<   2006年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
●お尻に火が付いたので鋭意作曲中(珍)!
11月23日(祝)の夜、cloover超ひさびさに渋谷でイベントライブをやることになりました。
しかも今回はいきなりイベント主催(笑)。大変だ!
詳細が決まったら告知させて下さいねー☆


b0028216_1541639.jpg…ってことで、新曲を今日は急に2曲も書きました。
〆切がないと何もできないダメ人間(情けない)。

思い浮かんだメロディーを忘れないうちに急いでカタカナでメモって書いていきます。跳ねる時は小さい「ッ」が入っているのがいくらメモでも我ながらあんまりだ。

私は作曲の時、下手なピアノの前になど座ると自分の技術力に阻まれてちっともいい曲などかけないので、コードのデパートナベチンに「もっとひろがる感じ」「浮遊感フユウカン。」「ちがうっ。もうチョイ暗いの。」などと、無理難題を押し付けてはメロディーとコードを追いつき追い越せしながら作曲します。

途中むきゅーーってなる苦しい作業だけど、ほかっとトンネルを抜けた瞬間は壮快だよ☆

今日はほぼコードもメロも出来たので、後は歌詞。
普段の私からは想像もできないと言われる例のアレ、
がんばってまた書くのですよ(-.-)♪。


b0028216_240124.jpg今日はお昼からgackyくんのお母さんと、そのお友達のイギリス在住(46年!)のおばさま、さらにこれまたおかあさんの友達のカナイチャンが来てくれました。

日本食はご無沙汰というおばさまの為に日本食を作りました。
が、あんまり大忙し&空腹で写真撮るの忘れちゃった!
かなりいい盛りつけだったんだけどねえ?(証拠隠滅)。

パリの大学留学中にイギリス人のご主人と学生結婚をされたというおばさまのお話を聞いたり、今のお家をグーグルアースで見てみたりと、ワールドワイドで楽しい時間を過ごしましたよ。もっとお話したかったな。


b0028216_2484380.jpgその後はイマイ夫妻(3日後に入籍だって!おめでとう!)が二次会の打ち合わせに来てくれました。
二次会にご出席のみなさん。私とgackyくんが幹事&司会になった以上来て損はさせないさ(笑)。


その後曲づくりね。
モーレツゥな1日でした。

by kazztomo | 2006-10-30 02:10 | 音楽・映画・デザイン | Comments(6)
●なおみちゃんとてっちゃん来訪&久々のお買い物♪
b0028216_2352719.jpg妹のなおみちゃんと、だんなさんのてっちゃんが遊びに来てくれました。

メリーはなおみちゃんが大好きなので、なにやらお話をしています。
漫画に出てくる犬みたいに表情豊かだなぁ…。
b0028216_23533613.jpgいやー、良く来てくれたねって、ナベチンとなおみちゃんにだけする特別のニコニコ笑顔です。

そして今日は、来訪2人のお買い物の目的が渋谷にあったので久々に都心に繰り出しました。
…が、日曜の渋谷の人いきれにやられてカフェばっか入ってました。
それでも何とか2人が目的のブツ(コート)を手に入れられてよかったよかった☆

b0028216_00686.jpggackyくんも便乗してジャケを買ったりしたけど、私は何も欲しいものがなかったので、現行品だからいつでも買えると後回しにしていたKHALA(ドイツ)のお皿をやっと買いました。
大食いの私に合わせて?かなりデカイ。

たまには街に繰り出して買い物するのもいいもんだ。

引きこもってオークションやネット決済ばっかじゃ、人間やさくれますわ(笑)。

b0028216_2359487.jpgそして、引っ越して数ヶ月の時に謎の紛失をしてしまったグローバルの包丁を再購入(泣)。

うちのようになーんにもない家のどこに隠れてしまったのかまったく訳がわかりません。
しかもモノは包丁ということで、穏やかではありませんが…。

結局事件は1年経って捜査打ち切りとあいなりました。
b0028216_0171168.jpgさらに、長年の愛用でとうとうボロボロになってしまった脱水ボウルを再購入。


再購入ばかりでイマイチ盛り上がりませんが、今日もなおみちゃんのギャグが相変わらず冴えてるので、笑いすぎて声が枯れてしまいました。私より喋るんです。

また来てねー。
てっちゃん、なおみちゃん。

by kazztomo | 2006-10-29 00:25 | モノ | Comments(10)
●やよいサンライブin恵比寿とくすみん家にお呼ばれ。
今日は、くすみんがロールキャベツを作ったと言うので、ちゃっかりお呼ばれに行ってきました。

車で20分。案外近いんだな…と思った矢先、近所に着いてからすっかり迷ってしまった。迷路のような細ーい道路を大型の我が家の車で心細く迷っていると、
先に着いていた地図マニアでもあるayaちゃんが、インターネットを駆使して奇跡のナビゲーションしてくれた…。
うちのカーナビもいくら道が細いからって仕事を放棄しないで、ayaちゃんの爪の垢を煎じて飲んでほしい。

b0028216_2371275.jpg
出がけに大急ぎで18番のキッシュを作って持っていきました。(でも今回はブラウンマッシュをバターと胡椒でこんがり炒めて入れたりとか、毎回カスタマイズしているんだよ。)

くすみんはマヨネーズが嫌いなので、きちんと味を付けて何もかけないで食べれるように作っていきます。

既に食卓にはなんかおいしそうなものがいっぱい載ってる!
わーいいただきます!


b0028216_2243110.jpg本日の主役、くすみん特製「ロールキャベツ」。

うはーンマイ!今日みたいな秋の夜長にこんな愛情たっぷりの味、泣けるヨ。。。

久々に会ったくすみんとayaちゃんと、いっぱい喋るんだけど、
話したいことがいっぱいでちっとも追いつかない。

吉井和哉さんのピアニスト仕事の帰りの大ちゃんにも久々に会えた。
とても忙しそうだけどがんばってね。

ごちそうさまでした!


b0028216_2304538.jpgそして、後ろ髪を引かれつつも、その足で楽しみにしていたやよいさんのライヴへ。

あーこの声。彼女は魂を削ってるみたいだ。
狭い地下のお店にいるとは思えない、広いところに連れてってくれる声。
聴いてるといろいろなことがしゃぼん玉のように浮かんでははじける夢想向きの声だよ。

今日もとてもいい日でした。有難う。

by kazztomo | 2006-10-27 02:43 | 音楽・映画・デザイン | Comments(12)
●来客ラッシュでした。
帰国翌日から実はほぼ連日来客ラッシュでありました。
私がおとそ気分でまだスペインの興奮からさめやらぬままに、土産話に付き合わされた友人たち(笑)。


b0028216_149572.jpg最近スタジオのヘビーユーザーとなっているSGTなおちゃんは、メリーと遊んではしょっちゅうウレションを靴下にかけられているし、

昨日は妙にウマが合う(笑)シンガーのやよいさんも来てくれて、また楽しい時間を過ごしました。

今日彼女のライブがあるので楽しみ!がんばってね。

これを観る為にリハにお邪魔して聴かせてもらわないで我慢したんだもんね。
b0028216_216027.jpgナベチンの場合は顔を見るだけでウレションしてしまうので、最近では慣れたもので自分で拭いています。
b0028216_1524958.jpg最近お友達になった信じられない美声の持ち主シュウコさんも来てくれました。

洋物カバーソングを歌っても漁り火が見える優しく澄んだ歌声。

我が家のリビングでなおちゃん伴奏&コーラスの2人組で歌ってもらったんですが
(天井高くてガランとしてるからとても良く響く)
一人で聴くにはもったいな過ぎるいい演奏でした。

みんなにも聴かせてあげたいよ。
b0028216_2243488.jpgそして、今日はお友達の絢ちゃんが遊びに来てくれました。

彼女はもの静かですてきな女の子。私とはその点真逆ながら(-.-)不思議と共通点があり、話していて皆まで言わなくても解り合えるようなところがあって楽しい時間が過ごせました。
もっと話したかったな…。今度は鍋しようね!

メリーとは初対面だったんだけど、彼女の横にぴったりくっついて寄りかかってた。
やっぱりきっと手術の時応援してくれたことが伝わってるんじゃないかと思いました。


b0028216_2301148.jpgちょっと寒くなってきてますます引きこもりな私、帰国後まだ一度きりの外出はメリーとgackyくんと緑地カフェ(笑)。

生爪をはがして散歩禁止になっていたけど、もうだいぶ良くなったから、寒くなる前にたくさん散歩行こうね、メリー。

マズイ食事にはこりごりだったから、やたら一生懸命おいしいもの作ってたくさん食べたり、ワイワイ楽しい時間を過ごしたんだけど、楽しすぎてほとんど写真撮らなかったなー。
写真撮ってないけど、イマイくん、ミワッチ、コウセイくん、カヲルくん、ノブくん、Iさん、あと個展の写真撮りにママも来てくれたね。

そんないい一週間でした。
ありがとうね。

by kazztomo | 2006-10-26 02:07 | 家の中のこと | Comments(8)
●私は見た!
「情熱の国スペイン」って言われているでしょう?
本当に情熱的で面白い国でした。

b0028216_23451433.jpg←何もかも素晴らしかったけど、買うものだけは何一つない国スペイン(笑)。

とうとう何も買ってこなかった。


●タクシーで見た!

すかした兄ちゃんが運転手のタクシーに乗った時、目的地を告げると「得たり」みたいな顔をしてすぐに運ちゃん誰かに電話。しばらく走ると、何と見知らぬ女の人が助手席に乗ってくるではありませんか!!

私達があっけに取られていると、目の前で二人はキッスを…( ̄○ ̄;)!!
運転席と助手席の間でキッスするので、ちょうど私達後部座席に丸見え状態で、
思わず一同笑…。「エヘ」っていう顔でこっちを見る彼女と、スカしたままの運ちゃん。怒るなんてヤボなことは出来ないってな雰囲気を見事に作られてしまいました。
回り道した訳じゃなかったからまぁいいけど…(-.-)。

●も一回見た!

タクシ−を1日借り切って、山とか白い村を観光してきました。
その時の運ちゃんに、途中のドライブインで休憩時に「何か好きな飲み物を」と言うと、

「ビール」。
「へ?」。
「…ビール」(笑顔)。

美味しそうにビールを空けてしまいました。
「まだ結構あるのに、西洋人はアルコールを吸収分解する能力が凄いと言うからいいのかねえ」なんて思っていました。

が、ふと見ると今度は自腹でワインを追加注文して、生ハムとかチーズとかむしゃむしゃやってるではありませんか!!白昼堂々!っていうか、高速道路運転中!

日本ではありえないですよね…。いや、スペインでもアリなのかこれは!!?

●切符売り場でも見た!

グラナダからネルハ行きのバスの切符を買いに窓口へ行ったところ…。
(だいたい、電車でも自動券売機というものが地下鉄以外ほとんどないんです。で、銀行みたいに番号札を取って長々と待ってたりします。正直呆れます。)

窓口の男性に、同じバス会社の制服を着た女性(どちらも気まずい中年)が、
後ろからおんぶのような感じでしなだれかかって、イチャイチャしています。
男性は、その格好のまま「はい、次の人〜」みたいな感じで時々仕事を中断しながらやってるんです…(-.-)。もちろん長蛇の列。
特に誰も怒ってる様子ナシ。

他にもいろいろあったっけなぁ(笑)。

旅の写真集はこちら。

by kazztomo | 2006-10-23 23:48 | 海外旅行記 | Comments(10)
●母の個展がもうじきです。
b0028216_2104098.jpg

母は最初は具象作家だったんですが、そのうち抽象になり、
今は和紙を重ね使いするコラージュ作家として活動しています。

個展がもうじきあるそうですので告知させて下さいね。

場所は伊豆長岡駅近くと遠いので、
お近い方がもしいらっしゃったらふらっと遊びに行ってあげて下さいね。

■ayako kudo展「コラージュ・コラージュ」

・会期:2006/11/15(水)〜12/10(日)
・場所:ギャラリーnoir
    410-2113 静岡県伊豆の国市中750-1
    tel.&fax.055-949-7821 
・時間:平日 13:00〜18:00/土日 11:00〜18:00(会期中無休)
・問合せ先:front-room@mui.biglobe.ne.jp

by kazztomo | 2006-10-22 20:52 | 音楽・映画・デザイン | Comments(14)
●今日は、旅の途中に想った事を。
b0028216_22264948.jpg今日は、旅の途中に想った事を。

時間ってずんずん過ぎていきますね。あろうことか年末の声が聞こえて来ました。

小学校の頃あんなに長かった1年間が、今じゃまたたく間。
去年と一昨年の出来事の区別もつかない始末です。

「無意識でやってる事が多ければ多い程、その時間の記憶がスキップされてしまうので、アっと言う間に過ぎてしまう。」と言いますが。
日常の中で無意識にやっている事は確かにいちいち記憶されていかないもんね。
子供のころは何をするにも難しいし、新鮮だから、意識して行動していたから
あんなに長かったんだね。

確かに、旅行は驚きと感動の連続だったから、すごくすごく長く感じて。
朝の事が、夕にはすごい昔に思えた。子どもの頃の感覚に近くて驚いた。
普段「今日とまったく違わない明日」を過ごしてしまった時とは大違い(-.-)。

でも、反面楽しい時間は何故あんなにも一瞬で過ぎ去ってしまうのかな。
私はおセンチなので、「この時間が止まってしまえ」と思う瞬間がいっぱい。

でも…少なくとも過去に戻りたいとはふしぎと思わない。

この前創ったあの曲も、
奇跡が重なった素敵な人との出会いも、
皆で力を合わせて何とか作った家も、
恐怖のメリーの心臓手術も、
またやり直しなんて耐えられないもんね。

さぁ、毎日一つでいいからちょっと新しい何かを、するか想うかの日々を。
ぐーたらな自分への励ましです。

by kazztomo | 2006-10-21 22:24 | 海外旅行記 | Comments(4)
●そして最大のピンチは訪れた。
b0028216_21102084.jpgさてさて、モンセラットとコロニアグエル教会を見てすっかりほわわーとした気持ちになってしまった我々、再びバルサへと戻ったのは夕方。

母は姉妹の反対を押し切ってヒールの高いブーツしか持って来ていなかったので、既に足が疲れ気味。

そこで妹の提案で「スペインと言えばカンペール」と、バルで腹ごしらえの後にスニーカーを買いに行く事に。(もちろん妹は旅行後にもらっちゃおうという目論みです。)

ところが、バルを出てタクシーをつかまえようにも、昼間あんなにいたタクシーの空車がない。。。でも、夜行列車の時間まではまだ1時間半近くあったので間に合うだろうと踏みつつ、急げば5、6分で行けそうな場所だったので、歩いてしまう事に。

靴を即決購入し、さて、ホテルに戻ろうと思っても、またタクシーがいない!
ホテルとは逆方向だったのでだいぶ来てしまったし(距離イメージ的には「バル/表参道」→「靴屋/原宿」→「ホテル/外苑前」って感じ!)駅までは距離あるし、
ちょっとまずいなぁという雰囲気に…。夜行列車発車まで1時間(夜行列車の駅は新宿って感じ)。

そこで、ひとまず私は先にホテルまで走って先にスーツケースをピックアップして、
タクシ−を呼んでもらい、妹達にはタクシーを探しながら居たらすぐに乗ってホテルに向かってって事にして、なんと私は夜のバルサの街を疾走する事になったのです。

b0028216_21754.jpg「バルサを東京とするとまさに表参道」というグラシア大通りを、ラン・ローラ・ランよろしく赤毛の私が人を避けて疾走する訳であります。

…いえ、かっこよく言い過ぎました。かなり顔はマジでした。
鼻水とか出ていたかもしれません。
東洋人だというだけでも珍しいのに、疾走しているのは街で私1人。

火事場の馬鹿力とは良く言ったもので、10分間も全力で走り続けたのは高校卒業してから初めてだったと思います(-.-)。

ようやくホテルに着いて
「プリーズコールタクシーナウ!!ハリーアップ!」と息を切らしてフロントマンに伝える私…。鬼気迫る私の勢いに、フロントマンはすぐにタクシーを呼んでくれました。

そして「アンド、アイトライ キャッチ ザ タクシー マイセルフ」と、相変わらずテキトーな英語で伝え、通りに出て自分もタクシーを探します。

そのうち、母も妹もホテルに到着。スーツケースを出してもらい、今や遅しとタクシーを待ちます…が…20分待っても来なかったんです、タクシー。
通りにも空車は1台もいない。発車まであと30分。駅までは混めば20分位かかるので、かなり真っ青。

フロントマンにも事情を話したら一緒に心配してくれてソワソワ…。

ようやく大通りに一台の空車を発見!目を疑いながらも手をあげて、
「ウエイト!ウエイトプリーズ!」と自分の着ていたコートを後部座席に放り込み、妹と母を呼びにホテルに走り、スーツケースを凄い勢いでゴロゴロして、タクシ−の運ちゃんにお礼を言い、「サンツステーション!9:30 トレイン トゥ グラナダ」と伝えると「オウ!インポシーブル!!」と言いながらも大急ぎしてくれました。「やっぱりインポシーブルかー…」と、頭の中でグルグルしてるミッションインポシブルのテーマを振払いつつ代替えの移動手段も考え始めていました。でもここで乗り過ごすと今後の旅程がかなりパァです。

ところが、運ちゃんの腕のおかげか、25分ちょい過ぎになんとか駅に到着!
チップを弾んでスーツケース担いで階段を駆け降りて、ようやく夜行列車に乗り込んだ直後に「プシュー」と閉まりました。

タクシ−が昼間の調子で沢山いてくれれば、何の問題もなかったんだけど、
まさかのタクシー不在で、急にこんな事に!

その後一切、電車、バスの時間の1時間以上前には必ず停車場に行くようにしたのは言うまでもありません。
今度はまだ誰も待ってない駅、バス停で「私達って適度というものを知らないね…」と、ボソボソ反省…。

笑えない…けど、想い出深いピンチ事件でした。猛省!


※旅の写真集はこのリンク先へ
by kazztomo | 2006-10-20 21:10 | 海外旅行記 | Comments(10)
●なみだが出た日。
b0028216_23425998.jpg旅行2日目のこの日はバルサ郊外へと出かける事に。

バルサを新宿とすると、ちょうど高尾山のような所にあるキリスト教の大霊山(?)「モンセラット」に行き、頂上で極上の景色を見ながら、フツーの味のサンドウィッチと(笑)とても美味しいオレンジジュースを頂きました。

バレンシアにも近いこの地域、流石にオレンジジュースはどこでも絶品!

モンセラットは、今回の旅行の中でもかなり良かった場所のひとつ。
カタルーニャの巡礼者が裸足で訪れるパワースポットで旅の疲れを癒し、英気を養います。


b0028216_23431585.jpgそして、モンセラットの帰りには、(同じくバルサを新宿とすると、調布のあたりにあると思われる…)「コロニアグエル教会堂」へ。

こちらは、ガウディのスポンサーであったグエル氏がニュータウン設立事業にあたり、ガウディに教会建築を依頼し、完成させる「予定であった」教会堂。

グエルさんの資金不足に加え、ガウディが「サグラダファミリア」建築の話に飛びついてしまったせいで、建築半ばで頓挫したというエピソードを持つこの教会、実はガウディ建築の中で一番心を動かされた作品でした。

可愛い!という一言では片付けられない個性的なステンドグラス。
信心深いと言われているガウディの「崇拝心」は、
即ち生ある物、すべての有機物への敬愛とイコールであると受け取りました。
他のガウディ作品を色々見て回って、最後に訪れたこの建物が、
私のココロの中にそう強く訴えかけて来るので、涙が止まりませんでした。
至福の心象風景。
ガウディさんのプロフィールには詳しくないのですが、私にはそう思えてなりません。


そして…最大のピンチはこの日の晩でありました…。続きはまた明日。

by kazztomo | 2006-10-19 23:45 | 海外旅行記 | Comments(4)
●最初の珍道中だった事件はね、
b0028216_294384.jpgスペインには日本からの直行便がないので、ブリティッシュエアウェイズ/ロンドン経由で夜9時半過ぎにバルセロナ空港を降り立ちました。

既に長いフライトとロンドンからの飛行機で出された変なフルーツと臭いチーズの混ざったサンドウィッチにやられながらも、スペインに長期滞在していた我が弟の脅しでビクビクしながらホテルに到着。

幸いにも星4つのフレンドリーなフロントマンやベルボーイのいる良いホテルでした。
東京で言えば表参道のような良い場所だったので治安もよかったのですが、
夜、なんと私は謎の強烈な腹痛に!(うめいちゃう位ね)
どうも「バルセロナの水は飲んでも平気だった」というどこかのコラムを真に受けてビタミン剤を飲む為につい一口飲んでしまったのが悪かったという気がします(泣)。

夜、妹と母の寝息を聞きながら、
「ああ、保険に入っていてよかった。」
「アイアム ストマックエイク ベリーマッチ…?腸って英語で何だっけ?…(哀)」
「メイビー、アイシンク ウォーターイズ バッド…?ブツブツ…」
「私がここで寝込んだらこの二人だけじゃ明日どこにも行けない(焦)」
「妹を起こそうか?でもコヤツは何の役にも立たないな。」
「救急車って英語で何て言うんだっけ?エマージェンシーカー?レスキューカー?
 なんか変だな…。」

などと、とても不憫な事を3時間は考えていたでしょうか。
いつしか痛みも弱まってうつらうつら…。
とても幸いな事に翌日には治まっていましたが、そんな不穏な到着の夜でした。

続きは明日(笑)。


※旅行写真集はこのリンク先へ

by kazztomo | 2006-10-19 02:25 | 海外旅行記 | Comments(10)