<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
取り壊し直前の旧フランス大使館へ。
2/18まで開催の解体前のフランス大使館旧庁舎で行われていた
日仏のアーティスト70人が参加するアートイベント『No Man’s Land』

先日のATF交換の待ち時間にちょうど良かったのでブラっと行ってきました。
(会期終了後の日記でごめんなさい)

私のお目当ては、どちらかと言うと展示物よりは旧フランス大使館の建築物。
(1957年にジョゼフ・ベルモンが設計)
旧フランス大使館の中に入れる最初で最後チャンスと聞いて!

ノーマンズランド、とは「所有者のいない土地」という意味とのこと。
隣に新庁舎が建って、ここはマンションになるらしい。
そのつなぎなので、ちゅうぶらりん、ってことかな。


b0028216_23592167.jpgゲート。

縁起物でもないが、ちょっとワクワクしてちゃんとくぐっちゃう。

b0028216_013233.jpg
建物に入って割とすぐに、シトロ部屋がありました。

b0028216_9142389.jpg
シトロエンは、車体のデザインや機構のアバンギャルドさだけでなく、斬新な広告物のアートディレクションも有名ですが、DSの魔法の乗り心地をこれ以上解り易く表現した広告もないでしょうね。

b0028216_1175622.jpg
手にしっくり馴染む持ち手。突き板のドアもいい色になってました。
ガラス部分も手作りっぽくゆらゆらしてる、あの感じです。

解体する前に、ちゃんとドアとかはパーツ屋さんが引き取る算段なんだよね?!

b0028216_0501544.jpg
部屋の数はとても多く、また少しずつ間取りや造りに違いがあるのが良いところ。

素敵な中庭が見える部屋がほとんどで、ここが都心であることを忘れさせてくれる贅沢な造りでした。

鉄格子があるのは、外部からの侵入者を防ぐためなのでしょうか。

ここがマンションになっちゃったら窓から見えてるこの美しい木々はどうなるのか…心配になります。

b0028216_11345.jpg
これがダブルシェブロンに見えてしまったアナタはシトロウィルス保菌者。

b0028216_1505084.jpg
展示は「どうせ壊す建物なんだから好きにしていいよと言われて美大生が学園祭で好き放題やっちゃった」という印象で、廊下、床、外壁、内壁、と所構わず「自己表現」の「アート」が百花繚乱でした。

「破壊の前の創造」という意義(意思)は感じますが、建築物自体が(時代遅れながらも)どこもかしこも機能美でピシャッとまとめられた秀逸な建築物(=デザイン)であるがゆえに、展示物(=アート)が何だか「必要のないもの」と感じてしまったのは否めません。
(そもそも「実用面などを考慮して造形作品を意匠する」デザインと、「芸術」を同じ目線で見てもしょうがないんだろうし、今回の私の目的が主に建築物だったから余計にそう見えたんだろうけど。)

旧フランス大使館を一般公開するという目的もあった訳ですから、
インスタレーションとしての魅せ方があったはずですが、
単に「自分の作品を飾る場所」になってしまっていたものが多くて残念でした。

壊されてしまう年代物の大使館という、
創造力をかき立てられる恰好のシチュエーションをひっくるめて、
意味深な仕事をしたら、それがアヴァンギャルドでもポップでも
ドキドキ出来たんじゃないかな…。

そんなことを思っていた矢先、ちょうど我が家の建築家、矢作昌生さんのblogの「デザインって何?」という記事が目に止まり、二度頷いてしまいました。

私は、この地球上に神様が創った素晴らしい自然を
より美しく魅せる、美しいモノやデザインを愛しています。

想い出した素晴らしい一例はコレかな。でも、ここまで壮大なのじゃなくても、
美しい夕陽が沈む海を背にmycarのシルエットなんか、最高にいいんだ(笑)。

by kazztomo | 2010-02-26 01:06 | モノ | Comments(15)
久々のお宝。
b0028216_16161360.jpg
Designer:Stig Lindberg
Maker:Gustavsberg
Country:Sweden
Year:1957-1958

1957-58年の1年間のみ製造された、リンドベリの貴重なシリーズ、「LOV」。
三角っぽい楕円のフォルムと、いっぱいにひろがったシンプルな葉脈の絵柄のマッチングが
とても美しいプレートです。普段使いにしても飾って眺めても、どっちもいいな。


b0028216_16184290.jpgDesigner:Heikki Orvola
Maker:Finel
Country:Finland

こちらは、以前から持っていたのですが、数年前、空焚き事件が発生(泣)

その時はあまりのショックで腰が抜けそうでしたが、どうしてももう一度これが欲しくて、時間は掛かりましたが見つけました。(行きつけのショップさんが見つけてくれました!感謝。)

今度は大事に注意して使いたいと思います。(前のは飾りになってます…)
ほんの少しずつですが、本当に欲しいもの、良いものだけをちょっとずつ集めています。

by kazztomo | 2010-02-23 16:29 | モノ | Comments(18)
XmのATF交換。気になる結果。
b0028216_21384090.jpg
前オーナーさんが35000キロの時に換えて以来、74000キロでうちに来るまで無交換だった私のXmのATF。

後期型のお約束、1速から2速への変速時(アップダウン共に)の「ゴン!」という、さもATに悪そうなショックは、同じ後期の皆さんのXm内で試乗比較してもらった感じだと、私のが中でも最悪の症状です。まるでボーリングの球が出て来た時みたいな音としゃっくりが頻繁に(泣)。
エレガントな乗り心地と見た目に似合わないよー。

アクセルワークでショックを逃がすコツがあるとか、スノーモード(2速発進)でショックを無くす方法などを教えて頂くも、2→3でのショックも出現する為、一般道の渋滞時などでは、2速発進の2レンジ固定にするなど、とても快適とは言い難い状態で、Xmに乗るのは高速で遠くに行く時だけにするか…などと半ば諦めモードでした。

saabでもずっとお世話になっているcooperさんに相談したところ、アッシュ(ASH)のATFを試してみたら、とのこと。(良い品だけを世界からwのcooper商会お取り扱い商品)

アッシュは、93のATF、パワステオイル、エンジンオイルでその絶大な効果は体感済み。


b0028216_22271885.jpg93のご機嫌を損ねないよう、まずは93のエンジンオイルを最高級のアッシュに交換してあげます☆

ATFとパワステオイルはこの前換えたばかりだからいいね☆

換えた直後から、別の車(エアロですか?)みたいになるあの感じと、それを持続させる耐久性はド素人の私でも簡単に味わうことが出来ます。












photo : ©okaki


b0028216_2211464.jpgXmの鬼門AT。ATF交換はとてもデリケートな作業で、量をチョイ間違えたとか、僅かなゴミが入っただけでATが壊れちゃう原因になるそうです。

どこで交換するのかを慎重に検討の上、有明テクニカルセンターに覚悟を決め持って行き、お昼前に預けて、受け取ったのは17時。12リットル(3回)交換しました。



気になる結果は…!

今迄、渋滞時や一般道で5分〜10分に一回は出現していたショックが、有明から自宅までの1時間半の渋滞下道(テスト)で、一回も出ず☆☆☆☆☆

一回だけ(いつもの出現パターンのやや下り坂での減速時に)「来る!?来る!?」と思ったけれど、軽いつながりの悪さを感じただけで、普段は、つながりもとてもスムースになりました☆

それから300キロ程走りましたが、大きなショックは激減(それでも100キロに一回程、ひどくはないけどごくたまに出ます)。

Dレンジのままで下道をダラダラ走っても、ほぼストレスフリーのAT具合。今迄の心配やストレスが一気に解消され、Xmへの愛着もさらに増しました。ニヤニヤ笑いが止まりませんw

このまま快適さがずっと続きますように…(笑)
早くエンジンオイルもプラグ(ブリスク)も換えたいけど、
効果を1つ1つ体感するためにゆっくりやります。

うちの子になったからには、手塩に掛けて最高の状態にしてあげるからね!


次回はスフェア交換レビュー。

by kazztomo | 2010-02-20 22:22 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(26)
新年パーティ!
ここのところ更新が滞っていますが、なるべく順番にアップしていきます☆
b0028216_232333.jpg
最近、ジャイアン的リーダー?の私がダラダラしているばっかりにめっきり活動休止状態の
cloover(クルーバー)ですが、ピアノのコセッキイが、彼のピアノトリオmot_trioでCDを発売したので、そのお祝いという名目で、久々にメンバー水入らず?で新年会をしました。


b0028216_22262154.jpgmot_trio CD
"Pieces of New Aeon"

全曲老舗のジャズ専用のレコーディングスタジオにてオープンリールで録音したもの。
私がジャケット、写真を、同じくメンバーのパーカッションASAちゃんがCDプレスを担当。

iTunes Store(←mot_trioの試聴&購入ページへの直リンク)で試聴と購入が出来ます。
個人的には寒いところのジャスの音がすると思っていますが、ジャズに詳しくない人でも楽しめるだけの、旅に出たような感じの時の風景や叙情が、目やココロに浮かぶのがオススメポイントだと勝手に思っています。

b0028216_2153946.jpg
マシンガントークを繰り広げながらも、フライパンを振る状態だったので、写真は撮り忘れ多数ですが、みんなも美味しいものを色々持って来てくれて、色鮮やかな宴になりました。


b0028216_2253998.jpg成長めざましいのは二世達。
ドラムのイマイくんの息子ゆうたんはやっぱり打楽器と電車が大好きらしいし、
b0028216_2262668.jpgサックスのジャガーんちの葵ちゃんは、パーカッションのASAちゃんちのお姉ちゃん達(サックス・クラリネット・ダンス・パーカッション)にいっぱい遊んでもらって、ご満悦です。

b0028216_2284830.jpg下の娘のサラサちゃんとパパのカホン競演は結構見ものでした。

サラサちゃんのノリ一発の性格はパーカッションにぴったりだよw

b0028216_2333884.jpgチビッコ達が喜ぶだろうと、楽しく仕込み中だったチーズフォンデュは…

b0028216_2343637.jpgなぜかスライムみたいになっちゃって…ようやくちゃんと作り直せた頃には、チビッコたちはスタジオで遊んでいて見向きもしてもらえなかったgackyくんです。


b0028216_237010.jpgasa家のやんちゃなジャムはムチムチのメリーと正反対の体型をしていて、バンビみたいでとっても美しい☆

b0028216_239094.jpgコセッキイの奥さんリナちゃんが持って来てくれたケーキと、asa家の可愛い娘達が作って来てくれたかぼちゃケーキ贅沢に並べて、のんびりゆったり美味しいティータイム。この後にはナベチンの持って来てくれたたいやきでお茶も飲んだね!

そんな訳で、楽しい夜はじゃんじゃん更けていったのでした。


久々にメンバーが全員集合できて、いろんな話をいっぱいして…。
いつしかすっかり旧い友達となってしまったね!
これからも末永くのんびり仲良くやろうね。(次回こそ音出そうねw)

by kazztomo | 2010-02-17 02:29 | 家の中のこと | Comments(6)