<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
建築家の自邸に遊びに行きました。
b0028216_1515168.jpg
我が家を建ててくれた矢作昌生建築事務所出身ということで
ご縁のある若手建築家桑原茂氏の自邸は、偶然ながらウチから車で5分のところ。

竣工されてからなかなかお邪魔するチャンスを逃していましたが、
このたび、素敵なお誘いを頂いて遊びに行きました!

↑まずはプロの建築写真を桑原さんのHPから拝借し、ご紹介。
(sumainosekkei11月号にも掲載されているそうです!)

真ん中の折れ曲がった部分は、ガラスも壁面もカーブしています。
これは西側からのショットですが、東側も…

b0028216_1112162.jpgこのようにカーブを描いて折れ曲がっていました。


b0028216_1123982.jpgこちらは南面。

南斜面の土地の擁壁の裾野から立ち上がった部分が木製デッキとなり、一番上の写真でわかる通り、東西に長いお庭になっています。


b0028216_1181935.jpg
土地の高低差を利用した半地下?は桑原さんの事務所。

1.5階?に上がると、この写真(こちらもHPより拝借)の、
ダイニング&リビングとなっています。


b0028216_1261127.jpgリビングとダイニングがLの字の造りで緩く仕切られていて生活シーンが分けられています。


b0028216_1172929.jpg吹き抜けている2.5階?の渡り廊下からダイニングを覗いたところ。

上からこうして覗くととても楽しそうな絵が見えてわくわくしました。


b0028216_129211.jpg今日の主役は桑原さんのお友達、九州のリバーワイルドハムファクトリーで作られている「柿豚」。

きちんと育てた美味しい柿と豚の出会いです。

この日初対面のしのぶちゃんと泉くんが持って来てくれた、みそ付けのお野菜やチーズ、お豆腐とか、じゃがいもの炒めに、地元野菜のバーニャカウダ等、たっくさんの美味しいものと、おいしいビオワインで、最初からテンションうなぎのぼりです。


b0028216_1401127.jpg桑原さん(写真右)夫妻とは久々の再会を楽しみ、泉くん(写真左上)夫妻とは初対面とは思えない(なんかメガネの二人似てる?)感じで、共通の話題てんこ盛り。

時間はあっと言う間に過ぎて行きます。

b0028216_1372472.jpgメインの柿豚、トマトとお野菜で煮られたスペアリブはとっても柔らかで甘くて美味しい!

桑原さん特製です。


b0028216_143499.jpgこの他にもジューシートンカツクリームチーズと柿挟み、にんにくの芽と紹興酒漬けの柿豚、など、写真を撮るのも忘れてがっついてしまいましたが、奥さんのたかこちゃん、とってもお料理が上手で、素敵なおうちと、楽しいお話と、美味しいお料理と…全て満喫、堪能させて頂きました。


この週末は土曜はウチでどんぐりぶた鍋会(写真撮り忘れ)、
日曜は桑原邸での柿豚会、と、銘柄豚対決(?)だったんだけど、
どっちも甲乙付け難く美味しかったし楽しかったなぁ。

そして、桑原さんのご自邸、ついつい長居してしまう気持ちの良い空間でした。
次回はぜひ我が家にも久々に遊びに来て下さいね。
ごちそうさまでした!&ありがとうございました!

by kazztomo | 2009-11-30 01:49 | モノ | Comments(19)
建築仲間をお招き。
b0028216_2344921.jpg前回6月に開催の逗子BBQに続き、今回はウチで開催となった建築仲間の恒例パーティ!

私が最も楽しみにしている集まりの中の1つです。

今回はtsunoshinさんがプジョー206からプントアバルト(黄)に買い換えたということで、車はまこと家のAlfaGT(黒)とkenfumi家のAlfa156(赤)という、鮮やかなイタリアンカラーの組み合わせが家の前に並びました(写真上)。


b0028216_0493333.jpg前の日が仕事で遅くなってしまった為、仕込み時間が押してしまいソワソワしてしまいましたが、何とかぼちぼち料理がテーブルに並びはじめたところ。

この写真、kenさんから拝借。

b0028216_0223332.jpg焼きトマトのマリネ。
前の晩から作っておいたので味がしみ込んでいました。

丁度良く、生ハムをtsunoshinさんに、塩漬けのオリーブ(日本人にも馴染みやすい味)をまこと家に頂いたのでトッピングして頂きました。

b0028216_23561833.jpgken&fumiさんが持って来てくれた地元鎌倉野菜のバーニャカウダ。

前回御馳走になって、うちの方には売ってないぞーという美味しいお野菜ばかりだったので、再リクエストしました。

b0028216_23575128.jpg牡蠣とれんこんのオリーブオイル炒め。

牡蠣の旨みと友人のイル・ビアンコさんで購入している超絶品オリーブオイルさえあれば、私のする仕事なんてほとんどありません。

b0028216_23595145.jpg豚のローズマリーアンチョビ。

ken&fumiさんが持って来てくれたビオワインにぴったりのおつまみ。

b0028216_011464.jpgまことさんにも再度リクエストの自家製フォカッチャ。

今日のおつまみたちに超ぴったり!

会社員にしておくには惜しい料理とパン作りの腕ですw

b0028216_031475.jpg豆の煮込み。

唐辛子とガーリック、ベーコン(ほんとはパンチェッタだとさらに美味しい)で煮込んだだけの簡単なもの。

b0028216_0264919.jpgまことさんとなみさんが作ってきてくれた角煮。

だんだん「おふくろの味」の域に達しているともっぱらの評判w


tsunoshinさんお持ち込みの串カツやフライドチキン、私のカニのトマトクリームパスタと、ちょうど家にあったスモークサーモンで作ったのがちょっと失敗だったキッシュw、makotoさんお取り寄せの千疋屋のアイスクリーム等、後発メニューも目白押しでしたが、その頃にはすっかり写真のことなど忘れて喋りまくりでした。
(殊に今回、北欧とオランダから旅行帰りのken&fumiさんの写真で大興奮←私だけ?)

「建築家で家を建てる」という共通点がスタート地点ではありましたが、
車好きであったり(今の生活パターンからすると懸案の二台体制は車が可哀想だからやめろと大合唱w)、クリエーター系自営業者同士であったり、
物選びの趣味が近い同士であったり…etc
そんなことよりもっと大切な…価値観を互いに尊重し合えるひとたち。
(友達って言うまでもなくみんなそうだけどね。)
今ではそのスタート地点も薄れつつあるほどかけがえのない仲間となりました。

ご縁のきっかけとなった矢作昌生さんに感謝!

遊びに来てくれてありがとう。これからも末永く仲良くしてねー。
次回をまた楽しみにしてます。

by kazztomo | 2009-11-16 00:20 | 家の中のこと | Comments(30)
Citroen Xm&saab93 憧れの2ショット。
b0028216_1184558.jpg
「表参道パリ祭(Xmを始めとしたフランス車の集まり?)」の時に知り合った、Xmオーナー&カメラマンのokakiさんが、とある事情で我が家まで来てくれることになり、こともあろうに!私が恋焦がれてやまない(2005年ブログにも熱烈に書いてるw)妄想上の愛人カーシトロエンXmと、永遠の正妻saab93との夢の2ショットを家の前で撮ってくれました!
okakiさんありがとう…家宝にします!

※写真をクリックで拡大します。 photo : ©okaki

b0028216_1391191.jpg
家の前の並木は桜の紅葉が落ちかけ、ブラックのボディに美しく映えていました。

カメラマンという職業柄、機材が沢山積めて比較的壊れない車wをお探しとのokakiさんの仕事カー候補に93が挙がっていると聞き、いかにsaabが良い車かという暑っ苦しい説明をとくとくと語る私。すっかり洗脳されて帰ったokakiさんでしたw

東名用賀〜川崎までのランデブー&プチ交換試乗、感動で胸がいっぱいになりました(涙)

photo : ©okaki


b0028216_1455169.jpg
手に入れてから2年半。ますます愛着が増す可愛い正妻のマイ93。
出来ることならおばあさんになって免許を返上するその時まで乗りたいなぁ…。

photo : ©okaki

b0028216_1543114.jpg
この数日前にご近所のXmオーナー、カミーさんとsaab友達と集まった際に乗せて頂くチャンスがありました。

このXmはなんと日本に数台しかないというMT車。
乗り味も官能的なエンジン音もオートマのそれとはまた違い、マニア垂涎の一台ですが、
なんと現在売り出し中!(興味のある方は私に鍵コメントを♪)

憧れのXmに初めて乗れた日曜日。
不覚にも感動の涙が出ちゃってみんなに笑われました…w

ハイドロ特有の浮遊感のある乗り心地、美しい内装、
驚く程違って見える、車窓からのスクリーンのような景色…(以下割愛)
外見で好きと思っていた私の目は、節穴じゃなかった!
と改めて再認識して脱力するほど痺れたのでした。

b0028216_225127.jpg当時のシトロエンのフラッグシップモデル。

発売時、アバンギャルドなデザインで皆を仰天させつつもカーオブザイヤーに選ばれましたが、とにかく手の掛かる車としても有名。

私が10年以上前、ペーペーの小娘の時に一目惚れしてから一度も色褪せることのない魅力を放つ、美しくもヘンな車です。

最初にリアに一目惚れして、フロントが嫌な感じだったらどうしようってドキドキして見て、セクシーな流し目ライトに昇天した時のことは今でも忘れませんw
ああ、こんなにも胸が踊るクルマがあるなんて、私は本当にシアワセモノです。
okakiさん、カミーさん、本当にありがとう。

by kazztomo | 2009-11-12 02:03 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(23)