カテゴリ:建築日記( 234 )
●雑誌の取材&撮影でした/SGTアコライブ。
月曜に雑誌の取材があるというので、日曜はバンドのリハが終わった後、
深夜に床掃除などをしてみました。

ぽかぽか暖かい部屋の中で、下僕となって働く我々を尻目に、
メリーは羽根布団に巣を作って寝ています。いい御身分だことよ…。

b0028216_17143347.jpgせっせ。

せっせ。
b0028216_17155114.jpgフランダースの最終回かい?

ね、きみきみ。


そして翌日、建築家の矢作昌生さんもいらして、取材と撮影が行われました。

b0028216_1717280.jpg
メリーもしっかり撮影要請を頂き、各所で大活躍。
慣れたもので決められたアングルでじーっとしててくれます。

そして、久々の必殺ほめ殺しトークに矢作さん照れ照れ。
でも矢作マニアの私としてはここが凄い、これに感謝している、と、止まりません(笑)

あいにくの天気でしたが、室内を中心に掲載する雑誌なのでさほど問題ではないそうです。よかった。しかし、こんなに何ーもない部屋の撮影でよかったのかなぁ?
普段通りもいいところ。普段と違うのは窓拭きと床掃除だけなんですけど…。

発売は新年の予定です。6ページも掲載されるそうですよ。
詳細決まったらお知らせするので立ち読みでもしてみて下さいね!
3LDKの我が家をどうやって6Pに膨らませるのか、編集の方の腕の見せ所だ(笑)。


b0028216_17245719.jpgメリーは矢作さんが大好きで、撫でられてこんな笑顔(笑)。

矢作昌生さんと会えてとても嬉しかった私とメリーでした。
b0028216_1739134.jpg
そしてその後駆け足でSGTのアコースティックライブへ。この日はナベチンお休みです。

アコライブを聴くと、なおちゃんのあまーい声はやっぱアコ向きだなぁってつくづく思うのだけど、エレライブを聴いたら聴いたでこっちのがいいかな、と思うので、どっちも良いのでしょうやはり。いっぱい間違えてたけど、それを帳消しにしてもいい位の(笑)いいライブでした。


b0028216_17412587.jpgそうだ!アコースティクと言えば?!(←わざとらしい)

いよいよ明後日23日(祝)はClooverのアコースティックライブではありませんか♪

新曲2曲携えての超久々ライブ!歌詞は現在鋭意執筆中(-.-)♪

何を隠そう、次またいつやるかわからないうちらの事なので、みなさんぜひぜひお誘い合わせの上遊びに来て下さいね♪

詳細はこちら

by kazztomo | 2006-11-21 17:27 | 建築日記 | Comments(16)
●メリー手術成功しました!
病院から(携帯から)のブログアップが上手く反映されていなかったようですが、
無事手術が終わり、ペーシングが正常に行われ、
麻酔から醒めるところを確認してから今帰宅しました!

● 7時:起床(メリーは早起きできず寝ぼけていましたが無理やり叩き起こす)
● 8時:近所の琴平神社にお参り
●10時:病院に入って検査。
●12時:一旦休憩タイム(車の中でメリーともども昼寝をしてリラックス)
●15時:改めて病院に入って検査
●17時半:ペースメーカーの業者のチェック・麻酔の導入等準備
●18時半:手術開始
●19時半:手術終了
●20時過ぎ:麻酔から醒めました。

gackyくんが手術に立ち会い、(私はとても無理!)かかりつけの村山先生も母校麻布大学にかけつけてくれましたので、とても心強く、安心でした。

メリーの病気の解説を四時間もしてくれて手術を勧め、Pメーカーを手配して下さったNさん、電池がたっぷり残ったペースメーカーを御譲り下さったYさん、
お忙しい中立ち会って下さった村山先生、執刀医の若尾教授、他スタッフの皆さん、
沢山、沢山の応援、念を送ってくれた方、氣を送ってくれた方、お地蔵さんへお参りをしてくれた方、本当にありがとうございました。

手術室に入ってから「今ごろみんな応援してくれてるんだよー」って思って、
みんなの顔や名前をひとりひとり思い浮かべると、とても心強かったです。
メリーはとってもがんばりました。手術が終わった後はフラフラしていたけれど、
真っ赤な唇をして、強心臓に生まれ変わった証拠がちゃんと見えました。

今日は人生の中で一番辛くて泣き通しの長い一日でしたが、
メリーが無事麻酔から醒めたのを見れて、ゆっくり眠れそうです。

本当に本当に本当に、ありがとうございました。

by kazztomo | 2006-08-02 21:39 | 建築日記 | Comments(31)
●一年点検&矢作さんを囲む&メリーがんばれパーティでした。
この家の棟梁宮川さんと、建築家の矢作昌生さんが一年点検に来て下さいました。

不具合は特に何もなく、建具のそりやクロスのすき、木のそり、など、1年目に出やすい問題はほぼ皆無で、内外ともに大変よい状態と診断され、ホっとしました。

b0028216_1571712.jpg
さすが宮川さん!
こういうのってまず施工がいいからなんですって。


検査が無事済んだところで、午後からは矢作昌生さんにお願いして建てたいという方達がご来訪。
グラフィックデザイナーのご主人(スペインはカタルーニャの方)と
画家の奥様、可愛いベイビイのファミリー、
動物病院の先生(ご主人)とイラストレータの奥様のご夫妻、の個性的な2組です。

b0028216_15114274.jpg
カタルーニャのご主人、矢作さんのデザインはスペインの感覚にも非常にマッチしている、と大変お喜び。

ガウディ建築も、中は住みやすいようにリノベされていて、その中の感じが非常に我が家と近いということでした。とりあえず真っ白くてオサレな建築はよく日本にもあるけど、もっとボリューム感と素材感がハッキリした、こういうのがとても良いとのこと。

b0028216_15111220.jpg夕方からは、もう一組、この度工務店が決定して着工間近のまことさんファミリーも来るので、矢作昌生さんが家を説明している間、我らは矢作チーム東京支部の祝賀?パーティの準備です。

Gackyくんのボーナスで買ってきた、成城のめちゃ美味しい焼き肉材料で矢作昌生さんに今日こそ?恩返しだ(笑)!
b0028216_15254270.jpg乾杯!

何に乾杯って、めでたいことはいっぱいあるけど、やっぱり何よりまことさんちの着工祝い!

あと、矢作昌生さんようこそお帰りなさい&メリーがんばれ!
b0028216_15302630.jpgンマイ!

楽しい!

忙しい!(笑)
b0028216_15532024.jpg夜には差し入れいただいたおめざでゆったりコーヒータイム。

獣医先生にもメリーの事をいろいろお伺いできたり、同業者が多かった事もあり、話題は尽きません。みんな素敵な方ばかりで、アっという間に時間が過ぎていった宴でした。

夜更けには矢作昌生さんに会いにナベチンも来訪し、楽しく別モードで呑み直し。
あわただしくもとても楽しい一夜に感謝です。

みなさん、遊びに来て下さってありがとうございました。
そして矢作昌生さん、ぜひまたいつでも泊まりに来て下さいね!

by kazztomo | 2006-07-31 15:46 | 建築日記 | Comments(10)
●土木作業と慰労会(笑)。
b0028216_1122554.jpgコウセイ一座の5人チームが、我が家の残土を捨てるのを手伝ってくれました。

実は竣工時、最後に整地した時に削って出てしまった残土をお隣に置かせて頂いてからずっとそのままになっていました。

それが心の隅に「やらなくちゃなー」ってなったまま1年間。
「そんなんだったらお易い御用だよ」って言ってくれたお言葉に甘えてお願いしました。

ところが、作業はそんなにお易いものではなく、
2t位かな〜と思っていたのが、3トントラックに山盛りでも入らない!

大変な作業でした。本当にどうもありがとう。

b0028216_1185924.jpg彼等が作業してくれている間、
私はまかない料理で腕まくり。

ゆでブロック豚豆板醤ネギソースサラダと、18番のキッシュ、そしてこの前作って美味しかったので2度目の挑戦のスープカリー他です。

もちろんまた鶏ガラとしょうがで長時間だしを取って作った力作です。
ゆで豚も1時間半ゆで続け。
b0028216_121460.jpg流石5人もいたので作業は3時間程で終了!

みんなで交代でシャワーを浴びてもらって打ち上げです。

こういう時のビールって世の中で一番旨いんじゃないでしょうか。
気持ちいい風。そよ風。

(↑私は下戸なのでビールもそこそこにひとりお先にカレー)

b0028216_1223455.jpg今度はコウセイくんたちの作業をみんなで一緒にがんばりまして、夜中にカレータイム。

夜食のカレーってすごく美味しい。

(←Gackyくんにつっこまれたので解説しますと、私またカレー食べてます。2回ともおかわりもした…)

いろいろ語りあっちゃったりもして、良い日でした。
みなさん本当にどうもありがとう☆


b0028216_1294910.jpg残土が片付いたのと家の誕生日に合わせて、この土日は庭のメンテナンスをいろいろしました。

芝生が生えない軒下の一番奥に枕木を多少不規則な感じで埋込み、デッキの代わりとしました。周りの生えそうなところには何枚か芝生を足します。

隣が空き地で雑草がすごいので、信じられない位の勢いで雑草が蔓延ります。
でも宮川さんと矢作昌生さんと一緒に植えた貴重な芝生。
大切にメンテナンスをして綺麗なグリーンを保つように楽しみながらやってます。
(↑土に見える所は低い所に目土を入れた状態なんですよ。ハゲじゃありません。)
そして何よりメリーが「さんぽ」より大好きな「おにわ」だからね。
(「おにわ」って言うとシクシク泣きながら階下に走って縁側の窓に突撃します)

by kazztomo | 2006-06-26 01:24 | 建築日記 | Comments(10)
●家とGackyくんの誕生日。
b0028216_0542489.jpgメリーが「3日間耐久ホルター心電図我慢大会」(詳細はメリーブログ)の為、おかしな「心電図ポケット」のついた衣裳で身体に電極を付けてがんばっている今日は、

相方Gackyくんとおウチの誕生日。


去年の今日引越しました。
早いものでもう1年。アっと言う間ではありますがだいぶ落ち着いてきました。
…引越してから何も物増えてないし、まったく変わりませんが(´∀`)。


b0028216_111241.jpgなので、今日は、世田谷の『普段からこんな肉食べれる人いるの?』という値段のする焼肉材料店に買い出しに行き、三角ベランダに出て焼肉祝いとなりました。

連日深夜帰宅のGackyくん、今日は恩赦(?)という事で、
暑くもなく寒くもない今宵、深夜10時からの焼肉祝いです。

家に向かっても乾杯!
1年間ありがとう。

矢作昌生さん、宮川さん本当に本当にありがとうございます。

これからもさらに大切にしますからね☆

b0028216_154748.jpg今日は夏至という事で、世間ではキャンドルナイトが行われていますね。

我が家も肉の焼き色が見えないと困るので(笑)キャンドルではありませんでしたが、部屋の灯りを消してのんびり。

かけていたCDが終わったら、枯れ葉が地面に落ちる音も聴こえる……素敵な静寂の夜でした。

Gackyくん誕生日おめでとう。
いつもありがとうね。

by kazztomo | 2006-06-21 01:08 | 建築日記 | Comments(18)
●凝り性と脳内モルヒネ考。
私の友人は凝り性な人ばかりだ。
そこで、常々彼らを見ていて「私ももっと凝り性になりたいなぁ」と思っていたが、
「キミも相当な凝り性だと思うけどな」との事。
「より凝り性な人」を羨ましがったりしている時点で既に凝り性ぎみなのだろうか。
「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」 の刷り込みか?…。)

それなら私は「しらみつぶし型凝り性」であり「コレクタータイプ凝り性」ではない。
現在もビンテージ食器以外集めているものはこれと言ってないが、
1つのモノを選ぶのにしつこいからだ。

b0028216_14585684.jpg例えば、家を建築する時には
「全国のタイル」、「世界の蛇口」、
「床の木材全種類」などに悩まされた。
国内に代理店を持つ有名どころで手を打っておけば良いのに、「デンマークから並行輸入でしか手に入らない蛇口」などを探してきては、実物をどうしても見てみたいなどと思いつめてしまい、結局本当に見れるまでがんばってしまうので結構大変だ。
タイルも同様で、白いモザイクタイルのサンプルばかりダンボールで何箱もサンプルが集まってしまった。


音楽作業(殊に録音作業の時)などにももちろんこの性格は如実に表れる。
小さな事にもこだわってしまい、サウンドがある程度気に入った感じになっても、
一応一通りの「効果」等を試さないと気が済まないのだ。
作曲時のシンプルなコード進行から溢れ出す無数のメロディーの中から
どれを選択するか……これも楽しくも悩ましい。

しかしこんな性癖も、「凝り性」というより「もっといいのがあったんじゃ」と
後からクヨクヨしてしまうのが嫌でつい調べてしまうのだと思っている。

そもそも矢作昌生さんに自宅建築をお願いする時もそうだった。
建築ミーハーな私は、毎週オゾン館に通って資料を集め、
沢山のスター建築家を検討した。
しかも検討しただけでなく、実際に候補に挙げた皆様に御会いさせて頂いた。
有名建築家さんに建築をお願いする為に会いに行く機会なんて人生にまたとないし、
おまけに私はきっとそうでもしないと、どれだけ素敵な人にお願いしても、
「あの人の方がもっと良い家を建ててくれたんじゃ…」などと思う、
タチの悪い仕方のない人間なのだ。
でもそれが功を奏して今とても満足しているのだから、まぁ良しとしよう。

竣工から早もうじき1年。
そうやって出会った方にお願いして創って頂いたイエに、
そうやってバカみたいに調べて選んだモノ達に囲まれて暮らし、
各界凝り性の友人と面白おかしい話を肴にお酒やお茶をするのは
あくまで私にとっては…であるが、とってもとっても快楽である。
b0028216_14591847.jpg

by kazztomo | 2006-06-14 14:59 | 建築日記 | Comments(8)
●住宅ローン減税。
住宅ローン減税を申請してみました。
忘れないうちにここにまとめておきます。
興味のない方はスルーしてね。

住宅ローン減税は簡単に言えばご存じ、「年末のローン残高の1%が返ってくる」減税ですよね。年末に4000万円の残高があれば(銀行が残高証明書を年末年始あたりに必ず送ってきます)40万円までの減税が受けられるって訳です。

でも、正確には「年末のロ−ン残高」と「土地建物の購入価格の内の登記上の持分の額」の『どちらか低い方』の1%です。

例/合計5000万円の物件の内の3/5が彼の持分だった場合は3000万円の1%で30万円
  ローン残高が4000万円あっても40万円までとはならない。

もちろんいずれにしろ、源泉徴収票を見れば一目瞭然ながら、そんなに税金を払っていない人は最大で自分が払った全額までしか還付されないのは当たり前ですよね(笑)

そして、共働き夫婦の場合などで「共同債務」という形を取った場合は
二人でローンの持分を持って返済してゆき、お互いが減税を受けられるようにすると夫妻で減税が受けられる為、めいっぱい減税を生かせるなんて言いますよね。

我が家の場合、持分は二人で分け合っていますが、個人事業者である私は共同債務という形でのローン審査は降りず、彼1人で組む事になり、私はただの連帯保証人です。
つまり「借金は全部彼の物」です。

うちの場合は、最初に書いた『年末のローン残高よりも彼の購入時価格から割り出した持分比率の方が低い』タイプだったので、ヒヤリとしました…が、どのみち納税額がさほどでもないので、全額が還付されるに違いなくて関係ありませんでした(笑)

尚、個人事業者である私は、今迄経費計上できていた「家賃(の内の事業使用分)」が、ローンを所持していないという事になると経費計上できなくなる危機に陥りそうになりました。
かと言って、私が彼に家賃を払っているという事にしてしまうと、彼は不動産収入のある人という事になってしまい、年末に確定申告で不動産収入に伴う納税なんてしなくちゃならなくなる!これはありえないし、困ります。

でも、私は持分を持っていたのでその持分の額(建物のみしか適用されないそうな)を減価償却(木造の場合24年)という形で経費計上できる事になりました。
つまり、持分を余り持ち過ぎると彼のローン減税に響くし、持たな過ぎると今度は経費にならない。微妙なバランスが効を奏して節税的には結果成功でした。

また、持分は贈与税にも微妙にからんできます。

持分って大事だったんだなぁ、というお話でした。

by kazztomo | 2006-03-15 00:29 | 建築日記 | Comments(1)
●ツッコミどころ満載でした。
昨日は「住まいの極意」という家番組で30分我が家を紹介していただきました。(リンク先で紹介されています)
ツッコミどころ満載の爆笑オンエアチェックとなりました。

が、なんと放映日が4/1に決まっていた渡○篤史さんの「建もの○訪」という番組の
オンエアが、競合番組という事で残念ながら取り止めになってしまいました…(泣)。
とても楽しみにしていたので残念です★
矢作さん設計の他のお家が紹介されるといいな〜。楽しみにしてますね。


b0028216_242115.jpg
みんなで集まってオンエアチェック鍋大会をしました。

うちは、テレビをあまり観ないのでまだアンテナを引いてません。
室内アンテナ大活躍で、小さな古いテレビにみんな集まって観ています。
いつの時代の人でありましょうか。

b0028216_212047.jpg私たちのやっているフリーソウル系のバンドCloover(クルーバー)も早速登場。
音も流してもらいました。

ちなみに、上の写真でしゃがんでテレビをみているのはメンバーの面々であります。
b0028216_2301012.jpg芸達者なメリーの演技に大爆笑の一同。
動物番組ですか?という程特集して頂いて、親バカ的には御満悦です。

メリー専用ブログはこちら
b0028216_2353325.jpgカズミくんもいっぱい登場。

ジェントルメン風(というより係員風)のシャベリにみんなツッコミまくり。

私のシャベリは思いきり素で、緊張感まるでナシの妙にこなれている感じがおかしいんだってみんな笑うのです。

ちなみにカズミくん専用ブログはこちら
b0028216_2182917.jpg一度は壊れかけたこのテレビ。カズミくんが直してまた復活しました。

テレビでウチのテレビを見るのもなかなかない機会です。
b0028216_2194167.jpg








←今気づいたけど、例のアレがショックでカズミくん、背中丸めてションボリ顔…(笑)
放映が終わって、みんなで夜中まで鍋大会。

Clooverのメンバーの他に、タンゴダンサーのリナちゃん、ジャズシンガーの英珠ちゃん、ベーシストの田中くんも一緒。楽しかったね〜☆

by kazztomo | 2006-02-12 02:26 | 建築日記 | Comments(19)
●拝啓、 矢作昌生さん。
拝啓、
矢作昌生さん

矢作昌生さんとの出会いはもうかれこれ2年半前の2003年の夏でしたね。
あの時、お互い少し緊張していたけど、色々な話している内に
アッという間に打ち解けましたね。
矢作昌生さんにぜひ設計をお願いしたいと、私たちが思っていた以上の方だと感じ、
自分達の鼻が効くのを嬉しく思いました。


b0028216_15332173.jpg最初に家の模型を見せてくれたのは、それから数カ月後。

ヘの字型の土地にヘの字型の家。先月衝動買いしたばかりの土地の真ん中にチョコンと模型を置いて写真を撮りましたね。
感動して私がちょっと泣いちゃったの、憶えていますか?

それから、いろいろ大変な事がありましたね。
防音スタジオの計画の難しさ、鉄骨が急に値上がりして急遽木造に変更した事、
最初の見積りで予算が倍だった事(笑)…。

でも私たちの信頼関係は一度も揺らぐ事もなくますます強くなっていったように思います。

矢作昌生さん(九州)とこちら(神奈川)の距離は、このブログで建築日記を始めて、却って密接なものになっていきましたよね。

去年5月末に完成してから、早9ケ月経ちました。

私たちの希望をタイトな予算の中で一つもダメにする事なく叶えてくれて、
その上無理かと諦めていた私たちに「どうせならちゃんとスタジオ作りましょう」と
励ましてくれて完成した9畳の防音スタジオ。

b0028216_1540118.jpg音楽仲間総出でスタジオの内装をさせてもらったのも貴重な経験でした
そのせいでしょうか、「この部屋にはいいエネルギーが満ちてる」って、スタジオを使ってくれるミュージシャン仲間が喜んでくれています。

予想以上に人が沢山たくさん集まってくれる我が家になりました。

「いい家だね」って誉められても「そんな事ないです」なんて謙遜した事一度もありませんよ。「そうですね、いい家ですね。」って言いますよ。
完成後一番風呂に入ってもらった棟梁の宮川さん、2番風呂の矢作昌生さん(笑)が作ってくれた我が家の事、謙遜なんて、できません。

b0028216_1559137.jpg家が完成した日、最後に矢作さんと宮川さんと友達と一緒に芝生を植えて、
b0028216_15575668.jpg終わった瞬間にあがった虹をみんなで見上げて。

アレは最高の演出でしたね。

千載一遇の出会いであったと、感謝してやみません。

本当にありがとうございます。
これからも末永く仲良くして下さいね。

では、また近い内に。
by kazztomo | 2006-02-11 15:28 | 建築日記 | Comments(14)
●撮了&オンエア日決定。Clooverもチョット出ます(笑)。
今日は、先週に引き続き、家番組の撮影でした。
「住まいの極意」という田中律子さんがナビゲーターをされているテレビ東京の番組です。

関東地方でのオンエア日は2月11日(土)の夜18:30〜19:00。
(関東以外でもオンエアされる地域があるそうなので、わかり次第お知らせしますね)

30分間で1軒の家を特集する番組です。普段はとても大きな家が多く、
狭い我が家で持つのかなぁとちょっと恐縮。

b0028216_16112824.jpg今日は撮影2日目。

先週は大雨の中、田中律子さんと一緒に撮影でした。
今日はブツドリ中心です。


メリーは、三脚の脚に傷防止の為に付けられたテニスボールに興味津々。

でもメリーのじゃないよ。残念だね。

b0028216_1693713.jpgリビングの6メートル収納を撮影中。

ムービーのカメラマンさんってカッコイイなぁ。

散らかっててごめんなさい…。

b0028216_1694686.jpgトイレや、スイッチコーナーなどを撮影中。

トイレのメリー専用出入口を使う彼女の姿も撮影。

一番いい演技していて、スタッフの皆さん大笑いです。

b0028216_1692697.jpgスタジオも撮影。

b0028216_1610792.jpg今日はClooverのメンバーにも集まってもらって、スタジオで遊んでいる所の撮影です。

b0028216_16101965.jpg音も少し流していただけるというお話で…

私たち放送コードにひっかからない演奏が出来たのでしょうか…(笑)。

みなさん、ツッコミどころ満載な収録になったと思いますので、今からビデオの予約でもして(ウチは録画できないので、皆さんよろしくです)ぜひぜひチェックしてみて下さいね〜☆

前後の記事も読む(ブログトップへ)

by kazztomo | 2006-01-23 16:33 | 建築日記 | Comments(17)