カテゴリ:クルマ(93,Xm,BX)( 57 )
メインアキュームとタイヤ交換。
b0028216_23433880.jpg
先週の超楽しかった代官山カフェ→外苑ランチにて。(私のXmは代官山に駐車中で不在)
                                  photo : ©okaki

旅行記のロマンチックな余韻をバッサリでごめんなさい。
以下、Xm備忘録的な内容です。(ブログにしか記録残してないので忘れないうちに。)

◆メインアキューム交換(77000キロ)

前回のサス4球交換に次いで、メイン球を交換しました。
乗り心地には影響がない…?はず…?と言われているそうですが、
うわさ通り、しっかり乗り心地が良くなりました。
言葉では表現しづらいのですが、一体感が出たような滑らかな感じと言うか…。
コンフォート球の柔らかさと、後期型のXmの硬さ(比較対象は中期型)が
バラバラだなぁと感じていたのが、少し良くなりました。
ステアリングの感じ(変に途中から重い感じ)も良くなったような…?
もっと馴染ませたい…アド球の交換をしたら良くなる?
諸先輩方のアドバイスを頂きながら、より満足の行く乗り心地を追求したいと思います。

◆タイヤ交換(77200キロ)

初期型ホイールを入手次第のつもりでしたが難航中にて、待ちきれず先週交換。
タイヤはミシュランパイロットプライマシー。Xmにはコレ!とお勧めして下さる方が
多かったのと、新品型落ち(現在廃番の為)が安価で手に入ったので迷わず購入。
(購入時に履いていたのは、ミシュランMXV8。もうだいぶ減ってました。)
コンフォート球装着のXmは、私にとって高速やコーナーで
ちょっとドキドキすることもあるので、タイヤがしっかりグリップしてくれると
安心感・安定感がまるで違います。新品なので当然ゴムゴムしててシアワセだしね。
Xmのタイヤを履き替えるのは初めてなので詳しいことはサッパリですが、
とにかく今回のタイヤはXmに相性が良いそうなので、馴染む頃が楽しみです。

【今後の課題】
◆ホイール探し。(初期型のもの)
◆後部座席とリアのスモークフィルムを剥がして、全窓透明のUVフィルムを貼る。
◆ガラスコーティングを掛ける。
◆アディショナルスフィア交換。
◆オーディオとスピーカー交換。
◆次回ブレーキパッド交換時にはローターも。

【前回までのモディファイ】
◆コンフォートスフェアに4球交換(74000キロ)
◆アッシュ(a.s.h)ATF交換(75000キロ)
◆アッシュ(a.s.h)エンジンオイル交換(75500キロ)
◆LHM全量交換(とエア抜き)(76000キロ)
◆ブリスク(brisk)プラグ交換(76000キロ)
◆フロントブレーキパッド交換・ABSセンサーの清掃。(76500キロ)
※ABSの誤作動による空走問題は清掃以降再発無しで問題解決の模様。





by kazztomo | 2010-05-20 23:45 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(10)
手塩に掛けて育ててます。
b0028216_22244098.jpg
                            photo : okaki ※私の5Dで撮影

クルマネタ続投ですいません。               
他のネタもいっぱいたまっているんだけど、備忘録として残しておかないと忘れそう。

Xmを今年1月に73000キロで購入してから今日まで、
自分なりの完調を目指してチョコチョコ手を入れてきました。


◆スフェア交換(74000キロ)

b0028216_22265658.jpg一番最初にしたのがこれ。
あすなろパーツセンターにて購入のコンフォート球にトライ。
カミーさんちにお邪魔してみんなに取り替えてもらいました。
当初「ハイドロってこんなもんかー」って思っていた乗り心地が、今ではハイドロでしか味わえないうっとりの乗り心地に。

残りの4球も近日中に全交換したいな。


◆ATF交換(75000キロ)

b0028216_21481171.jpg変速時のショックと異音に我慢ならず、アッシュのATFに換えました。詳細はこちら。 調子は上々です。


◆エンジンオイル交換(75500キロ)

b0028216_22181726.jpgオイル交換をしての納車(73000キロ)でしたが、3000キロ我慢できずに、ジャムセッション社(※個人通販もしてくれます)お取り扱いのアッシュ(A.S.H)の最高峰グレードであるFSEに交換。

エンジン音も静かになり、加速や吹けが格段に良くなり安定しました。

エンジンにも良いオイルだし、交換サイクルも長くて済むし、費用対効果が絶大のオイル。何より私のようなド素人でもわかる体感性能にはいつも驚かされます。


◆LHM全量交換(とエア抜き)(76000キロ)

cooper&okaki両氏をゲスト(というか豪華作業員…)に招いての、キーマカレー付き自宅LHM交換会を開催。
最初はエア抜きだけのつもりでしたが、ちょっと汚れているのを見て急遽交換。
(半年前に交換されていてまだ濃い緑色でしたが)綺麗な緑色になってスッキリ。



◆プラグ交換(76000キロ)

b0028216_22184360.jpgこちらも、マイsaabで絶大な効果を発揮しているブリスク(brisk)に交換。
XmにはSAAB程の効果はないかも?と思っていたのですが、24バルブの後期型は中期型までのディストリビュータ方式から、saabと同じダイレクトイグニッション方式に変更されたせいか、ブリスクとの相性はより一層良いようで、今迄の走り出しの重ったるい感じ(比較相手は2000ccターボの93なので当然と言えば当然)がだいぶなくなり、身軽な発進が出来るようになりました。アクセルを踏んだ時ムラがあるなぁと思っていたのもすっかりなくなって大満足!


◆フロントブレーキパッド交換・ABSセンサーの清掃。(76500キロ)

これは今日横浜にあるGSTに行ってきました。
購入時から「コインパーキングに入れるとABS OUT OF USEが点灯」と聞いていましたが、
購入してすぐから、100ブレーキに一回位の割合で停車寸前の微速の時に「ゴリゴリゴリ」という嫌な音と共に空走が出現するという恐ろしい(が、Xm仲間に数人体験者が居る)症状が出ていました。
リアのブレーキパッドは新品で納車されましたので、念のため減っていたフロントのパッドを交換(76000キロ)しましたが、まったく改善されず。
空走の原因はやはりABSの誤作動(必要もないトコでABSが効いてしまう)のようです。
空走出現後は「ABS OUT OF USE」警告灯が付き、警告灯が付いている間は空走は出現しません。(しばらく走ると消え、また時々空走が出現します。)
今日、コンピュータのテスターに掛けたところ、「右フロント1箇所に一時的な不具合」という診断結果。右フロントのABSセンサー部分の清掃を行ってもらって様子見です。一応それから帰宅までの10キロでは不具合は出ませんでしたが、どうなることやら…。

◆ホイール&タイヤ交換(未完)
b0028216_20192025.jpg
上写真のホイールを付けたいと購入前から夢見ていましたが、なかなか見つからず…。
そんな時に要リペアの出物が某所からありました。(ありがとうございます!)
現在リペア業者に修復の可否と費用を問い合わせ中です。
タイヤは、Xmに合っているとオススメのミシュランパイロットプライマシー
(廃版物の在庫品)を先日購入。手ぐすね挽いてスタンバってます。

この他には、
◆後部座席とリアのスモークフィルムを剥がして、全窓透明のUVフィルムを貼る。
(SAABに比べてガラスの質が…)
◆ガラスコーティングを掛ける。
◆オーディオとスピーカー交換。
などを目論んでます。

購入してもう少しで3ケ月。
早くも3000キロ以上走ってしまいましたが、
SAABも当初は色々手が掛かりましたが、現在は自分なりに完調。
大好きな二台。負担を分散して大事に乗ってあげたいです。

by kazztomo | 2010-04-08 21:36 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(22)
saab 93 × citroen Xm × sakura
我が家の前の桜も満開を過ぎ、風が吹くと桜吹雪がひらひらしています。
散り際になってようやく晴れたので急いで写真を撮りました。
独りでクルマの写真を撮るのはモデルを気に入った場所へと動かすのが大変な上に、
いかにも親バカっぽくて恥ずかしいな…。

たった今撮ったばかりの写真です。

b0028216_2172348.jpg
93のグリルがピンク…。
足下にも及びませんが、某ココロの師匠の素晴らしい作品を、
精一杯パク…じゃなくて…リスペクトしてみました☆

b0028216_16325962.jpg
ブルーモリシャスの赤みがかった青に映り込む桜。

b0028216_16353080.jpg
右のテールランプは接触が悪いですが、もし消えてしまった時は
斜め45度の角度で背中をポンと叩くとちゃんと点灯します。

b0028216_0581763.jpg
謎の広場にヘンな停め方をして一生懸命写真を撮る、どうみても怪しい住人。
(↑クリックで拡大します)

Xmの前バンパーとその上下のライトからボンネット→フロントガラスへと繋がるラインの角度、助手席のウインドウの美しいアーチ、後部座席のガラスの下部がカックンって上がってるとこからリアウインドウへ繋がるところ、銀色に輝くモールのお尻がちょっと上がってるところ…(以下略)美し過ぎる…!…と、独りご満悦だったのでした…。

by kazztomo | 2010-04-06 16:35 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(36)
代官山・カフェミケランジェロにて。
Xmを中心としたフランス車が月に一回代官山に集まるブランチ会。
今回はあすなろ主催のSUGARさんがアメリカ出張で欠席、
私が一番の新米なので、代理幹事補佐?に任命されました。

b0028216_239161.jpg
旧山手通り沿いのカフェミケランジェロに到着。

XmにXantia、そして…名車アルピーヌとDS!
「景色を切り取ったらここはパリ?!」状態w


今回は三連休の中日ということもあって、近郊の方は遠出してるのか少なめでしたが、
逆に神戸のXm(黒/2000/MT)や静岡のDS(白/1972)など、遠方からのご参加があってびっくり!しかもどちらも相当レア!二台もいらして下さったDSはもちろんのこと、一度もまともに実物を見たことがないノアール(黒)のXmを見れたのも感動でした。

アルピーヌもMT、DSはクラッチのないマニュアル(セミオートマ)だそうですし、
XmはMTばかりで(!)純粋なATなのは私だけという、濃い集まりとなりました。

b0028216_23185935.jpg
代官山でお昼頃までゆっくりブランチと会話を楽しんだ後、連れ立って神宮外苑まで移動しました。ノアールMTのお尻を追いながら青山通りをニヤニヤドライブして…。

b0028216_2321129.jpg
広々とした外苑の銀杏並木通りでゆっくり鑑賞させて頂くことに。

DSはXmと同じかちょい小さいかと思っていたのに、Xmより20センチ位長いそうです!
彼らDSオーナーさんの話はディープ過ぎる上にエスプリが効き過ぎてて良くわからないんですがw、Xmが運転できりゃDSなんて余裕、とか、Xmより維持費かからない、とか色々言ってました(笑)


b0028216_232598.jpg
では、めったにない機会ですので、DSの後ろ姿のドアップでも。
何が良いって、ダブルシェブロンとエンブレムが金色!(オリジナル)


b0028216_23265657.jpgミラーも変わった位置に付いていますが、もっと変わってるのは、ギアの位置…。


b0028216_23283878.jpg突然「フランス車がイッパイ!アリガトウゴザイマース!」って話し掛けてきたのは、ポルシェに乗ったフランス人の男性。

アリガトウって「ウチの国の車を乗っててくれて」って意味…?

「私のXmはこれ」って自慢げに指差すと、「僕のパパはフランスでXmに乗っていたけど、壊れてばっかりで頭に来て半年で手放したんだ」って気の毒そうに言われたよ…orz。


b0028216_23333477.jpg
BX(黒のMT!)とアルピーヌのオーナーさんは今日はアルピーヌで。
とてもセクシーで美しいですが、時折オーナーさんを困らせる悪い娘のようですw


b0028216_23374020.jpg「ハンドルを切るとライトも同じ方を向く」というの、初めてみました。

電気系統が弱そうなクルマにこんな機能付けちゃうところがシトロエンのアトヨロ体質というか、命知らずなところなんでしょうか…。

それにしても、アルピーヌもそうなってましたが、ライトのレンズに入ってる細い線が何とも綺麗…。


b0028216_23394011.jpg
楽しい時間を過ごし、バイバイとなりました。

今回の一番の感動は、生まれて初めて、DSに乗って走ってもらったこと。
(以前座ったことだけありました)

車窓から見える青山と赤坂の景色が全然違う…。
そして、旧いハイドロ車の乗り心地は…「見た目以上に宇宙船。」
筆舌に尽くし難い素晴らしさでした。

大好き過ぎて観過ぎるのを我慢している地下鉄のザジに大量に出て来る憧れのDS…。

ご参加のみなさん、本当にありがとうございました。
ぜひまた近いうちにお会いできますように。

by kazztomo | 2010-03-24 23:46 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(16)
saabと建築の超奇遇な話!!!
今日、建築家の矢作昌生さんが、新規の建て主さん2組と一緒にいらっしゃいました。

私達は東京にいっぱい良い建築家さんがいらっしゃるのに、わざわざ九州在住の彼の建築に惚れ込んでお願いしたのです。

当時、まだ東京には彼設計の建物はなかったので(我が家が第一号!)九州までお邪魔して、今日と同じように矢作さんに既築のお宅をご案内頂きました。その時の感動と感謝は忘れられません。

そんな訳で、少しでも恩返しが出来たらと、ブログで合宿所のようなたまり場生活をさらしてみたりw、実際に見学して頂いたりしているのですが、今回ソレが結んだ特筆すべきご縁がありました。


b0028216_215121.jpg












Photo:
Koichi
Torimura
(2005)



今回いらっしゃった新規の建て主さんのうちの1組は、私と同じ93黒にお乗りです。

93のスピーカーにお悩みで私のブログに行き着き、偶然いずれ建てたいと思っていた建築家物件(ウチ)を気に入って矢作さんをお知りになり、私の93の主治医でsaabの優秀なメカ
アチャラさんも知り、矢作さんにもアチャラさんにもコンタクトを取られた、という流れなのだそうです!

yahooで試しに「saab スピーカー」と検索してみたところ、何とこのブログのこの記事
確かに4番目に出てきます(びっくり…でも懐かしいよ!皆さんありがとう!)


ヒトのシアワセを繋ぐお役に立ったのだと思うと…最高に嬉しい出来事!

もう一組の方も、私のブログ経由で矢作昌生さんをお知りになられたとのこと。
お二組共、ホンワカ系のとても素敵なカップルでした。
楽しく大好きなおうちを建てて下さいね。

by kazztomo | 2010-03-15 00:15 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(20)
XmのATF交換。気になる結果。
b0028216_21384090.jpg
前オーナーさんが35000キロの時に換えて以来、74000キロでうちに来るまで無交換だった私のXmのATF。

後期型のお約束、1速から2速への変速時(アップダウン共に)の「ゴン!」という、さもATに悪そうなショックは、同じ後期の皆さんのXm内で試乗比較してもらった感じだと、私のが中でも最悪の症状です。まるでボーリングの球が出て来た時みたいな音としゃっくりが頻繁に(泣)。
エレガントな乗り心地と見た目に似合わないよー。

アクセルワークでショックを逃がすコツがあるとか、スノーモード(2速発進)でショックを無くす方法などを教えて頂くも、2→3でのショックも出現する為、一般道の渋滞時などでは、2速発進の2レンジ固定にするなど、とても快適とは言い難い状態で、Xmに乗るのは高速で遠くに行く時だけにするか…などと半ば諦めモードでした。

saabでもずっとお世話になっているcooperさんに相談したところ、アッシュ(ASH)のATFを試してみたら、とのこと。(良い品だけを世界からwのcooper商会お取り扱い商品)

アッシュは、93のATF、パワステオイル、エンジンオイルでその絶大な効果は体感済み。


b0028216_22271885.jpg93のご機嫌を損ねないよう、まずは93のエンジンオイルを最高級のアッシュに交換してあげます☆

ATFとパワステオイルはこの前換えたばかりだからいいね☆

換えた直後から、別の車(エアロですか?)みたいになるあの感じと、それを持続させる耐久性はド素人の私でも簡単に味わうことが出来ます。












photo : ©okaki


b0028216_2211464.jpgXmの鬼門AT。ATF交換はとてもデリケートな作業で、量をチョイ間違えたとか、僅かなゴミが入っただけでATが壊れちゃう原因になるそうです。

どこで交換するのかを慎重に検討の上、有明テクニカルセンターに覚悟を決め持って行き、お昼前に預けて、受け取ったのは17時。12リットル(3回)交換しました。



気になる結果は…!

今迄、渋滞時や一般道で5分〜10分に一回は出現していたショックが、有明から自宅までの1時間半の渋滞下道(テスト)で、一回も出ず☆☆☆☆☆

一回だけ(いつもの出現パターンのやや下り坂での減速時に)「来る!?来る!?」と思ったけれど、軽いつながりの悪さを感じただけで、普段は、つながりもとてもスムースになりました☆

それから300キロ程走りましたが、大きなショックは激減(それでも100キロに一回程、ひどくはないけどごくたまに出ます)。

Dレンジのままで下道をダラダラ走っても、ほぼストレスフリーのAT具合。今迄の心配やストレスが一気に解消され、Xmへの愛着もさらに増しました。ニヤニヤ笑いが止まりませんw

このまま快適さがずっと続きますように…(笑)
早くエンジンオイルもプラグ(ブリスク)も換えたいけど、
効果を1つ1つ体感するためにゆっくりやります。

うちの子になったからには、手塩に掛けて最高の状態にしてあげるからね!


次回はスフェア交換レビュー。

by kazztomo | 2010-02-20 22:22 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(26)
【瀕死】10年以上越しの片想いが今日叶いました。
b0028216_23451071.jpg
私が文字通り小娘だった時に一目惚れして「大人になったら絶対に乗るんだ」と決めていた車があります。エピソードはこちら(5年前の記事)

シトロエンXm。

愛してやまない正妻のsaab93、お金も手もかかるセクシーな愛人という妄想だけが10年以上も積もり積もったXm、私がこの二台に乗りたいが為に免許を取ったのは本当の話ですw

昔乗っていた叔父にも故障伝説を聞かされやめとけと言われ、車友達にも「タダでくれると言われても手を出すなw」と言われていましたが、saab友達のほそモさんを介して出会ったXmオーナーのKさん、Cさん、Oさん、みんなをまとめて助けてくれるSさん膨大なXm情報を提供し、見守ってくれるTさん、サンタさんにお願いしたら、サンタの代わりに探してくれたOさん、Kさん、他、優しい皆さんの背中押しwがあって、ついに、理想と思えるXmに出会うことができました。2000年式、発売終了直前、最終型のXmです。


b0028216_030455.jpg
今日、家の前の夕方の桜並木で激写していると「宇宙船だ。」と近づいて来た(Xmのことなんか知ったこっちゃない)友人ナベチンの言葉通り、近未来的で、美しくもヘンな車、Xm。

この横姿はたまりません。(ホイールも未来チックなやつに替える予定です。)


b0028216_0342365.jpg
オカキさんが撮ってくれた写真のようにタイヤをどっちかに向ければよかったなと思いましたが…。

のっぺりした流し目顔です。


b0028216_0373846.jpg後ろ姿こそが、私が首都高3号線(or246)で大昔に一目惚れした部分。

テールランプの上部の三角部分がウインカーで、その横のプラスチックの部分wにバックランプとかが仕込まれています。

面を分割して構成された美しいデザインは、発売から約20年経った今まで、一度も色褪せることがありません。

再評価とかじゃないし、時代に合ったデザインであることも私はとても大事だと思っているので、それは驚くべきことです。


b0028216_0524378.jpg
17日には、お世話になったみなさんへの勝手なサプライズで、代官山→神宮外苑のXmお茶会にお邪魔して暖かく歓迎して頂きました。

Xmってまだこんなにあったのねという数(9台)が集まりました(saab同様互助会状態w)

色々な情報を聞いて、尽きる事ない楽しい話をえんえんと…&勉強して帰ったのでした。


前のオーナー様もジャンルは違えど、創る系仕事のご夫妻。
シャッター付きの、まるでリビングのようなガレージでとても大事にされていらっしゃいましたので、ボディは10年経っているとは思えない完璧な美しさ。
手間を掛けてこられた愛情を、私もがんばって引き継ぎたいと思います。

今回お世話になりましたエンスーの杜M様、オーナー様を始め、
お世話になった皆様にこころから感謝しています。
本当にありがとうございました。

長くなっちゃったので、レビューはまた今度。


b0028216_1472997.jpg【オマケ】K氏のイタリアンレッドが外苑並木の青空に映えてました。

その向こうにちょっと見えるのはSさんのプジョー504。

雑誌社にスカウトされた504、お洒落なオジサマモデルさんがチョイと腰掛けてましたよ。

by kazztomo | 2010-01-16 23:40 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(63)
Citroen Xm&saab93 憧れの2ショット。
b0028216_1184558.jpg
「表参道パリ祭(Xmを始めとしたフランス車の集まり?)」の時に知り合った、Xmオーナー&カメラマンのokakiさんが、とある事情で我が家まで来てくれることになり、こともあろうに!私が恋焦がれてやまない(2005年ブログにも熱烈に書いてるw)妄想上の愛人カーシトロエンXmと、永遠の正妻saab93との夢の2ショットを家の前で撮ってくれました!
okakiさんありがとう…家宝にします!

※写真をクリックで拡大します。 photo : ©okaki

b0028216_1391191.jpg
家の前の並木は桜の紅葉が落ちかけ、ブラックのボディに美しく映えていました。

カメラマンという職業柄、機材が沢山積めて比較的壊れない車wをお探しとのokakiさんの仕事カー候補に93が挙がっていると聞き、いかにsaabが良い車かという暑っ苦しい説明をとくとくと語る私。すっかり洗脳されて帰ったokakiさんでしたw

東名用賀〜川崎までのランデブー&プチ交換試乗、感動で胸がいっぱいになりました(涙)

photo : ©okaki


b0028216_1455169.jpg
手に入れてから2年半。ますます愛着が増す可愛い正妻のマイ93。
出来ることならおばあさんになって免許を返上するその時まで乗りたいなぁ…。

photo : ©okaki

b0028216_1543114.jpg
この数日前にご近所のXmオーナー、カミーさんとsaab友達と集まった際に乗せて頂くチャンスがありました。

このXmはなんと日本に数台しかないというMT車。
乗り味も官能的なエンジン音もオートマのそれとはまた違い、マニア垂涎の一台ですが、
なんと現在売り出し中!(興味のある方は私に鍵コメントを♪)

憧れのXmに初めて乗れた日曜日。
不覚にも感動の涙が出ちゃってみんなに笑われました…w

ハイドロ特有の浮遊感のある乗り心地、美しい内装、
驚く程違って見える、車窓からのスクリーンのような景色…(以下割愛)
外見で好きと思っていた私の目は、節穴じゃなかった!
と改めて再認識して脱力するほど痺れたのでした。

b0028216_225127.jpg当時のシトロエンのフラッグシップモデル。

発売時、アバンギャルドなデザインで皆を仰天させつつもカーオブザイヤーに選ばれましたが、とにかく手の掛かる車としても有名。

私が10年以上前、ペーペーの小娘の時に一目惚れしてから一度も色褪せることのない魅力を放つ、美しくもヘンな車です。

最初にリアに一目惚れして、フロントが嫌な感じだったらどうしようってドキドキして見て、セクシーな流し目ライトに昇天した時のことは今でも忘れませんw
ああ、こんなにも胸が踊るクルマがあるなんて、私は本当にシアワセモノです。
okakiさん、カミーさん、本当にありがとう。

by kazztomo | 2009-11-12 02:03 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(23)
嵐も蹴散らすsaabパーティ。
ここ数日の多忙により、日記のネタが渋滞していますが、
今日はsaabオフの写真日記をアップしたいと思います。

b0028216_1845223.jpg
首を左に傾げてご覧になって下さっているみなさんこんにちは♪

この日はsaabがC900からNew93まで、新旧合計10台位が集まりました。
SAABをなんと5台目!ご購入のMukaiさんのスチールグレーの93エアロ
(写真一番手前)と、saabコミュの隊長ほそモールさんのケイエンレッドの95の
納車記念お披露目会です。

この日は珍しくダークカラーのsaabがほとんど居ず、黒は私だけ(写真2番目)。


b0028216_19155974.jpg
95年のマセラッティ・クアトロポルテとsaab93二台のオーナー一家は本日マセラッティでご登場。珍しいのでみんなで覗き込んではそのイタリアンゴージャスな内装を堪能。


b0028216_21205910.jpg
渋滞が酷かったので、と言ってsaab viggenという、激レアsaabオーナーのやまくんは
BMWの1200ccバイクでご登場。

乗ってみれば?という口車に悪ノリしてまたがってみる!
こんなもので立ってられる意味がまったくわからない一台。BMWのバイク大好き!

photo/鼠君


b0028216_19204890.jpg納車されたばかりのほそモールさんの95には、彼の車のトレードマーク、C900のターボマークを貼って、

b0028216_19231159.jpg
すっかり完成!彼の車って感じがしてきました。

強い日差しでは明るい赤、陽が翳ると深い赤になってとってもいい色です。


b0028216_19262251.jpgこの日集まった中では新しいタイプの95エステートは、ウォッシャー機能が大げさとのことで披露してもらう(笑)。

大泣きし過ぎだと思います。
通りがかりにこんなの見掛けたらちょっと怖いです。

b0028216_19291354.jpg私の93の目が黄ばんでるとボヤいたら、その場でみんなでよってたかって外して磨いてくれました。

今回、私の93が沼津で故障した時には、mukaiさん、ほそモールさん始め、この互助会的メンバーの皆さんにはアドバイスを頂くだけでなく、手持ちのテスト用部品を沼津の工場に送ってもらうなど、本当にお世話になりました。

話せば長いのですが、とにかくこの方達のおかげで東京に帰ってこれたのでした(-.-)。
(故障箇所はDI=ダイレクトイグニッション。パーツ交換とテスター診断料で4万円也)
彼らの知識や経験、技術は半端じゃなく、皆さん今時珍しいオットコマエです。



b0028216_19292594.jpgMukaiさんが私に貴重なC900カブの大きなミニカーをくれました♪(もちろん激レア)

こうやって私の屋根ナシsaab煩悩をヒートアップさせるイケナイお方です。


この日は嵐から一転、晴天というテンションの上がる暖かい1日だったせいか、
楽し過ぎる1日に!この後も夕食をはさんでずいぶん盛り上がりました。

写真を撮る為にちょっと引いて客観的な視点で皆さんを眺めていたら、
何だかとってもシアワセな気持ちになりました。
同じ車を選んでいながら、その解釈は様々。
キャラクターも誰一人かぶっていない不思議な面々、
個性的でマイペースな愛すべき皆さんと、それをさりげなーくまとめてるほそモールさん。
本当に素晴らしいです。

改めて、mukaiさん、ほそモールさん、納車おめでとうございます。
ぜひまた開催して下さい!

by kazztomo | 2009-03-21 19:49 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(22)
こまりの畑へ→涙のSAABドナドナ事件簿。
青色申告が終わりました☆
来年こそもっと早めにがんばろう…(たぶん無理)
b0028216_22155317.jpg
そんな訳で更新が遅れましたが、私のブログではおなじみの自然農をやっている友達
こまりのおうちに遊びに行きました。

シカゴから帰国中の私の従姉妹のまゆちゃんと一緒です。
まゆちゃんはアメリカにもう10年以上住んでいますが、
とうとうこの春から向こうで念願の農作業を始めるんだって。

写真に写っているのは母屋ではなく、納屋です。
カメラを構えている後ろには畑もある大きな家です。


b0028216_22234685.jpgこまりのおうちで彼女が作ったお野菜やお米のごはんを有り難く頂きました。

こまりにそっくりの優しい味。
おいしいねーー。
美味しくて写真撮り忘れ。

天井が高い、素敵なお部屋です。
こんな良い建具なかなかないよ。

b0028216_22271447.jpg
ねこ鍋ならぬ、ねこ籠。

今日はおいもを植えに行くことになりました!
ふたつに切って、切り目が腐らないように灰を塗って…。


b0028216_2228455.jpgメリーも積んでいざ出発♪
軽トラの後ろに積まれてテンションアップ!

ずっと寒い雨が続いていた合間の貴重な暖かい晴れ間に当たって、本当にラッキー。


b0028216_22301691.jpg初めて見た人は驚くかもしれませんが、自然農は雑草と共生するので、奥にチラっと見えている他の方の畑のように耕して土を露出させることがありません。

雑草を鎌で短く切るだけにしておいもを10センチの深さに植えていきます。
植え終わったら、また雑草を掛けておいて霜を防ぎます。
b0028216_2232372.jpgメリーは笑顔で待機中です。

陽当たりがいい南ひな壇の土地のてっぺんで、お昼寝していました。

こまりに作業を手伝わせてもらったお礼を言って
(たぶん一人でやっちゃったらもっとすごく速いんだろなぁ…)この日はバイバイ。

こまり、ありがとうね!
またぜひ手伝わせてね。

b0028216_22363710.jpgこの後ははらぺこになった私とまゆちゃんでうちの実家に行って、母特製の激うま天丼をみんなで一緒にいただきました。

この日もまゆちゃんのパパも合流して、夜中の1時過ぎまで語り合いました。

b0028216_2234038.jpgさて、翌日の夕飯は家族で魚がし寿司なんかに行っちゃって、そろそろ帰ろうかなぁと思っていると、東名雪のため規制中とのニュース。

事故もあって35キロも渋滞しているそうな。
それでもチェーン規制がないから今のうちに帰っちゃおうかと思って荷物もメリーも積んで帰るばっかりになったところで、なんと、困ったことにSAABクンたら、セルは回るけどエンジンがかからなくなってしまいました(泣)!


b0028216_2243166.jpg翌日、弟の知り合いの工場の方がすぐに駆けつけて下さり診て頂きましたが、ちょっとやそっとで掛かる感じじゃないねということで、ドナドナとあいなりました。

b0028216_22454355.jpg初めての故障なので結構ショックな上に、主治医さんから遠いこの地で壊れてしまった心細さとSAABクンが可哀想な風情があいまって、涙が出そうになるも、当然我慢(笑)。

b0028216_2248937.jpg予期せぬ東海道線と小田急線での帰宅。

ベビーカー積んでてよかった…。
メリーの顔もこころなしか冴えませんが。


「慣れない雪道を無理に走って帰るのやめたら」と何度も止める母の気持ちが
SAABに通じたとしか思えない出来事でした。
(結局私が帰るはずだった時刻の30分過ぎ頃に通行止めになったし)

今回の故障の数日前に自宅前でバッテリーの突然死があり
(でも取り替え時期というアドバイスは頂いてました…)
主治医さんが飛んできて取り替えて下さったので事なきを得たばかりだったんです。

まだ原因究明中のようですが(SAABは普段やってらっしゃらないので
図面を取り寄せてからの作業のようです)、迎えに行くから早く治ってね!

by kazztomo | 2009-03-11 22:52 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(25)