<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ギリシャ旅行記【4日目】エーゲ海に浮かぶミコノス島。
b0028216_0373889.jpg目覚めたら、目の前は濃い青が印象的なエーゲ海。

一瞬、実家から徒歩10分の駿河湾を想い出しましたが、良くみると海岸づたいのエメラルドグリーンといい、透明度といい、やっぱりエーゲ海でしたw

b0028216_0381398.jpg


b0028216_2358948.jpg
朝。部屋からレストランに行く通路もギリシャ色。


b0028216_0385170.jpg
左手の建物がレストランです。

b0028216_055246.jpg朝食を食べ過ぎた後は、腹ごなしにミコノスタウンまで繰り出しました。

白い街と青い海のコントラストが見事。
海水も波打ち際まで透明ですごい綺麗でしたよ。


b0028216_049712.jpg
開店間際のレストラン。


b0028216_041865.jpg
街はとても小さいので、どんどん歩いて迷っちゃっても大丈夫。


b0028216_0413587.jpg
白い建物に青や赤や黄、緑などの原色の扉。奥に見えてるのは教会です。
交番位の大きさしかない教会があちこちに可愛く点在していました。

b0028216_1221612.jpg「お宅今年は何色?赤?ならうちは黄色にするわぁ」などと相談でもするんでしょうか。

b0028216_1105251.jpg
ミノコス名物の風車。タウンの外れの高台にあります。


b0028216_0424115.jpg
風車から振り返って街を見下ろすとこんな美しい景色です。
(※横位置の写真はクリックして拡大してみてね。)


b0028216_043257.jpgもう1つのミコノス名物、ペリカン君は、海岸で羽のお手入れをしていましたよ。


b0028216_0432393.jpg地球の歩き方に『日本人の口に絶対に合う』と書いてあった「カラマリ(イカのフライ)」は、普通に居酒屋で出てきそうな味で、別にここで食べなくても…と思いましたが、確かにめちゃくちゃ口に合うw

大きなお頭付きのエビが惜しみなく入って、そのミソもふんだんに使ったパスタ(これまた茹で過ぎは否めず)や、

b0028216_0435146.jpg毎日食べたグリークサラダ、タラモサラータ(写真)や、ギリシャのファストフード、ギロピタが最高に美味しいです。

これらのギリシャ料理はあんまり美味しいんで家に帰ってから自分で再現してみたほど♪

今度ウチで食べさせてあげるね!

b0028216_0441367.jpg一部から「gackyくん、可哀想に去年のイタリア旅行と格好がまったく同じじゃないか」という鋭いツッコミがありましたが、ちゃんとギリシャ仕様のプチマリンルック?で出掛けたんだよw

b0028216_0451118.jpg
また、あの綺麗な夕陽の時間を過ごし、ノンキなミコノスの夜が更けていきました。

by kazztomo | 2009-05-25 00:36 | 海外旅行記 | Comments(24)
ギリシャ旅行記【3日目】アテネ→ミコノス島へ。
b0028216_20282976.jpg
メテオラをバスで出発してから5時間後、無事にアテネに戻ってきました。

アテネ観光は今回のスケジュールには入れていませんでしたが、ミコノス島へのフライトまでまだ時間があったので、ちょいとパルテノン神殿までタクシーで行ってみることに。

真っ昼間から夜間料金をボろうとしてる運ちゃんにクレーム!予習しといて正解!

b0028216_202957.jpg
パルテノン神殿はアテネの街をぐるりと一周見下ろすことが出来る小高い丘の上にありました。

アテネの街は他のヨーロッパの街のように古都という風情がなく、建物も中途半端に新しいけどボロくてそんなに綺麗ではありませんでしたが、それでも見下ろしている分には…。

b0028216_20211732.jpg
さて、夕方のフライトでいよいよミコノス島へと渡ります。

飛行機は…2列+2列の横4列構成の極小プロペラ機。
ちょっぴりドキドキしつつタラップ(!)から乗り込みます。

b0028216_20393484.jpg
1時間弱でちっちゃな空港に到着すると、ホテルの車が迎えに来てくれていました。

道中はエーゲ海の夕陽を観ながら海岸線を走る。
「あなたは世界でもっとも美しい場所の内の1つに住んでいる!」と
興奮気味に話す私と、嬉しそうな運転手さん。

ホテルに着いたらロビーからいきなりこの景色!!!!!
(※↑写真をクリックして拡大してみてね)

b0028216_20485913.jpg
チェックインをして部屋に着くと、お部屋にはウェルカムフルーツとウェルカムワインが。
ベランダからエーゲ海に沈む夕陽をのんびり眺めて…。旅の疲れが流れてゆく。

b0028216_218666.jpg









すっかり黄昏れてるけど…
何を想っていたかなぁ。

b0028216_2054360.jpg
ベランダから部屋をのぞむ。
典型的な白い石の箱型の建物。

b0028216_20574570.jpgこの日は部屋から出ずに夕陽を堪能して、ルームサービスで魚介の出汁が効いたパスタを頂く。

ギリシャではアルデンテはのぞめないけれどw味は美味しかったよ。
さて、いよいよ明日はミコノスタウンへ。

by kazztomo | 2009-05-23 21:01 | 海外旅行記 | Comments(15)
ギリシャ旅行記【2日目】世界遺産の絶景、メテオラへ。
b0028216_350108.jpg
メテオラのお膝元、カランパカの街のホテルを出て少し行くとタクシー乗り場があり、
運ちゃんと料金を交渉して、ドライブに出掛けました。

時間と体力が有り余っている人は中には徒歩で廻るという人もいるらしい。
実際タクシーで廻ってみて、時間があっても私は体力的に全然無理!と悟ったけれど…。

さて、メテオラって一体何?と思った方の為に簡単に説明すると、
早くは9世紀から既にこの奇岩群に穿たれた洞穴や岩の裂け目に修道士が住み着いていて、
(当時は単独で修行する隠修士がほとんど…)後に14世紀から修道院の共同体が成立したとあります。
この立地を活かして俗世との関係を断ち、昔は縄梯子や麻袋で上り下りしていたとのこと。
こんなトコにどうやってこの修道院建てたの?!と驚愕必至です。
興味のある方はリンク先を読んでみてね。



b0028216_411441.jpg
人間は地球に寄生して色々悪さもするけれど、このような奇岩にこんな美しい建物を建て、
自然「のみ」よりも、ずっと美しく神秘的な景色を創造することが出来るのは
本当に凄いんだって思う。  ※この写真はクリックすると少し拡大します。


b0028216_441348.jpg
b0028216_464349.jpg
教会は、夕方だったので全部は見学できませんでしたが、一部中に入ることが出来ました。
こうやって岩と一体化しているのです。眼下は断崖。
b0028216_482536.jpg
教会の軒下。
中は想像していたよりずっとヨーロッパの田舎にある普通の寺院らしい感じです。
b0028216_4114161.jpg
柔らかい雰囲気なのは、ここが尼僧院だからというのも関係しているかもしれませんね。
尼僧のおばあさんは聖母の顔をしていました。
b0028216_433853.jpg

b0028216_412515.jpg
この景色をほけーーーっと気が済むまで眺める。
自分たちが立っているのも落ちたらまっさかさま!柵なんかない断崖の岩の上です。
たまたま行き会ったどこかの国の旅行者達と「押さないから大丈夫」とか「押さないで」とか互いに冗談を言いながらw

b0028216_4204266.jpg
メテオラの絶景に魂を抜かれてフラフラになって戻って来て一休みした後は、
可愛いカランパカの街を散策。
ギリシャには可愛い格子やドアがいっぱいあったので建築ブログらしくちょっとご紹介。


b0028216_4224812.jpg地元の教会の窓格子もとっても可愛い。


b0028216_4233390.jpg
どの家の玄関もふたつと同じものがない!可愛い過ぎるー!悶絶。


b0028216_424272.jpg私のコートの色と合ってたので珍しくパチリ!


道行くギリシャの人にオシャレな人など誰も居ないのに、なぜこんなにドアは素敵なのか…謎!!!

b0028216_4254997.jpgさすがにヘトヘトでフラっと入ったカフェで頂いたのが、楽しみにしていたギロピタとグリークサラダ。

この2品は大のお気に入りとなり、1日に必ず一回は食べるメニューとなりました。

b0028216_4272570.jpg
ストのおかげで滞在時間が少し減ってしまったけれど、幸いにもしっかり堪能し、現在過去未来ここに住む人々と自然に感謝しながらこの地を後にしたのでした。

ありがとう!メテオラ!バイバイ!!!

by kazztomo | 2009-05-14 04:52 | 海外旅行記 | Comments(25)
ギリシャ旅行記【1日目】ギリシャは遠かった!
b0028216_223439.jpg今回取れたフライトはブリティッシュエアウェイズ。

ヨーロッパの東南寄りにあるギリシャへ行くのにわざわざ北西のロンドンまで行ってから引き返すのは抵抗があったけど、他が取れなかったので仕方ない。

やっと取れたBAも、乗り換え待ち時間はなんと往きは6時間半もあるので(帰りは4時間程)、すっかりヒースロー空港の主…。

幸いにもロビーに無線LANが通じたので、気持ちの良いガラガラのロビーに陣取って、ipodtouchやラップトップでインターネットをして時間を潰します。

マスクをしていたのは私達だけだったけど、そんなことはおかまいなしに予防予防!
b0028216_2281922.jpgやっとアテネ空港に到着したのは現地時間で夜中の2時半(定刻通り)で、実に成田から20時間掛けての大移動です。

予定通り空港から徒歩1分のホテルにチェックイン。ほんの数時間の仮眠の後、翌朝6時には起き出して、世界遺産のメテオラを目指してアテネの中央駅に行くことに。

何故このような強行スケジュールになってしまったのかと言うと、メテオラへはアテネから5〜6時間かかる上に、電車やバスの便が限られていて、8時過ぎの電車を逃すと次は到着が夜になってしまい、さらに1日移動で潰れてしまうからなのです。

もし起きられなかったら遅い便で行こうと言いながら寝たんだけど時差ボケもあり、難なく起床。
b0028216_35524.jpgところが、早速トラブル発生!

ホテルのフロントに確認したところ、心配していた5/1のメーデーのストは、朝8時以降は解消しますなんて言っていたのでタクシーで中央駅まで行ってみたのに、駅員さんは完全に今日1日ストだと言う!

世界のホテルチェーンソフィテルのフロントさんでさえいい加減なことを言うんだなぁーもう!!!
実質三時間の滞在で大枚はたいたんだから頼むよもうもうもう!

仕方ないので、すべり止めとして調べておいた長距離バスのステーションまでまた別のタクシーで移動(泣)。
b0028216_352865.jpgバスは幸いにも唯一動いていました。

バスもストだったらレンタカー借りてでも行ってやると思っていたので心底安心♪

たまたま一番後ろの席だったんだけど、隣の席の女の子がジャパニメヲタクで、次々と携帯プレーヤーで日本のアニソンを聴かせてくれたり、アニメの動画を見せてくれたり、日本最高とか、私のことをアニメ顔だとか、大盛り上がりしてくれて、おかげでこの横一列の旅人達とすっかり仲良くなり、楽しい旅となりました。

b0028216_24707.jpg
途中トイレ休憩で立ち寄ったサービスエリアはこんなに綺麗なとこでした。
日本のサービスエリアもこんなだったら良いのにな…。


b0028216_305334.jpgバスの乗り換え待ちに数時間掛かると言われ、呆然と待っていると、一番後ろ席仲間だったおじいさんが「ウチの娘の旦那が僕を迎えに来るから一緒に乗せて行ってあげる」と言ってくれました!

おじいさんはメテオラのお膝元カランパカに在住。今日はアテネにおばあさんのお墓参りに出掛けていた帰りでした。

大勢が待っている中、申し訳無くも有り難く便乗させてもらう。

b0028216_2503921.jpg
メテオラが近づいて来ました!

カップヌードル2つしかあげるものがなくて申し訳なかったけれど、道中、優しくて思慮深い話を沢山聴かせてくれたおじいさんとハグしてボロボロ泣きながらバイバイでした。


b0028216_2534638.jpg目的地カランパカのホテル前で下ろしてもらって。

「うる○ん滞在記でみんな泣くのは2週間とか苦楽を共にするからだよ。泣き過ぎともちゃん!」とgackyくんにからかわれながらも、無事到着しました。

ストだのたらい回しだので
結局着いたのは午後5時半。
b0028216_3104140.jpgホテルのベランダからも奇岩群が見えました。

予定よりずっと到着は遅れてしまったけれど、幸いにも日没は9時頃なので、観に行こう!メテオラ!



絶景に続く。




by kazztomo | 2009-05-13 02:54 | 海外旅行記 | Comments(25)
ただいまー from Greeeeeece!
b0028216_026294.jpg
ただいま!!!
今回の旅行地は、ギリシャです。

彫刻顔のギリシャの人たちは皆さんとても優しく温かく旅人を歓迎してくれました。
世界遺産のメテオラと、美しいエーゲ海に浮かぶ島々を堪能してきましたよ。

写真はミコノス島への移動に使ったオリンピック航空の小さなプロペラ機。

明日から少しずつ写真と旅行記をアップしていきます♪

by kazztomo | 2009-05-12 00:31 | 海外旅行記 | Comments(20)