<   2006年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧
●シンクロニシティ。
今日はとてもいい事がありました。

私がとても思いをかけていた同胞が、私のところに相談に来てくれて、
この一週間その人の事ばかり考えて、でも大した助けにもなっていないけど、
とにかく一生懸命考えていました。


b0028216_243587.jpgそしたら、あべこべに助けになったのは私の方でした。
私の大切なメリーの為にとてもいいことを教えてくれました。

ここ数年ずっと苦しんでいた事に光が見えました。

こんな偶然、シンクロニシティ、愛情の連鎖があるなんて、
こうやってシアワセや前進がやってくるなんて、
とても素敵で胸がいっぱいになりました。

私ももっと誰かの役に立ちたいと思いました。

本当にありがとうございました。

by kazztomo | 2006-05-28 02:43 | 考え事・つれづれ | Comments(10)
●キセル×フラバルスと夏待ち。
最近レギュラー的にカメラでお呼びがかかっているおかげで、
いいアーティストのライブをいろいろ観れてラッキーな私ですが、
先日は渋谷でキセル×フラバルスの2マンに行って来ました。

b0028216_10443374.jpg最初に登場したのはキセルさん。

こちらはフジロックにも御出演のメジャーアーティストさんなので1枚だけこっそり写真を撮らせていただいちゃいましたが、掲載不可なら御連絡下さい。すいません。

彼等のCDを持ってはいたけれど生で観るのは初めて。
b0028216_10532569.jpg名機808かな?
大きさから言ってもうちょっと小さそうなのでサンプラーでしょうか?ちょっと見えなかったんだけど、ローファイな音がするリズムボックスが大音量でゆるーくボカスカなっている音に合わせてクリアな癒しの歌声。

ギターの音もスプリングリバーブとか、テープエコーが好きな人なんだろうなぁって感じの音色で、これまた非常に雷が遠くからこっちに向かって来るような音色なのです。

それが雷ゴロゴロ、雨ざぁざぁで会場入りした私のココロにジャストフィットしたのでした。

今日の荒天の為にこのサウンド?と言いたくなるようなハマり加減ですっかり幽体離脱しながら聴いていました。幽体離脱してるから立ちっぱなしでも足の裏が痛くないのです(笑)。

そしてあまりに綺麗なコーラスワークだったので凄いなぁと思っていたら、この2人は兄弟だそうで。やっぱり同族コーラスより強いものはナシです。


b0028216_10555913.jpgそして本日の主催者、フラバルスこと黒田さん。

クリアなハイトーンボイスは日本人がとても好きな声。

相変わらずの黒田さんのカリスマオーラ放出っぷりと、それをハートの目で聴き入るマナーの良い優等生系のカワイイ女の子ファン大勢の素敵なショータイムでした。

私も一緒に珠玉のコードチェンジを堪能しながらめくるめいていましたとも。

次回のライブはいよいよ初ワンマン!
7月13日(木) @渋谷O-nest だそうです。


b0028216_1125724.jpgそしてこの前は、ナベチンサポートの夏待ちレスターのライブにも行って来ました。

彼等は、現在イチローさん出演のNTT西日本のCMでCMソングも担当している凄腕アーティストです。西日本エリアの方チェックしてみて下さいね。
東日本エリアの方、リンク先で聴いてあげて下さいね。

私はロック全般はそんなに好きな方ではないのだけれど、いつも紹介しているアーティスト達は何といいますか、ひねくれていてねじれてて(主にコード進行)、その癖メロディーがキャッチーでポップなんですね。そのマジックがとっても好きなんです。

by kazztomo | 2006-05-27 11:08 | 音楽・映画・デザイン | Comments(2)
●病院のはしごをして思ったこと。
母は二月にヘルペス菌が目に入ってしまう「桐沢型ぶどう膜炎」という重病になり手術をしました。
幸いにもこの病気の多くは片眼性で母も残る片目は相変わらずの1.5を誇りますが、
病気になった片目は0.01まで視力が落ちてしまい、ほどんど使えないのだそうです。

病気になったのは仕方ない事なのだけれど、問題はそこでの対処でした。
母はJ大学静岡病院というところに入院し、二週間程様子をみてから手術になりました。せっかく二週間という時間があったにもかかわらず、
ある日急に夜になってから「明日手術をします。」と言われ、
家族の同意書にも「時間がないから夫のサインはアナタが書いちゃって」と
サインをせまったのです。
特にその日に急な病変があった訳ではありませんでした。
動揺して私に電話をかけてきた母に「今から話を聞きに行きたい」と伝えてもらったけれど、断られました。
母は「私はまな板の鯉だから仕方ない」とその時は諦めていました。。

どんな手術かの説明もほとんどナシで、常に聞いた事だけに面倒臭そうに答える医者。
手術後、残った元気な方の目に転移がないかどうかと質問すると
「じゃ、診ましょうか?」
診るのは当たり前、そうじゃなくて将来の転移がないかどうかについて知りたかったけど、何も言ってくれない。
何よりひどいのは「一度も目を見て話してくれなかった」事だそうです。

そんな事が続いて母はJ医大の門をくぐると胸がむかむかして診察の前になると
震えが来たりと、パニック傷害の一種になってしまいました。
この前の検診の時、「目に膜がかかってきてますから来週手術します」
と言われ、前々から強く転院を提案していた私と相談して転院を決意しました。

b0028216_14155192.jpg

転院先の病院は箱根の近所。
私も一緒に行ったので、温泉に寄って帰りました。

私が探した有名な眼科の転院先で、
「手術はしてももう良くはならないのでするかしないかは本人の選択次第という事」、
「健康な方の目には発症の心配はもうないこと」を聞き、
そもそも「桐沢型」という病名さえ初めて聞いて(私はネットで調べて推測して母に説明していた)、母はようやく2ケ月ぶりに明るさを取り戻しました。

そして、月曜には「脊椎間狭窄症」で歩行困難になっている祖父の付き添いで市立病院に行って来ました。
酷い痛みを訴える祖父に、
「もう88歳なら明日の朝冷たくなっててもおかしくない歳なんだから」
「手術なんかしたら死んじゃうよ」
「とうとう腰が壊れちゃったな。もうダメだな。」
「打つ手なんかないよ」
酷い言葉をぶつけてくる医者。耐えかねて
「そんな酷い言い方しないでください」
と言った私に「この人だれ?うるさいな」と言う。

このような医者に対して、どういう手を打つのが良いのだろうと思いました。
転院するのは簡単だけれど、この先同じように誰かのお母さんやおじいちゃんがこういう思いをするのかと思うと、つらいです。

私はそんな事に泣き寝入りするのは嫌なので、
母や祖父が良くなるまで辛抱強くいろいろ調べて努力したいと思います。

皆さんも、自分や家族が病気になって、その先生の人間性や治療方針に疑問を感じたら
必ず速やかにセカンドオピニオンを。

by kazztomo | 2006-05-24 14:09 | 考え事・つれづれ
●わたくし、実家に帰らせていただきました。
妹の家を設計して頂いた平井さんのオープンハウスがあったので建築大好き4人組の母と妹とGackyくんと行って来ました。

今日お邪魔するお宅は、母の絵をいつも買って下さるお客様で、
母の紹介で平井さんにリフォームをお願いする事になったお宅だそうです。

b0028216_20594082.jpg御殿場の246沿いに立てられたこの素朴な看板に、平井さんの芸風…いや作風が表れているようでとても微笑ましい気持ちで中に進みます。
b0028216_2101538.jpgそこは、田園風景の中に立つ入母屋造りの古い大きな一軒家でした。

旅館ですか?というような広大なお庭と駐車場の敷地にびっくり。
b0028216_2112610.jpgこれまた広大な玄関の土間には、無垢の太い古材を再利用したテーブルと椅子が。
さながら「ビフォアア○ター」のようですが、今じゃ中々手に入らない分厚くいい色の木でした。

玄関の脇、見事な庭をのぞめる20畳2間の客間も素晴らしい。


b0028216_2125459.jpgそのついでにちょいと河口湖までお茶を飲みに行って来ました。
b0028216_2131715.jpg湖畔のランチとは出来過ぎのシチュエーション。

でも我らは家族連れ(-.-;)。

あ、写真見てたらなんだかお腹減ってきちゃった。
b0028216_2144054.jpg先日母の日のプレゼントであげたリンドベリ&アラビアのカップ&ソーサー達。

もちろんこれを一度にはとても無理なので、毎年誕生日や母の日に兄弟でお金を出し合ってプレゼントしています。

家に帰ってお茶を飲みながら夜中までマシンガントークファミリー。
私達家族は建築と食器が好きで、そしておしゃべりなのです。

母が退院して(一応)元気になってから初めて帰った実家でした。
得意の天ぷら、地もののお造り、とさながら旅館のような美味しい手料理も最高☆

無条件に実家が好き、というよりも、
やっぱり母のいる家が好きなんだとしみじみ実感しました。

by kazztomo | 2006-05-23 21:13 | モノ | Comments(6)
●写真で観るSGT展ダイジェスト。
SGT@CLUB QUE(下北沢)45分拡大SPを観に行って来ました。
b0028216_15265492.jpg

b0028216_1527177.jpgなおちゃんのパイル地の黄色のシマシマシャツが可愛くて超ウケました。
よくパイルなのに襟が立ったものです。

SGT×QUEの音はとても好き。

オサレなグルーヴィーチューン(笑)な雰囲気を思う存分満喫できるのでありますよ。

45分でもアっと言う間だった…。
最近良い曲が増えて来てなかなかちょっと前のいい曲が聴けないねー。

ぜひまた長いのやってね(笑)。



b0028216_15375788.jpgb0028216_1552081.jpgナベチンのキノコをここの所カットしてあげていませんので、グローイングキノコであります。くしくもパティオースティンのジャケと酷似!


追って昨晩のナベチンサポートの「夏待ちレスター」のライヴフォトもアップします。

彼ら夏待ちレスターがアルバムとは別にレコーディングしたCMソングが、
今日から流れてるらしいです。
NTT西日本なのでそのエリアの方、イチローの出ているNTTのCMをチェックしてみて
下さいねー。こちらでも観れます(聴けます)

by kazztomo | 2006-05-20 15:35 | 音楽・映画・デザイン | Comments(10)
●Mステ→代官山→六本木→帰宅。
b0028216_22435920.jpg金曜日大ちゃんが、絢香さんのサポートで再びミュージックステーションに出演するというので応援しようとテレビを付けました。

ビデオがテレビに繋がってないので、アナログだけど写真を撮っておきました…。
b0028216_2247475.jpgちょうどこの週末に大ちゃんのソロライヴもあったので、Gackyくんと代官山のライブハウスへ。

この日彼は4年ぶりに歌いまして、こっちが緊張してヘンな汗をかいてしまいました(-.-;)。

でもとても素敵でしたよ。
彼のピアノはドラマチックで、繊細で、ウィットに富んでいて、優しい。

あのね、楽器って本当に性格が現れるんですよ、皆さん。
b0028216_2251565.jpgその後矢継ぎ早に仕事の関係で「ベル○ァーレ」に初めて行って来ました。

大ちゃんのピアノで癒されたばかりの耳がまったくついてかなかったのでありました。
b0028216_0657100.jpgで、今日は3連チャン大ちゃん、イマイくん、モガちゃんが来てバーズカフェという彼らの古巣バンドのレコーディング。

深夜零時、スタジオに籠りがんばっているようです。
出来上がり楽しみにしてるね。

b0028216_09567.jpg





ちなみに今日のまかないゴハンはスープカリー。
鶏のがらと生姜で長時間出汁を取って作りました。

これが初挑戦ながら驚くほどンマイのだ。

ぜひみんな食べにきて!ほんと。

by kazztomo | 2006-05-15 22:56 | 音楽・映画・デザイン | Comments(16)
●働き者。
b0028216_16532667.jpgゴールデンウィークが9連休になったGackyくんとメリーの、お休み8日目の姿。

お休み当初はウキウキと日曜大工、バイクの修理&プチ一人旅、ピアノ、マック修理、庭の手入れなどをしていたけど、8日目ともなるとすっかりくさくさしてしまって「早く働きたい…」って言ってベランダでたそがれていました(笑)。

彼は、精神的な導きを必要とするような本や教えがなくても、そういう事あれこれ考えないでも自分の為にも人の為にも良い事ができる数少ない人!

対する私は常に色々考えてないとダメな人間★
b0028216_16592026.jpgメリーはなまけもの。

鼻がベッドの縁にひっかかって反り返ってしまっているのに直そうともしないんだから!

by kazztomo | 2006-05-12 17:03 | 家の中のこと | Comments(11)
●チョイワル?考。
昨日、人の日記で「何故か全員チョイワルオヤジの格好をしたオヤジの軍団と
エレベータで乗り合わせて笑いを堪えるのに大変だった」というものを読んだ。
ノータイで襟立て、ピンクのスカーフをチョロ出ししたりしていたらしい。
しかも、エレベータを降りたら先発チョイワルオヤジが階下には既に大量に
待っており、極め付けは「なぜチョイワルオヤジが白木屋?」。
チョイワル仮装大会だったのか、さもなくばミクシイか何かの「チョイワルオヤジコミュ」のオフ会とかそういう気まずい手合いだったのかという謎掛けで文章は終わって
いて大変面白く読ませて頂いた。

そもそも、チョイワルオヤジというものは集団で居酒屋で呑んだりしないで
基本的にオネーチャンと二人で多少ベタな隠れ家系オサレなお店等で呑んでいそうだ。
集団行動をしている時点で行動がチョイワルでも何でもないのが微笑ましい。

b0028216_0545028.jpg

←見た目はテロリストや爆弾魔に似ているゴクワルオヤジだけれど、中身はとっても善良で理系で精密なGackyくん。

液晶が眼鏡に映るのが日本一似合いマス(笑)

我々の世代は雑誌を読んで真似をしたりするのはやめてしまった世代であるが、
バブル世代の一部は、紺ブレとかチェックメイトとかだったので、
その世代なら今でもファッションマニュアル誌を買ってくれるかも、と言った狙いか。
あの雑誌、まだ売れているのだろうか…。中吊り広告では「今年はチョイロク(チョイロクデナシ)」などと無理くりな新語提起をしていたが。

いずれにしろベタだろうが何だろうがグレー一色の満員電車よりは
ピンクのスカーフやら何やらがいた方が楽しいし、
何よりオヤジが高価な洋服や靴にお金を遣ってくれるのは消費の拡大になって大変良い。

余談だが、以前旧い男友達と呑みに行った時に
「チョイワルオヤジ?バカ言ってんじゃないよ。どの程度ならチョイワルなんだ?
ん?実刑じゃワルだから概ね執行猶予か?そんなんでよかったらいっぱいいるから
紹介するぞ。」などとクダを巻いていてウケた。


b0028216_1125431.jpg我らがClooverasaちゃんあたりが、私の基準での理想のチョイワルかなー(笑)。

妻子もありながら、会社辞めて独立しちゃって、平日に学校休ませて家族でキャンプやハワイに行ったり、珍車をチョクチョク買い替えたり機材やコンガを売ったり買ったりしているのだ。
b0028216_1504132.jpgチョイロク SGTの次回拡大45分ライブは5/18です。みなさんぜひ遊びに来てね☆

by kazztomo | 2006-05-11 00:47 | 考え事・つれづれ | Comments(4)
●GWに知恵熱とホームパーリィ。
GWはいい感じにユルい予定が入っていて楽しかったのだけれど、後半知恵熱を出して救急病院にも行き、2日ほど寝込んでいました。

こう見えて去年の冬から風邪を一度もまだ引いてないのだけど、知恵熱は2回★

悪夢も結構観る方なのですが、内容はかなり地続きでバカバカしいものです。
たいがいその日に観た映画や出来事が反映されるのだけど、「玄関にちゃんと鍵かけたかなー。」って思って寝たら、枕元に知らないオジサンがいて誘拐されちゃう夢とか、そんなヤツ…。下らないけど超コワイ。


b0028216_224678.jpgGW最後の休日には、Gackyくんの中学時代からの友達が遊びに来てくれました。

中学時代には一緒にバンドをやった仲間なのに、今じゃ新聞記者、弁護士、某航空会社、地下鉄運転手(←はイマイくん)プラス私たちというずいぶん変わった顔ぶれです。

たがいに違う業界の情報交換をするのはとても為になるし面白かったなー。
b0028216_2154864.jpgあいにくの悪天候だったので庭BBQは中止して、熱を出しながらも前日からGackyクンにも手伝ってもらい、手料理を仕込んで楽しくおもてなし。

写真は、この前ハレははさんから頂いたタケノコを1時間とぎ汁で煮てから中をくりぬき、くりぬいた中身をみじん切りにして挽肉、ネギと一緒に混ぜて煮る料理。
とーっても美味しかったです。ごちそうさまです!

他はトマトとピーマン、ハーブで煮たチキンとか、おでんとか、得意のキッシュとか、お腹いっぱいメニューでした。


みんな、遊びに来てくれてありがとうね。また来てね。

by kazztomo | 2006-05-10 02:20 | 家の中のこと | Comments(6)
●誰のおかげでシアワセですか?
誰のおかげでシアワセですか?
何のおかげでシアワセですか?

自分の運命でさえ自由にならないけれど、
増してや他人の気持ちや運命など、自分の力で自分の都合よく左右などできない。

だから、誰か(何か)のおかげでシアワセだと感謝するのはとてもいい事だけれど、
それが無くなった時に、

「○○が○○になったせいで不幸になった」とならないよう、
自分の足で立っていたいと思うのでありました。
誰も奪うことの出来ない何かのおかげで、シアワセでありたい、と。

難しいけれどね。
○○○がいてくれるおかげで、私はシアワセだもの。
○○○がいなくなったら、そのせいで私は不幸になるだろう。
愛するものが多くなればなるほど、怖くもなるよね。でも強くもなれるよね。

「おかげ」と「せい」は同じ意味だね。

by kazztomo | 2006-05-06 23:37 | 考え事・つれづれ | Comments(8)