<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
コーヒードリッパーとケトルを買いました。
b0028216_23111161.jpgHeikki Orvolaデザインの
FINELのケトルを
とうとう手に入れました。

そして、これまた
長いこと悩んでいた
コーヒードリッパーは
KONO式にひとまず決定。

ケメックスと迷った結果、
KONOのがメンテが楽そう
&容量がちょうどいいから
&妹がこれでいれてくれて
すごく美味しかったから
決めました。

Heikki Orvolaのケトルは、以前から欲しい欲しいとつけ狙っていた代物ですが、
なかなか良いコンディションのものに出会えなかったのと、
ケトルはそう何個も要るものでないし、
使用頻度が高くて毎日外に出しておくものだったので、
それを何にするかは、長いこと楽しく悩んでいました。
(minoriさん、レビューありがとう♪)

あまりにうちのイメージに合いすぎてて照れくさく、ちょっとニヤけてしまいますが、
とってもしあわせです。

コーヒーは残念ながら私はほとんど飲めませんが、gackyくんが大好きで
がんばって美味しいのをいれられるようにするって言っているので、
そのあかつきにはみなさん飲みに来てね。

by kazztomo | 2008-11-24 23:21 | モノ | Comments(14)
SAABオーナーズBBQパーティへ。
この日は、私がSAABを購入した時からずっとお世話になっているacharさん主催の、
saabのオーナーズBBQパーティでした。
会場は、メカニック心を掻き立てるアチャラさんの港北にある修理工場です♪
b0028216_115225.jpg
駐車場にはおびただしい数のSAABが全部で18台。
b0028216_1171214.jpg
私の93は、バルクヘットという場所が壊れて芝浦ヤナセで修理中につき、足がなく、
この日は急遽不参加の予定でしたが、ほそモールさんがひょんなことから電話をくれ、
私を拾って連れてってくれることになりました。大感謝!

既にいい匂いがじゅうじゅうもくもく。顔見知りのメンバーもたくさんいました。
美味しそうな食べ物も、テーブルからあふれそうに並んでいました。

見応えのあるsaabと食べ応えのあるお料理がズラリで、どちらも垂涎☆


b0028216_11104058.jpgスミレ。さんがサムゲタンスープを丸鶏、朝鮮人参、クコ、ナツメ、ニンニク、ショウガ、など美味しそうな材料を投入して作ってくれていると言うのに、私は早速BBQ隊長bigfootさんのダッチオーブンのジューシー塩釜チキンやら、ローストビーフに舌鼓を打っていました☆


家に居るメリーを思い出す
b0028216_11134976.jpg
Mukaiさんの4台所有しているSAABの中の一台、C900。

冗談だとは思いますが、売ってあげるよ!なんて言うもんだから、
私はこの晩眠れませんでした…。

b0028216_1115583.jpg
この日はクラシックがとても多く、観てるだけで楽しめました。

b0028216_11162661.jpgこの後ろ姿が、saabの粋だよなぁ!(ご満悦)

b0028216_11173149.jpg珍しいところでは、9000エアロ。
前顔は、他のsaabと似ていますが、目がキレ長です。

b0028216_11183671.jpg
ケツカッチンだった私を送ってくれようと、ほそモールさんがエンジンを掛けるも、
セル回らず!なぜかウンともスンとも言いません。

時間が掛かりそうだったので、私は大好きな恩人を見捨てて
隣の95のオーナーさんに送って頂くというよりどりみどりの贅沢な展開になりました。

壊れる場所にしては良過ぎの条件、修理工場の前ということで、
数十分で見事解決だったそうです。

この日はコアなsaabオーナーさんがいっぱいで、
いろいろ教えて頂いたり、情報交換したり、
普段人には言えない「いかにSAABが好きか」とか「どんなトコが好きか」という
話を聞いてもらったりしてもらったり(笑)。
ノンアルコールなのもあってか?皆さん紳士淑女ばかりで、もの凄く楽しい時間でした。

ぜひまた開催して欲しいです。
お世話になった各位、本当にありがとうございました。


b0028216_1137846.jpg沖縄帰りの
大きなほそモールさんがくれた
小さなシーサー。

暖かい配色に心がなごみます。

ありがとうございました。

by kazztomo | 2008-11-20 11:37 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(12)
真空ガラススペーシアの効果。口コミ評判レビューしてみました。
b0028216_19425880.jpg久々の建築日記です。

我が家は、リビングの大きな窓の部分以外は予算の関係ですべてシングルガラスでした。

冬場の一階縁側の大窓前と二階寝室の寒さ(夜)と、窓ガラスの結露にはいずれ対策が必要だなぁと思っていましたが、遂に今年の冬前に何とか実現しようと奮起しました!

導入したのは、リビングの大窓と同じ、スペーシアという、二枚のLOW-Eガラスで、
高断熱特殊金属膜を真空にサンドイッチした特別なガラスです。
断熱性能はペアガラスの二倍強、一枚ガラスの4倍強です。

今回導入を検討した場所は、長い庇のおかげで夏は陽が差さず、
太陽の軌道が低い冬は部屋の奥まで陽が入って暖かです。
なので、冬場の直射日光を遮熱してしまうのはもったいなかったので、
日射取得を妨げないのに高断熱というスタンダードタイプを導入しました。
スペーシアはシングルサッシをそのまま使用できます。


b0028216_2062240.jpg窓ガラス業者さんは、まこと家のスペーシア工事の時にとても評判の良かったので紹介して頂いた丸正屋さんです。

メリーはちょっと遊んでもらったのをいいことに、図に乗ってもっと投げて欲しいと目で懇願中。

b0028216_20102858.jpgもう遊んでもらえないの。

忙しいし、あぶないからあっち行ってなさい。

b0028216_20111432.jpgフレームのない窓(うちで言うとリビングの「く」の字の窓や、子供室の「L」の字窓)は真空ガラスは付けられないので、残るは寝室のみです。

はめ殺しの窓を吸盤ではめていきます。

丸正屋さんに親切に相談に乗って頂き、安心、納得して取り替えることができました。
そして、気になる効果の方ですが、これが見事なほどの断熱性です。
今の季節頃から、昼間の暖かさがウソのように夜になると急に冷え込んでしまい、
夜になると暖房を付けないといけないことが多かったのですが、
魔法瓶のように夜まで家の中が暖かくて、ほんとはエアコン掛けてたんじゃないの?と
終電帰宅のgackyくんが言うほどです。
もうちょっと寒くなる時期が楽しみです。
また、結露知らずなのはリビングで既に実証済みです。
エコガラスって書いてありましたが、本当ですね。
今年もし電気代が減るようなことになったら嬉しいです。

あと、防音性能も有り難いです。(こちらはまだ実験してません)
「え?昼間っからこんなに静かなのに何で防音?」と丸正屋さんに言われましたが、
ええ、ですからウチの宴会が迷惑にならないようにですよ…。

by kazztomo | 2008-11-14 20:23 | 建築日記 | Comments(30)
緊急告知(特に関西地方の方)☆
私が作って歌っている「どんぐりぶた」CMのオンエア日程を頂くのを
(関東で流れないので)すっかり怠けてしまっていましたら、
毎日放送のオンエアがもうじき一旦終了してしまいます!(しまった。)

11/13(=つまり本日木曜日)と11/14(金)の、
15時頃からの「ちちんぷいぷい」という番組の中でオンエアされるそうです。

それまでは10月から11月に掛けて、
みのもんたの朝ズバという番組の中でオンエアされていたようでした。

告知が遅くなってしまったことをお詫びします。
関西方面の方、もし観れたら見てみて下さいね。

広島、瀬戸内方面は10月から11月前半で終了だったようですが、
また他の地方のオンエア等が11/後半から始まるという情報も出ています。
出ましたら今度は早めに告知しますね。





この記事を見て何だかわからない方はこの過去の記事へ

by kazztomo | 2008-11-13 01:36 | 音楽・映画・デザイン | Comments(20)
長い軒を楽しむ暮らし。妹の家に遊びに行きました。
b0028216_1123527.jpg
妹は、ちょうど我が家とほぼ同時に竣工した築3年の家に住んでいます。

建築当時、予算がなくて出来なかった「長い庇を楽しむ暮らし」を先日実現しました。
具体的には、約3メートルという長い軒を出して、デッキの周りにレンガを敷いたのと、
家の外周をぐるりと高い杉の炭黒の木の塀で覆ったのが増築部分です。


b0028216_118348.jpg久しぶりだなー。
山の空気が気持ちいい!
別荘地みたいな匂いがするぞ。
(静岡です)

b0028216_1191779.jpg玄関には何やらしゅっとした植物が生えていて、旅館の入口みたいでいいなー。

b0028216_11102038.jpgご近所さんからの
視線が気になるそうで、
高さ180センチ。

悲願の木塀です。

ここを奥へ入っていくと
お庭に行けます。

b0028216_11122032.jpg軒の内側は
あえて無垢の木の質感を
残しているので
明るい印象です。
b0028216_1117119.jpg
噂に聞いていた通りの長い軒。

ここは西向きなのでこの軒が大活躍。もちろん夏の直射日光は一切入りません。
母のやった軒のアイディアを見てとうとう改築を決意したそうな。
実家の改築部分と同じ、平井さんの設計です。

b0028216_11182922.jpgレンガが涼しくて清潔な印象です。貼り方がとても可愛い。

b0028216_11193333.jpgリビングからいい匂いがしてきたから中へ入ろ。

b0028216_11202685.jpgコーヒー豆をミルで挽いてる匂いでした。

ちょうどコーヒーグッズを検討中だったgackyくん、興味しんしん。

b0028216_11221499.jpgむくむく膨らんだらお湯をゆっくりゆっくり注ぐと、美味しいコーヒーが出来上がり。

b0028216_11233546.jpg
コーヒーを待つケーキです。

b0028216_11243691.jpg
ウェグナーのイージ−チェアも仲間入りしていました。

外でお茶を飲めるのはもちろん、夜でも気にせず開けておけるのが最高だそうです。
よかったね、なおみちゃん♪また遊びに行くよ。

詳しい写真は妹のブログへ。
by kazztomo | 2008-11-12 11:25 | モノ | Comments(15)
「初めての稲刈り」日和。
お米が命、のごはん党代表の私に、こまりは稲刈りのチャンスをくれました。
本日もまた、秦野のこまりの自然農の田んぼへお邪魔します。


b0028216_1548529.jpgこの日はとても暖かく、
カラっと晴れ上がっていました。

現在ソフトクリーム休憩中。
b0028216_15481635.jpg私とナベチンは稲しばり。

去年の稲の茎?の部分が乾燥したヒモ状のもので、刈り取ったばかりの稲をちょうどいい束にしていくのですが、これがなかなか難しい!

ゆるくては大変だし、稲の乾燥茎はいきなり曲げると切れてしまう!

それでもだんだん慣れてきて、
ぎゅっぎゅっと縛っていきます。
photo by comali

b0028216_15265462.jpg
こまりたちは竹竿をかついで運んで来ました。
何をするのかな?
b0028216_15285093.jpg
竹は稲を干すための「はざかけ」というものになりました。
組み上がった「はざかけ」に、私達が束にした稲を掛けていきます。


b0028216_15305757.jpg普通のお米の他に、こまりは緑米というお米も作っていました。
栄養価が高いそうです。

私達はこの後緑米の稲刈り係となりました。
b0028216_15323888.jpgぬかるみに足を取られながら一生懸命刈りました。

自然農の田んぼなので、
雑草も生えています。







photo by comali
b0028216_15342354.jpg今回の一番のお気に入り写真は、こまりが撮ったこの一枚。

ほんとに彼女が撮る写真は素晴らしい。

お互い農作業の合間に水分補給のついでなんかにちょっと撮るって感じなんだけど、ぬかるみの中をカメラが置いてある場所まで行くだけでも大変で、アングルなんて選ぶ余裕がないのに。

何をしていても楽しくて気持ちよくて、最高の1日。


b0028216_15354255.jpg黄金色ってこういう色だよね。

気持ち良さそうに晴天になびく稲たち。
                                 photo by comali

b0028216_15385656.jpg
秋の夕陽はつるべ落とし。

急に温度も下がって、帰りの時間となりました。
ごはん大好きな私にとって、お米には返しきれない恩があるのだけれど、
どんなに有り難いものか、改めて認識しました。

こまり、いろいろ教えてくれてありがとうね。
あまり役に立たない私だけど、また手伝わせてね。

by kazztomo | 2008-11-10 15:40 | お出かけ | Comments(16)
久々のお宝。
b0028216_1319992.jpgmaker : Nuutajarvi 
design : Kaj franck

さすが、グラスの巨匠
カイ・フランク!
ころんとした三角形の
厚みが違う造形により、
ガラスの色の陰影や濃淡を
最高に美しく
演出しています。

6個のボウルを
こうやって好きなように
楽しく並べてみると、
ますますカイフランクの
光の表現の秀逸さを実感!

ああ、グラスには
手を出さないようにと
思っていたのについ。

b0028216_13165138.jpgこのシリーズはパッケージのデザインもKaj Frank自身が手がけていて、運のいいことに、今回はパッケージごと、ほぼデッドストックの状態で手に入れました。(50〜60年代)
b0028216_13172764.jpgブラークマンのキャビネットとも、仲良くやってくれ。(ご満悦)

by kazztomo | 2008-11-06 13:18 | モノ | Comments(16)
メリーと一緒に湘南キャンドルナイトへドライブ。
b0028216_12563092.jpg最近じゃ、私が帰って来ても
「あら、お帰りなさい。先に休んでたわ」という気まずい態度で、布団から出てこないメリー。

(一応嬉しくてきゅんきゅん泣いている)

b0028216_12585822.jpgこれじゃいかんということで、
江ノ島へドライブに行きました。

先日も一部で話題になりましたが、うちの方はSAAB生息率が異様に高く
95が連れでもないのに二台連なっていましたよ。

私も入れたら3台saab。

その直後に2台93とすれ違って、
さすがにオフ会でもあったのかと
思いました。

b0028216_1256958.jpg
休日の江ノ島は初めてでしたが、猛烈に道が混んでいてあったまきました。
でも頂上まで来たら人もまばらで、こんな綺麗な景色を観てしまったら
やっぱり来てよかったと思うのでした。

b0028216_13183226.jpg海を観ながら、その幸を頂く。
b0028216_13202298.jpg江ノ島に来たらフレンチトーストは必ず食べなくてはいけません。


熱視線が気になるけど、
あげないよ。
b0028216_1322124.jpgフレンチトーストじゃなくて、
景色観なよ。綺麗だよ。


このお店は海を一望できるオープンカフェなんですが、寒くなると、カフェのテーブルクロスの中に、こたつを付けてくれるんです。素晴らしい!

この絶品絶景フレンチトーストのお店に行くためだけにでも行く価値ありです。
b0028216_1323591.jpgカフェを出ると、ちょうどキャンドルが灯ったようでした。

大魔が時の苑内を散策。
b0028216_1328343.jpgキャンドルナイトにぴったりのゆらゆらサウンドなアコースティックライブをしばし楽しんで、
b0028216_13432931.jpg
帰る頃には、通路の案内役はキャンドルの光だけになっていました。
b0028216_1335623.jpg下界に降りると、またいつもの江ノ島。

買い食い大好きgackyくんと、カートの中で毛布にくるまれてご満悦なメリーでした。
(家に居るのと変わらないんじゃ…)

江ノ島は近いけど旅気分が味わえるいいところ。
のんびりしにまた行こう。

by kazztomo | 2008-11-04 13:36 | お出かけ | Comments(14)