掛かってしまうのです。

簡単に言うと、ダイエットの逆、高カロリー低タンパクを目指すという訳です。
また、塩分はもちろん、リンやカリウムもうまく排泄できなくなる為、制限されます。
(カリウムは血液検査で高かった場合のみ制限。逆に低い場合もある。)

そして、たんぱく質も何でも良いという訳ではありません。
タンパク質には種類があり、必須アミノ酸をバランス良く含んだ腎臓に負担の少ない(老廃物の少ない)たんぱく質(アミノ酸スコアの高い食品)であれば、少量(下限)摂るだけで効率よく身体の栄養となり、腎臓で排泄(濾過)するものが少ないので、負担になりにくいのです。(これにも諸説あります。こちらを参照

大きく分けるとアミノ酸スコアの高い食品とは、たまごの白身やお肉など動物性たんぱく、
アミノ酸スコアの低い食品とは、野菜、穀物(小麦・米)などです。

アミノ酸スコアも奥が深く、組み合わせによってはスコアの低い食品同士を
上手に組み合わせることで100(点満点)になることもあるのですが、それを理解し、
計算できるようになる頃には、腎臓病による偏食で野菜や大豆製品などを好き嫌いなく
食べる事が出来なくなってしまったので、厳密な計算の必要がなくなってしまいました…。

カロリー不足の対策と言えば、たんぱく質を制限している以上、
脂質や糖質をどうしても多めに摂ることになります。

主食のお米や小麦には質の低いタンパク質が結構含まれているので、それを避ける為に、
1/35米というたんぱく質を35分の1まで減らしてカロリーそのままというお米を食べたり、
小麦の代わりにタンパク質をほとんど含まない片栗粉や葛なんかが重宝されます。

メリーもこれらを食べられるうちはしばらく食べていましたが
(腎臓病食屋さんで買ったでんぷんホットケーキも焼いてみましたが一口も食べず…)
そのうち、低たんぱくものだけでなく、普通の白米さえ(どんなレシピで工夫しても)
受け付けてくれなくなってしまいました。

パンの材料、強力粉にはたくさんたんぱく質が含まれているし、アミノ酸価は
米の方が小麦よりは良く、市販のパンには塩も入っているので本当は良くないのですが、
炭水化物を何も食べなければ痩せてしまうので、パンはみきぷーさん特製の
メリー専用米粉入り無塩パンを時々と、他に食べてくれる炭水化物というと、
肉まんの皮部分(薄力粉なのでたんぱく質が少なめでgood)のみというのが現状です。

腎不全のカロリー源で頼りになるものと言えば、タンパク質を含まない「脂」と「砂糖」です。

脂にも色々種類がありますが、腎臓病に良いのは「亜麻仁油」等と言われ、
「オメガ3」や「オメガ9」といった、必須不飽和脂肪酸がバランスよく含まれています。
が、残念ながらメリーは大嫌いでした…。
オリーブオイルも最初のうちは喜んで食べてくれましたが、今ではアウトです。ゴマ油もダメ。

最初の頃には鶏皮や霜降り牛なんかも食べてくれましたが、今はそれも受け付けません。

本来、脂の摂り過ぎは動脈硬化や中性脂肪の増加、肝臓に負担が掛かるなど、
当然良くないことも多いのですが、前述の通り、残された余生の時間を考えると、
脂肪の摂り過ぎによる新たな病気になる可能性より、腎臓病で食べられないことにより
栄養失調か腎機能の悪化により命を落とす方が先になりますので、
そこはカロリー優先ということになります。

メリーの体重維持に最低限必要なカロリーは500kcal/日。(体重8kg)
これを、一日18gのたんぱく質、出来るだけ少ないリン、カリウム、貧血なので鉄分、
その他適度なビタミンやミネラルなどを、犬用の腎臓病療法食の栄養成分を何社か見比べて
参考にし、指針とします。(療法食や今まで食べていたフードは一口も食べてくれません)

そして、メリーが喜んで食べてくれるごく限られた食べ物の中から選んで組み合わせていきます。

b0028216_1619415.jpg
(5歳のまきちゃんが病気のメリーのために枕を作ってくれました…大のお気に入り☆)

<総合栄養食>
ドッグフード類 ×(たまーにずっと食べていたドッグフードを食べてくれる時がある)

<炭水化物(糖質)>
白米・五穀米等 ×(ごくたまーに一口くらい食べる時がある)
パン      △(時々食べられる時がある)
肉まんの皮   ○(薄力粉原料なのでたんぱく質はパンより低め)
ナン      ×
ドーナツ    ×
ホットケーキ  ×〜△(一口くらい)
白玉      ×
どら焼き等   △(ごくたまに少量食べる時がある)
ケーキ等    △(最近はほとんど食べてくれない)
かぼちゃ    ○(かぼちゃプリンなら食べる)
さつまいも   △(スイートポテトなら時々食べてくれることもある)
じゃがいも   ×
ゼリー     ×
プリン     ×(タンパク質含有量と卵由来のリンが多く、あげていない)
砂糖・オリゴ糖 ○(かぼちゃプリンに使用)

<脂質>
オリーブオイル △〜×
サラダ油    ×
アマニ油    ×
アラスカンサーモンオイル ○(必須脂肪酸オメガ3系を豊富に含み、腎臓病に良い)
ゴマ油     ×
無塩バター   ○(ごく少量のたんぱく質を含むが十分OK範囲)
生クリーム   ○(ごく少量のたんぱく質を含むが十分OK範囲。かぼちゃプリンに使用)

<たんぱく質>(与える量は計算し、くれぐれも注意する)
大豆製品    ×
乳製品     ×
牛肉      ×
豚肉      ×
鶏肉      ×
馬肉      ○(特に馬刺が大好きだが高級なのでどうしても食べない時の為のキープ)
鹿肉      ○
羊肉      △
豚レバー    ○(貧血対策。たんぱく質の他にリンがかなり多いので注意)
鶏砂肝     ○(貧血対策。レバーよりはリンが少ない)
魚の刺身    ○(カロリーが低過ぎてタンパク質が高いので現時点ではあげない)
卵の白身    ○(黄身はリン等が多いためあげない。白身はそのままでは食べないがかぼちゃプリンに使用。白身はアミノ酸価100の食べ物の筆頭)

<ビタミン類>
柑橘類     ○(食物繊維が豊富で便秘に効く)
いちご     △
それ以外の野菜と果物は一切受け付けないので
ビタミン補給は療法食を参考にしながらサプリメントで。

とにかく売っているもので塩分の含まれない食べ物は何でも隅々まで探してみましたが、
少しずつ食べられるものも減って行く現実の中、食べられるものの中で上手に組み合わせ、
なるべく犬の腎不全療法食と同じ栄養成分を目指します。

栄養計算はこのサイトに非常に助けられています。

現在は、無塩バター(炒めたお肉に混ぜる)、生クリーム・砂糖・卵白(かぼちゃプリンに使用)、レバー、砂肝、時々馬刺しや鹿肉、肉まんの皮、亜鉛&鉄、マルチビタミンのサプリメントというのがメリーの摂っている栄養です。

肉まんの皮を食べられなくなった時に次に食べてくれそうな炭水化物類が見つかりません。
脂質をこれ以上増やすのは現実的ではないし…それを考えると怖いです。
もちろんメリーが食べたがる以上は何か探すけれど…
また一巡してごはんとかポテトを食べられるようになるのを祈るしかありません。

薬は、ネフガードという活性炭で身体の毒素を少しでも吸着させるというサプリメントと、
リン吸着剤です。投薬のタイミングが違うため1日5回の投薬タイムがありますが、
幸いにもメリーはかぼちゃプリンだけは目でちょーだいちょーだいと追うほど大好き
(今のところ…)。薬がその中に含まれていることには気づいていないようです(笑)。

体重は食べられなくなる前と同じ8kgを維持、
徐々に体調は悪化していくと聞いているものの、病気が発覚して今までのフードが
食べられなくなってから早5ケ月…現在は横ばいの状態を何とか保っています…。
でも急に食べなくなることもあり、先はわからないなぁという感じはずっと続いています。

とは言え、メリーは15歳。

小さい時からアレルギーが酷く、馬肉ベースのオーダーメイドフード以外、
一切別のおやつも食べずに、ここまで長生きしてくれました。
心臓が悪くてペースメーカーまで付けていて、しかもブルテリアとしては驚異的な長生き!

今は好きなもので、かつメリーの今の身体にとって必要なものだけを、
なるべく楽しく食べて余生を過ごして欲しいと思っています。
○を付けたものも毎日食べられるわけではなく、
食べたいもの、食べれるものが毎日変わるメリーにのんびりと足並みを揃えながら、
嫌なこと、つらいことはナシの余生を過ごさせてあげられるように…。

今まではずっとずっとメリーに助けられてばかりだったから、
少しだけ私にも手助けさせてね。
がんばらなくていいから、あとは好きなものだけを食べて暮らそうね。

メリー、ありがとう。

b0028216_1620384.jpg
メリーを赤ちゃんの頃から可愛がってくれている旧い友達が遊びに来てくれて、
かぼちゃプリン用のかぼちゃ、メリーの好きなイチゴ、
お花、お手紙、枕などをプレゼントしてくれました。
ありがとう…メリーはみんなに可愛がられて本当にしあわせものだね…。

# by kazztomo | 2013-02-04 15:40 | メリー | Comments(15)
実家にて。
b0028216_1636289.jpg
実家の猫「クウ」と挨拶。メリーは愛想笑い。
# by kazztomo | 2013-01-28 16:48 | メリー | Comments(0)
iRobot ロボット掃除機 ルンバ770(Roomba) レビュー。
b0028216_12383039.jpg
以前から「どうなんだろ?」と思っていたiRobotのロボット掃除機「ルンバ(Roomba) 」ですが、年末にgackyくんのご両親が買って下さることになり、我が家のお掃除ヘルパーとして活躍してくれることになりました。


b0028216_12433126.jpg
買ったモデルは右から2つ目の「ルンバ770」というモデル。上から2つ目の機種です。

選んだポイントは、まずこれが一番デザイン的に気に入ったからということ。
そう言う意味で国内他メーカーのロボット掃除機は機能比較することもなく
見た目で却下してしまったので、性能のレビューと言っても比較ではなく、
あくまでルンバ単体の満足度ということになりますが…。

最上位機種との差は「複数のお部屋を順番に掃除」機能の有無ですが、
使用はM2Fリビングが主な上、1階、2階共に順番に掃除してもらわないと困るほど
うちには部屋数がないのでそもそも必要ありません。

普段はリビングソファ下に充電ポイント(ルンバの寝床)を置いているので
ほとんど見えず、気になりません。

スタートボタンを押すと、陽気なメロディが数秒間鳴り、ソファから出てきます。
丸い本体の一部に細いハケのようなものをくるくる出しながらお掃除を始めます。

本当にここ全部綺麗に出来るの?と最初は半信半疑でしたが、
(測ってはいないけれど)おそらく1時間位ぐるぐるとあっちへ行きこっちへ行き…
とやっている間に、予想以上に綺麗にしてくれます。
椅子の間(テーブルの下)もやたら念入りにやっています。
放射状のキャスター脚のパソコン用チェアの周りも、丁寧にお掃除します。
一度で満足がいかない場合は「終わります〜」とルンバが寝床に帰ってしまっても
容赦なくもう一度スタートを押し、二度やってもらうとほぼ完璧という感じがします。

b0028216_1331077.jpg
それでも、家の角に脚付きの家具などがある場合、そこにルンバは入れないので
どうしても埃がたまってしまいます。週に一度は掃除機でお掃除しようという感じ。
今まで毎日か一日置きに掃除機を掛けていたことを思えばだいぶ楽させてもらっています。
普段は階段や部屋の隅をクイックルワイパーでお掃除して後はルンバにお任せです。

段差で落ちないようにするセンサーのようなものが付属していますが、
どうやらそれがなくても本体側のセンサーで感知するので落ちることはなさそう。

音は普通の掃除機よりは静か。敏感な人は無理だと思いますが、
私はリビングをお掃除をさせておいて半階上の寝室で眠れます。
ルンバの活動している部屋で会話をするとちょっとうるさいと感じます。

使い方としては、やはり就寝時、不在にする時、他の部屋に居る時。
自分が居る時だと、ついついルンバの活動が気になって見てしまい、
「あーそのホコリ取ってよ…」などと「自分で掃除機掛けた方が早いじゃん」
という気分になってしまうのでおすすめできません(笑)。
でも料理中など忙しい時にはルンバに同室で一緒に働いてもらうことも多々有ります。
ベッド下などの狭いスペースは特にありがたいです。

ずっと気になっていたルンバ、「期待以上」です。
gackyパパ&ママさん、ありがとね!大事に酷使するよ(笑)。

# by kazztomo | 2013-01-22 13:31 | 家の中のこと | Comments(5)
パンプキンプリン。
b0028216_0165559.jpg
私は甘いものはあまり得意ではないので、プリンは茶碗蒸し、ゼリーは煮こごり…
とまではいかないものの、私が作った甘いものは、甘さが足りないそうで。
(じゅうぶん甘いと思うんだけどなぁ…)

前回お薬用としてこのパンプキンプリンを作ったらとても喜んで食べてくれて完食!
メリーも私も1日5回のお薬タイムがだまし合いの死闘→お愉しみタイムになりました。
なので、今回かぼちゃプリンを作るのは二回目。

b0028216_0254494.jpg
初めてあげた時。
疑いの顔(笑)。


じゅうぶん甘く作ったつもりなんだけど、試食してもらったら
「出たよ!また全然甘くない!」とヒト達からクレームが出たので
(メリーは喜んで食べてくれたけど、カロリーを摂らなきゃいけないので甘い方が良い)
今回はレシピに忠実に作ったらちゃんと売り物のように甘いのが出来ました。
メリーに悪いものは除いて作っているけどヒトが食べても十分美味しいよ。

メリー、お薬タイム楽しんでね☆
最近は主食は肉まんの皮と馬刺し、みきぷー米粉パン。
薬はかぼちゃプリンとハーゲンダッツのいちご、みきぷースイートポテトがお気に入り。

b0028216_0265210.jpg
…あ…おいしかった…。
# by kazztomo | 2013-01-22 00:29 | メリー | Comments(0)