<   2006年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
●一年点検&矢作さんを囲む&メリーがんばれパーティでした。
この家の棟梁宮川さんと、建築家の矢作昌生さんが一年点検に来て下さいました。

不具合は特に何もなく、建具のそりやクロスのすき、木のそり、など、1年目に出やすい問題はほぼ皆無で、内外ともに大変よい状態と診断され、ホっとしました。

b0028216_1571712.jpg
さすが宮川さん!
こういうのってまず施工がいいからなんですって。


検査が無事済んだところで、午後からは矢作昌生さんにお願いして建てたいという方達がご来訪。
グラフィックデザイナーのご主人(スペインはカタルーニャの方)と
画家の奥様、可愛いベイビイのファミリー、
動物病院の先生(ご主人)とイラストレータの奥様のご夫妻、の個性的な2組です。

b0028216_15114274.jpg
カタルーニャのご主人、矢作さんのデザインはスペインの感覚にも非常にマッチしている、と大変お喜び。

ガウディ建築も、中は住みやすいようにリノベされていて、その中の感じが非常に我が家と近いということでした。とりあえず真っ白くてオサレな建築はよく日本にもあるけど、もっとボリューム感と素材感がハッキリした、こういうのがとても良いとのこと。

b0028216_15111220.jpg夕方からは、もう一組、この度工務店が決定して着工間近のまことさんファミリーも来るので、矢作昌生さんが家を説明している間、我らは矢作チーム東京支部の祝賀?パーティの準備です。

Gackyくんのボーナスで買ってきた、成城のめちゃ美味しい焼き肉材料で矢作昌生さんに今日こそ?恩返しだ(笑)!
b0028216_15254270.jpg乾杯!

何に乾杯って、めでたいことはいっぱいあるけど、やっぱり何よりまことさんちの着工祝い!

あと、矢作昌生さんようこそお帰りなさい&メリーがんばれ!
b0028216_15302630.jpgンマイ!

楽しい!

忙しい!(笑)
b0028216_15532024.jpg夜には差し入れいただいたおめざでゆったりコーヒータイム。

獣医先生にもメリーの事をいろいろお伺いできたり、同業者が多かった事もあり、話題は尽きません。みんな素敵な方ばかりで、アっという間に時間が過ぎていった宴でした。

夜更けには矢作昌生さんに会いにナベチンも来訪し、楽しく別モードで呑み直し。
あわただしくもとても楽しい一夜に感謝です。

みなさん、遊びに来て下さってありがとうございました。
そして矢作昌生さん、ぜひまたいつでも泊まりに来て下さいね!

by kazztomo | 2006-07-31 15:46 | 建築日記 | Comments(10)
●のーんびり。ああ、これが夢だったら。
b0028216_0432751.jpgメリーと家でのんびりしています。

床にリボスという天然のワックスをかけてやりました。無垢のメープルなので、時々栄養が必要です。1年経っても傷はほとんど目立たず。ラフな使い方しているのにあっぱれです。

うちは緑が多い立地なのでとても涼しく、エアコンはほとんどつけません。
夜なんて寒いくらいなんです。

外を観ているメリーがいかにも散歩に行きたそうなので、夜ちょっとだけ歩いてきましたが、すぐ「やっぱ帰ろ」ってなります。庭の方が好きです。
内弁慶の権化です。


b0028216_048775.jpg今、メリーの関係でほとんどどこにも出かけないでいるんですが、みんな代わる代わる遊びに来てくれて助かります。

そんな時テレビで音楽仲間の大ちゃんがコウダクミさんのバックを演ってるのが観れて嬉しかった。この前はアヤカさんも演っていたし、がんばっているね、だいちゃん。いつも応援しているよ。ビデオはないけど写真撮っといたよ…。

今日は「メリーの取説」を作ってみました。(頼まれてないけど)

   ・シーツを敷いて「トイレ」という声をかければします。
   ・ごはんはふやかさないと喉に詰まらせます。
   ・お渡ししたオーダーメイドの特別フード以外は酷いアレルギーが出ます。

…等々。口がきけないメリーのために。これがなくちゃ始まらないと思います。

来週水曜日に迫った手術の日まで、みんなが精神的にも肉体的にも平穏に過ごせますように。。。

メリーが心臓手術。ああ、これがただの悪い夢だったらいいのに。
もしくは手術が無事済んで2週間の入院が終わった後に飛び越せればな。

by kazztomo | 2006-07-29 00:55 | 家の中のこと | Comments(9)
●黒田さんと、花火のイメージ。
日曜日、フラバルスの黒田さんが写真データを受け取りにくるついでに遊びにきてくれました。
リンク先で私の撮影した写真が公開中。「ギャラリー」の「ルートB」という方です。試聴もできます。)そしたら、この日は多摩川の花火だということに気づき、
急遽花火も抱き合わせてナベチンや夏待ちのたいがくんたちと一緒に行くことに!
さらに、せっかくだからとうちのスタジオでナベチンとたいがくんはリズムリハ。
エラい!抱き合わせにつぐ抱き合わせdayとなりました。

b0028216_2373753.jpg
ギリギリに行った割には、さすがタダ観の川崎サイド(東京都の大会なのだ)、
河原のとてもいいトコが空いていたので、打ち上げている人が見えたりと迫力満点!

焼き鳥、おにぎり、うずらウインナー、焼きそば、枝豆など、臨場感と愛情満点の
おつまみを家で急遽仕込んで持っていきました。そしてビール!(ロクに呑めないけど!)

大好きな美しくもはかないナイアガラ。

毎年観ている花火だけに、
いろいろな思い出が溢れだして、胸がいっぱいになってしまう。

今年もまた、大好きな人たちと一緒に観れることに感謝。
急だったから一緒に行けなかった大好きな人たちは元気だろうかと思いを馳せる。

b0028216_2319545.jpg
本日の宴は念入りにも二部制になっておりまして、花火終了後は家で二次会。
こちらは竹串や楊枝の付いていない、涼しいメニューでおもてなし。

楽しい時間は、瞬く間に過ぎていく。

あんな話もしよう、こんなことも聞きたいな、スタジオでも遊ぼう、なんて思っていたけど、またしても繰り越し。

それがまぁ、腹八分ってことで、そんな実に素敵な夜でした。

みなさん、ありがとうね。またゆっくり来てね。


b0028216_23333844.jpgメリーは安静要観察中なので、お庭で草むしりに付き合ったりと気ままにブラブラ過ごしています。

愛情10割増量で、来るべき離ればなれの2週間のために今はベッタリ一緒。

by kazztomo | 2006-07-25 23:24 | お出かけ | Comments(12)
●手術する事に決まりました。
b0028216_1551869.jpg昨日は豪雨の中でメリーの大学病院へ。

ここは動物の心臓医療ではおそらく全国一の病院。
検査結果を聞きに行くだけだったので、メリーは必要ないと思い、
涼しかったので車で待たせておいた。(病院は嫌いだから)
待つ事1時間。。。車にメリーの様子を見に行くと喜んで尻尾を振り、
傘についた水滴を舐めるのでお水を飲ませてあげ、トイレをさせて、
車に戻ったらなぜか発作を起こして倒れてしまった。

ここ1ケ月、発作はまったくなかったし、今迄は興奮しすぎて…とか、
走って…とか、明確な理由があった。だから震え上がってしまった。

病院は目の前にあるけど、メリーから離れる事もできず、心臓マッサージをしながら通りかかった人に大声で助けを乞い、先生を呼んできてもらった。

どしゃぶりの中、見た事もないような血相でスタッフの男性が走って来てくれて、続いて先生方も一斉に待機して処置をして下さった。
メリーの発作はとても危険なんだという事が先生達の顔色でわかる。

幸いにも診察台に運ばれた頃には、もう回復していて、唇と舌はまだ真っ白なものの、「何何みなさんお揃いで真剣な顔してどうしたの?」(倒れた部分は完全に記憶がないから)みたいになっている。私はメリーを安心させようと笑顔を作る。

私は心配で手も膝も震えが止まらなかったが、先生方がバッチリ付いていて下さったので、今回は少し気が楽だった。

メリーはこんな危険な発作をもう30回は起こしている。
その度に「今度こそ死んじゃうかも。どうしようどうしよう。」と思う。

この1ケ月、発作もなく順調だったので、ペースメーカーの植え込み手術に関して少し消極的になっていた私だったが、くしくも病院に行く当日と前日に発作を2回も起こした事で、手術をしなさい…ということかな、と思った。

先生から手術についての説明を受ける。
私も手術についての説明を聞くつもりで質問事項はまとめてあったので、スムースに話は進んだ。

ペースメーカーは、骨と皮の間の皮下に埋込む。
頸静脈経由で心臓まで、ペースメーカーの電流を送るリード線を送り、心室に埋める。
リスクは麻酔のアレルギーと、麻酔中の心拍低下だが、メリーは過去に麻酔を二度受けているのでおそらく大丈夫だ。麻酔中の心拍低下についても、心拍を強制的に上げる点滴が検査によってかなりの微量でも反応する事がわかっているので、さほど心配ないと思う。上手くいけば運動だって以前のようにできるし、倒れる心配もなくなる。

新品だと300万円はかかってしまうこの手術だが、大学病院が人間の医療機関から譲り受けた中古のペースメーカーを保有していて、その中から状態の良いものを選んで付けてもらうのでそれよりは安くできる。
ただ、中古なので、前の使用者が何年使っているかによっては、機械が付けてすぐ壊れたり、電池がほとんどないものを付けなくてはいけない場合もあるそうだ。

メリーはとても幸いな事に、私の友達経由でかなり状態の良いペースメーカーを譲ってもらったので、それを先生に昨日渡して検査をしてもらって、大学病院の保有しているものも含め、一番状態の良いものを付けてもらうように段取りを付けた。

手術は8月2日と決まりました。

沢山の人のお力と愛とコネを借りてようやくここまでこぎ着けました。
もうしばらく気が抜けない日が続きますが、手術は絶対成功しますから心配しないで、今まで以上に応援して下さい(笑)。

有難う。
by kazztomo | 2006-07-20 14:26 | 家の中のこと | Comments(50)
●ご満悦。明日は大学病院です。
b0028216_0991.jpg母と妹が遊びに来ました。

メリーは二人が大好きなので大喜び。
b0028216_0101876.jpgなおみちゃんは、メリーの首のにおいが大好きなので大喜び。
b0028216_0137100.jpgいやいや、よく来たね…って顔。

二人を交互に見てはデレデレ。

興奮してちょっと歯茎白めだけど、「フェードイン作戦」(メリーのごはん中にソッと家に上がり、何食わぬ顔してソファに座っている作戦)と、「あまりかまわない作戦」で何とか発作を起こさずに持ちこたえているのです。
b0028216_014289.jpg鼻の下(ほとんどナイけど)を伸ばしたオヤジの風情でお腹を撫でてと甘えまくるメリーです。


明日はいよいよ大学病院に行って、メリーにペースメーカーを装着するかどうかという精密検査の結果を聞きに行って来ます。

どきどきするけど、冷静に、聞きたい事全部メモしてちゃんと聞いてこよう。
がんばるぞ!

by kazztomo | 2006-07-19 00:11 | 家の中のこと | Comments(8)
●「最高の選択肢を選び続けるという選択」を想う。
今日はフラバルスこと、黒田さんの「初ワンマンライブ」に、またカメラマンとして参戦してきました。

彼を観て聴いて、偶然にも2コ前にこのブログに書いた
「『今』という『点』が最高」という事をまた噛みしめた。
彼はこの日に照準をしっかり定めて、「昨日でもなく、明日でもない『今日』」に
最高のコンディションを完璧に持って来ていました。

もう一つ、その『今』という『点』に起こる、
人生の「小さな小さな選択肢」(今晩何する、どこに行くとか)と、
時折訪れる「大きな選択肢」、
その両方にベストチョイスをして行く、
しかも「それを一生続ける」事の大切さを噛み締めた。彼はそういう人だ。

小さい事でも、二番目の選択、妥協の選択をし続けて行くのと、
妥協しないで一番ベストだと思えるチョイスをずっと続けて行くのでは
後あと、大きな差が出るだろうと改めて想う。

b0028216_1529959.jpg
渋谷ネストは満員。前回のキセルさんとの2マンライブ同様、雷が轟く中集まった人達。異様な高揚感と熱気に包まれた会場は皆同じ人を観に来たというワンマン独特の連帯感。

b0028216_14355640.jpg全18曲という長丁場、まったく「足疲れたにゃー」「今何時だろ?」と思わせない見事なステージング。

ずっと写真を撮り続けているので、ちょっとした心境の違いとか、体調の違いが(僭越ながら)否が応にも解ってしまう。

今日の彼は最高のモチベーション。
b0028216_1524815.jpgいよいよ満を持して秋にはミニアルバムを発売するそうです。

新曲含めどの曲にも通じる、宇宙へ突き抜けるような浮遊感と、過去未来を繋ぎ、時を超えるねじれた時空感が素晴らしく、圧倒された表情で魅入る観客たち。

素晴らしいライヴでした。

有難うね。黒田さん。お疲れさまでした。

by kazztomo | 2006-07-15 13:15 | 音楽・映画・デザイン | Comments(6)
●イラっと来て終いにププって笑っちゃった事。
b0028216_3164726.jpg今日、ちょっとした音楽の作業の為に、
『ステレオミニピン同士(←左写真)』のケーブルを探したが見つからない。
確かあったハズなのに…?
b0028216_324948.jpgあった!

…と思ったら、片方がミニピンじゃないし、
第一これ、モノラルだ…。

違う…。
b0028216_3184310.jpgここにいっぱい変換プラグがあるけど…。

まずはステレオケーブルがなくちゃ話にならないよ。
b0028216_34655.jpgあ!とうとうあった!!

…と思ったら、やっぱりモノラル。
(←写真矢印の部分が一本線)
b0028216_2564975.jpgあった〜!

…と思ったら、二又だ。

こうなったらこの二又を一つにまとめる変換プラグを探そう。
b0028216_372158.jpg写真一番左→逆に両方二股になっちゃうよこれじゃ!

あーなんか全部違う!

惜しい!

…って言うか、全然惜しくない!
b0028216_385737.jpgガサゴソしたら、ようやく発見!

二又を一個のステレオにまとめるやつ。

うー…ひとまずコレで…。


そもそもこんな変換プラグなんて使わなくても、
あったハズだよ『ステレオピン同士ケーブル』…。

でも、よくあったなぁ…こんなプラグ…。

イラっと来ながらこんな深夜3時にガサゴソやってて、
あまりに色んなプラグやらケーブルが出て来て、
それがどれも少し目的のと違うので独り笑ってしまいました。

ケーブル&プラグ祭りの夜涼みです。

by kazztomo | 2006-07-15 03:13 | 音楽・映画・デザイン | Comments(6)
●時間が止まればいいのに…考。
私はおかしな悲観論者である。

思えば、小4の時点で
「今が一番シアワセ。これから先はロクな事がないに違いない」と思っていた。
その時は、クラス替えで仲良しの友達と離れてしまう、
勉強が難しくなるのが嫌だ、中学行ったら先輩が怖い、
などという可愛らしいけど、切実な悲観。
(家族と学校が自分の世界の全てであったあの頃を皆さん憶えてらっしゃるだろうか。)

バンドばっかりやっていた高校生の頃を経て、18才ともなると尚更。
「18才の女の子」などというものは、一番始末におえない生き物であり、
この世の中は自分を中心に回っていると皆勘違いしているので仕方ない。
どうした事か当時の私の価値観によると20才とは「おばあさん」と同意義語であった。
「過去より未来より今が一番シアワセ」思考は深く深く私に根付いていった。

ところが、実はそれからもっともっと素敵な世界が待っていた。
急激にひろがる素敵な世界。大好きな、大好きな、芯から尊敬できる仲間ができ、
朝まで喋ったり、笑ったり、切磋したり、琢磨したり、守ったり、守られたり。
「ああ、過去より未来より今が一番シアワセ。時間が止まればいいのに。」と想った。

そして、今では流石に
「今・今・今…の点をつなぎ合わせたものが即ち過去であり、未来である」
という事位は頭ではわかっていて、
最高の「今」とか「今日」をそうやってわざわざ噛みしめて今まで通り生きてりゃ、
過去も未来も素敵な記憶に満たされるんだから、
それでもいいんじゃないか、という風に思うようにしているが、
なぜか相変わらず私にとって未来の到来は恐怖で、昨日より今日の方がハッピイである。


そして今も。

だってやっぱりどう考えたって
「今が一番シアワセ。未来も過去もそれにはかなわない」よ?

ホントだよ。


b0028216_1428789.jpg今日はとても暑いですね。

窓を全開にして天井扇をぶんぶん付けても流石にまだ暑いです。

by kazztomo | 2006-07-13 14:20 | 考え事・つれづれ | Comments(10)
●From久留米/親戚ご来訪とプチ暴露写真。
b0028216_20404422.jpg今日は、私達が九州に遊びに行くと決まってお世話になる久留米のGackyくんの叔父さん夫妻がご来訪。

叔父さんは、店鋪デザインの仕事をしていて、叔父さんの息子(つまりGackyくんの従兄弟)は福岡の設計事務所で働いています。その妹は、東京でGackyくんの実家に居候しながら、アニメの背景画家として今話題の「ゲド戦記」(ジブリ)等で大活躍中という、職人一家(^-^)。

b0028216_2171322.jpgちなみに、この御夫妻、かなりの美男美女。

以前結婚式の写真を見た時の衝撃を思い出します。(無断掲載)

ほぉ〜(´∀`)☆
b0028216_2174366.jpgついでに一緒に出て来たGackyくん禁断の子役時代の写真発見!
(←直毛はヅラです)

小さい頃は可愛かったのにねえ〜と嘆くおばあちゃんの気持ちがよくわかりますね〜。

…今じゃテロリストか爆弾魔にしか見えません。


b0028216_2044376.jpgメリーは、今日は入院にそなえてワクチン接種。

安静を命じられている為、また階段で拗ねています。
b0028216_20451093.jpgアップで見ると…アンニュイで不憫、そしてブチャイク★

by kazztomo | 2006-07-08 20:46 | 家の中のこと | Comments(11)
●ちょっとがんばってること。
b0028216_1757167.jpgメリーの為に気持ちのいい芝生を!と思ってデッキの予定を中止して芝生にしました。

しかし、軒下の奥の方は陽当たりが悪くて育たないようなのでその部分には先日枕木を埋込みました。
また、北東向きの斜面になっている写真手前も育ちが悪いので、ワイヤープランツを植えてあげました。

今は少し落ち着いてこんな感じになっています。
メリーが遊んでもだいぶ汚れなくなってきました。

芝ってちょっとでも窪んでいたりするとそこには生えてくれないし、
伸び過ぎたのを一気に刈り込むと「軸刈り」と言って枯れてしまう。

こんなに狭い庭でも手入れはとても難しい。
雑草も「え?!」って言うスピードで生えてきます。

Gackyくん曰く「仮に福引きでヨーロッパ旅行が当たっても、『芝の手入れがあるから行けないので、2等のお米10キロにして下さい』って言わなきゃいけないヨ」…。

でも、綺麗な緑になってくるととても嬉しいもの。
それに、この前も書いたけど、何と言ってもこの芝生は建築家の矢作昌生さんと棟梁の宮川さんの特別参加で完成した特別な芝生なのだ。愛着もひとしおなのです。


b0028216_20114853.jpg夕暮れにふと見ると、チビッコが虫取り網を置いて休憩中(笑)。

彼等はさっきまでカマキリとかバッタを一生懸命捕獲していました。

by kazztomo | 2006-07-03 20:05 | 家の中のこと | Comments(12)