カテゴリ:モノ( 90 )
コーヒーとお茶の時間を楽しくする道具達。
b0028216_15132343.jpg1968年にBODAより発売された、シグネ・ペリソン・メリンデザインのコルク蓋付きガラスジャー。

何しろ手仕事なので、まったく同じ形のものはないのです。

密封具合も物によって違うのですが、今回見つけたものはバッチリ密封出来るので、すぐに飲む分の豆をここにストックしています。

designer Signe Persson-Melin
maker Boda(SWEDEN)

b0028216_1541562.jpgそして、同じSigne Persson-Melinの1971年デザイン、ティーポットとヒートホルダーです。

耐熱ガラス、ステンレス、コルクと異素材を組み合わせ、それぞれの素材の特性を生かした機能的なティーポットです。

ティーポットの下のヒートホルダーにキャンドルを置いて保温できるようになっていて、サイズが合えば他のものでも保温出来るので便利。

何より、夜にお部屋を暗めにするか、冬じゃなければベランダに出て綺麗な色のティーを煎れてポット全体がライトアップされた時は、そりゃもう感激の美しさ。

designer Signe Persson-Melin
maker BodaNova(SWEDEN)

b0028216_15281122.jpgこちらは、先日の鎌倉探訪の際に、珈琲専門店のdoisで購入したオリジナルのコーヒーポットです。

ドリップの際に点滴〜チョロチョロがとっても楽に出来るように研究されつくされた逸品です。

コーヒー専用ポットは、その用途ゆえ、注ぎ口の形があまり好きじゃない曲線にカーブしているのですが、マットにペイントされたこれなら出しておいてもすてきです。
b0028216_15334974.jpgこちらはティータイムの道具ではありませんが、先日、学生時代の友達(現在ベトナム在住)がウチに来た時プレゼントしてくれた、彼女自身がデザインした水牛の角を使った箸置きとれんげ。

透き通った何とも言えない美しい色の品々です。

ひろちゃんがセレクト又はデザインした洋服や雑貨達は、griot.@茅ヶ崎(有元くるみさん)や、coya@逗子(根本きこさん)、ユナイテッドアローズなどで扱われています(ベトナム製のものはほとんど彼女のもの)。

b0028216_1556339.jpgそしてこちらは先日紹介したHeikki OrvolaのFINELのケトルとKONO(桜)のコーヒードリッパー。

ヴィンテージのガラス製品には手を出さないようにしようと我慢してきたのに、
(割れやすいのでね)陶器とはまた違う魅力に目覚めてしまい、困っています。
てんで自己満足の趣味だけど、みんなのお茶の時間は格段に楽しくなったからいいよね。

by kazztomo | 2008-12-14 15:52 | モノ | Comments(14)
プチリフォーム設計第二弾!(大笑いオマケ付き)
なんとも嬉しいことに、友人あっちゃんから依頼を受けて、
彼女のキッチン食器棚の設計を承りました。
施工はもちろん我が家の大棟梁宮川さんです☆☆☆

対面式(半独立式)のキッチンの背面には、造り付けのパソコンテーブルがあり、
パソコンの横には小さな食器棚が置かれていました。
元々かなり窮屈だった食器棚。それに加え、ご主人のご両親との同居を間近に控え、
食器棚や調理器具の収納を増やす必要がありました。

b0028216_1641128.jpg
そこで考えたのが上記のような壁付けの吊り棚。

下には今まで置き場所がなかったゴミ箱を3つ並べて収納できるだけのスペースを確保。
中間部分にはレンジや炊飯器などの調理器具をちょうど置けるだけの場所を用意しました。
(新しく作る部分はピンク色の部分です。)
ついでにウチと同じようなCDの棚が欲しいということだったので、
我が家そのままではございますが(笑)、
パソコンの上に邪魔にならないように配置しました。


b0028216_16502961.jpgそうして出来上がったのがこちら☆
パソコンの上のデッドスペースが全部収納になった上に、天井まで全部造り付け。
スッキリした仕上がりと大容量を喜んでくれました。
パソコン使用時に圧迫感を与えないように&キッチンの広さと動線を考えて、
奥行きは無駄に出さないようにした上に、
ゴミ箱やしまいきれなかったものが全部入ったので
今までよりもずっとキッチンが広く明るくなりました。


b0028216_17191933.jpgちなみに第一弾はこちら!
(o_chiro家の洗面室)



リフォームは既存のおうちへ改良を施すので、施主の好みだけではなく
家の雰囲気から浮かないように、元々あるものに馴染むように考えるようにしています。
ごくシンプルですが、小さな場所に大きな変化。
あっちゃんの喜んだ顔を見たら、嬉しい&ホっとしました。
まかせてくれてありがとうね、あっちゃん。
そして、相変わらず素晴らしい腕の宮川さん、本当にありがとうございました。

あ〜楽しかった!またやりたいなぁ。
どこへでもホイホイ伺います☆

------------------------------------------------------------------------------------------

※オマケ

大爆笑(していいのか?)なオマケ!ぜひリンク先に飛んでみてね。
sharaさんのブログに紹介されていた、「ありえない!ドバイの建築現場の真実」の記事
うーん。いろんな意味で砂上の楼閣でございますね…。

by kazztomo | 2008-12-05 17:01 | モノ | Comments(22)
コーヒードリッパーとケトルを買いました。
b0028216_23111161.jpgHeikki Orvolaデザインの
FINELのケトルを
とうとう手に入れました。

そして、これまた
長いこと悩んでいた
コーヒードリッパーは
KONO式にひとまず決定。

ケメックスと迷った結果、
KONOのがメンテが楽そう
&容量がちょうどいいから
&妹がこれでいれてくれて
すごく美味しかったから
決めました。

Heikki Orvolaのケトルは、以前から欲しい欲しいとつけ狙っていた代物ですが、
なかなか良いコンディションのものに出会えなかったのと、
ケトルはそう何個も要るものでないし、
使用頻度が高くて毎日外に出しておくものだったので、
それを何にするかは、長いこと楽しく悩んでいました。
(minoriさん、レビューありがとう♪)

あまりにうちのイメージに合いすぎてて照れくさく、ちょっとニヤけてしまいますが、
とってもしあわせです。

コーヒーは残念ながら私はほとんど飲めませんが、gackyくんが大好きで
がんばって美味しいのをいれられるようにするって言っているので、
そのあかつきにはみなさん飲みに来てね。

by kazztomo | 2008-11-24 23:21 | モノ | Comments(14)
長い軒を楽しむ暮らし。妹の家に遊びに行きました。
b0028216_1123527.jpg
妹は、ちょうど我が家とほぼ同時に竣工した築3年の家に住んでいます。

建築当時、予算がなくて出来なかった「長い庇を楽しむ暮らし」を先日実現しました。
具体的には、約3メートルという長い軒を出して、デッキの周りにレンガを敷いたのと、
家の外周をぐるりと高い杉の炭黒の木の塀で覆ったのが増築部分です。


b0028216_118348.jpg久しぶりだなー。
山の空気が気持ちいい!
別荘地みたいな匂いがするぞ。
(静岡です)

b0028216_1191779.jpg玄関には何やらしゅっとした植物が生えていて、旅館の入口みたいでいいなー。

b0028216_11102038.jpgご近所さんからの
視線が気になるそうで、
高さ180センチ。

悲願の木塀です。

ここを奥へ入っていくと
お庭に行けます。

b0028216_11122032.jpg軒の内側は
あえて無垢の木の質感を
残しているので
明るい印象です。
b0028216_1117119.jpg
噂に聞いていた通りの長い軒。

ここは西向きなのでこの軒が大活躍。もちろん夏の直射日光は一切入りません。
母のやった軒のアイディアを見てとうとう改築を決意したそうな。
実家の改築部分と同じ、平井さんの設計です。

b0028216_11182922.jpgレンガが涼しくて清潔な印象です。貼り方がとても可愛い。

b0028216_11193333.jpgリビングからいい匂いがしてきたから中へ入ろ。

b0028216_11202685.jpgコーヒー豆をミルで挽いてる匂いでした。

ちょうどコーヒーグッズを検討中だったgackyくん、興味しんしん。

b0028216_11221499.jpgむくむく膨らんだらお湯をゆっくりゆっくり注ぐと、美味しいコーヒーが出来上がり。

b0028216_11233546.jpg
コーヒーを待つケーキです。

b0028216_11243691.jpg
ウェグナーのイージ−チェアも仲間入りしていました。

外でお茶を飲めるのはもちろん、夜でも気にせず開けておけるのが最高だそうです。
よかったね、なおみちゃん♪また遊びに行くよ。

詳しい写真は妹のブログへ。
by kazztomo | 2008-11-12 11:25 | モノ | Comments(15)
久々のお宝。
b0028216_1319992.jpgmaker : Nuutajarvi 
design : Kaj franck

さすが、グラスの巨匠
カイ・フランク!
ころんとした三角形の
厚みが違う造形により、
ガラスの色の陰影や濃淡を
最高に美しく
演出しています。

6個のボウルを
こうやって好きなように
楽しく並べてみると、
ますますカイフランクの
光の表現の秀逸さを実感!

ああ、グラスには
手を出さないようにと
思っていたのについ。

b0028216_13165138.jpgこのシリーズはパッケージのデザインもKaj Frank自身が手がけていて、運のいいことに、今回はパッケージごと、ほぼデッドストックの状態で手に入れました。(50〜60年代)
b0028216_13172764.jpgブラークマンのキャビネットとも、仲良くやってくれ。(ご満悦)

by kazztomo | 2008-11-06 13:18 | モノ | Comments(16)
もみじ市へ。こんなに良い催しだったのね。
b0028216_12184390.jpg近所の多摩川沿いで開催された
もみじ市へ出かけてきました。

ここ数年、やっているのは知っていたけど、全然行けてなかったので、今年やっと初参加です。

現場でアニキ(♀)と合流、gackyくんと3人で適当にウロウロ。

b0028216_12193763.jpgへえ。キセルとかも出るんだ。
b0028216_12205883.jpg
会場は今にも泣き出しそうな空だったけれど、結構なお客さんが集まっていましたよ。
ちょうど多摩川とぴったりののんびりサウンド、キセルのライブ中でした。


b0028216_12222626.jpgオーダーメイドの
靴職人さんのお店。


gackyくん超興味しんしんですが、
「このブーツが45000円は割に合わないなぁ。」と、絶賛でした。

いいお仕事です。

b0028216_12242636.jpg木製のランプシェードとお皿。
奥様がやっているひなた焼菓子店(町田)で、ご主人の作品も売られているそうです。

b0028216_1227413.jpg使えば使う程味が出そうな土鍋。
b0028216_12273732.jpgうすはりガラスの手づくりの小さな食器たち。

ここで、母に小さな一輪挿しを買いました。
b0028216_0221314.jpgこの小さなスツールと、
b0028216_0232010.jpgそれに「はりさし」のようなクッションが付いているこのスツールは、
まるで河原に生えたキノコのように馴染んでいましたよ。

b0028216_0255514.jpg木製まな板も使い勝手がとっても良さそう。
b0028216_027422.jpgレモンの種類が選べるレモネードや
手作りジンジャーエールを美味しく頂いてこの場を後にしました。
b0028216_0315775.jpg私達より一足先に会場を出ていたo_chiroちゃんたち(他6名)と合流。

カメラマンのkatuちゃんのヴィンテージカメラにかぶりつきそうになる、相変わらずジャイアンキャラ炸裂なハルトンのカットでしめさせて頂きます。

もみじ市、初めて行ったけど、とても気に入りました。
来年はこういうのが私より好きな母と妹を連れて行ってあげたいなぁ。
お店の人もお客さんもみーんな写真に撮りたいほどかわいらしい
「ザ・天然生活」なひとばかりでした。
お店の人はみんな動きも口調も丁寧で穏やか。
見習いたいなぁ。行列になっていても気にしないあのスローな動き!(笑)。
とにかく、近所でこういう催しがあるのは嬉しい限りです。

by kazztomo | 2008-10-28 00:38 | モノ | Comments(24)
森の隠れ家カフェ.....とらや工房へ。
先日、gackyくんが4連休を取れたので、平日のお休みを利用して、
御殿場のアウトレットと「とらや工房」(設計:内藤廣氏)に行ってきました。

ここは母に教えてもらいました。(彼女はすっかり常連化しています。)
昨年オープンしたばかりですが、一般的な広告は一切しないで、
クチコミ、またはブログなど人づてのみで、人を呼んでいる実験的なカフェという事で、
この日も私たちの他には2組ほどしか居ませんでした。
アウトレットの大渋滞&大混雑がウソのようです。

b0028216_1245659.jpgのっけからこんな!

そこからくねくねとカーブした美しい散歩道を奥へ進むと....
b0028216_1515634.jpg森の奥に高さを抑えた良さそうな建物が見えて来ました。

はやる心を落ち着かせつつ、ゆっくり歩いてやっと工房&カフェに到着です。

b0028216_1282455.jpg炭黒のガルバリウム鋼板と無垢の木貼りが美しくカーブを描く建物。

柔らかい光が差し込む回廊を進むと、右手にはお菓子の工房、
さらに進むとカフェの入口になります。

b0028216_1323265.jpg暑くも寒くもないこの日はもちろんテラス席を選択。

b0028216_1335878.jpgテラス席と言っても、このように屋根付きです。

ちょうど雨上がり時で、しんしんと草木と高原のいい匂いが漂っています。

b0028216_1351456.jpgおしることあんみつ。

このような喫茶メニュー以外にも、お店で買った和菓子を頂くことも出来ます。

b0028216_1371024.jpg
ずーっとここに居たいと思える空間でした。
かくもデザイン×自然は人を豊かでシアワセな気持ちにしてくれるのだなぁ。

この日は、アウトレットでも珍しく良い物をいろいろ見つけて大満足の休日でした。

by kazztomo | 2008-09-27 01:40 | モノ | Comments(14)
手作りの革バッグを作りました。
b0028216_2118537.jpggackyクンの趣味特技の一つ、
「革細工」。

先日、ふたりの記念日だったので、この日に間に合うようにとウエストバッグを作ってもらいましたよ。

デザインはふたりで考えました。
実制作はもちろんgackyくんに丸投げです。


b0028216_21205634.jpg仕事から帰って夜なべして(笑)、ひと針ひと針手縫いでちくたく縫っていきます。良く見てみると針が右手に一本左手に一本(糸の両端に針)なんですよね。

猫背が進むからその姿勢、何とかならないもんかね。

b0028216_21231211.jpg【コーディネイト例1】

縫う事数日にして、彼の根気ある性格をフルに活かした(笑)革ウエストバッグが完成!

二人で共用できるサイズにしましたよ。
一番右が携帯(インフォバーだから長い)、真ん中がお財布、左がその他小物入れです。

b0028216_2124027.jpg【コーディネイト例2】

私が肩こりでバッグを持ちたがらない→気がつくと、誰かが一緒の時は人のバッグに財布を入れてもらって手ぶらで出掛けようとしている(のがみっともないとgackyくんが反対している)ので、その対策がメインの目的だそうです(-.-;)

実際、カメラの時など、
手ぶらになりたい時の
アイテムとしても役立ちそう。

鏡を見ないで何だか上めに付けちゃったみたいで…探検隊みたいに…
見えないよね!
あ、それはカーキのショートパンツのせいか。


b0028216_2201236.jpg【コーディネイト例3】

いつものメリーもちょっとクールに…
ではなく、単純にイヤそうです。

gackyくん、ありがとう☆
これからも仲良く楽しくよろしくね〜♪

あ、今もれなく革細工熱が盛り上がっているそうなので、
自分デザインの革製品が欲しい方、お安く承りますよ(笑)。

by kazztomo | 2008-08-21 21:26 | モノ | Comments(20)
涼景。
b0028216_12543910.jpg
実家に帰ると、夏の風景に様変わりしていました。

改築したばかりの時はまだ庭も形づくられていませんでしたが、
半年経ってだいぶ庭がそれらしくなってきていました。

金魚は猫が居るのでダメなので、オレンジのガラスの箸置きを入れといたそうです。
その奥に見えるのはススキ。

b0028216_12565341.jpg
陽が落ちる寸前の庭が一番綺麗でした。

b0028216_12582849.jpg
何もなかったこのスペースにも、古いミシン台が入って読書スペースになっていました。

b0028216_131327.jpg
庭仕事の道具たち。軒を長くしたのは大正解で、ここで色々出来て本当に良いそうです。

b0028216_1331629.jpg
私の嫌煙の起源でもある父の喫煙ですが、この場所で吸っているのを見ると(この場所でしか吸えない)たばこも悪くないんだろーなと情け?を掛けたくなるのでした(笑)。


b0028216_1345862.jpg今、実家の方ではお盆です。

祖父の初盆を機にお仏壇を祖父の二世帯住居から本宅に移しました。
おじいちゃん帰って来ているかな。

みんな仲良く元気にやっています。

by kazztomo | 2008-07-13 13:09 | モノ | Comments(8)
サイドボードの中身。収納のおきて。
b0028216_17501156.jpg
船便でオランダからどんぶらこしたこのCees Braakmanのサイドボード。

b0028216_17522059.jpg
中身はこんな風になりました。
カップ&ソーサーとセットのケーキプレートがかなりの数収納できました。

今まで三段積みにしていて、いつ取り落としてもおかしくない状況にあったので、
それに比べたらとてもゆとりある収納で大満足。

母の口癖の1つ。「収納は引き出しもキャビネットも一律7割まで!
それを超えると、使う方も気づかないうちにストレスに陥っているのよ。」って。
その通りだと思います。

わかっているけどついつい増えちゃう…!

by kazztomo | 2008-06-26 17:53 | モノ | Comments(14)