カテゴリ:クルマ(93,Xm,BX)( 57 )
初参加のFBM2010。

台風直撃の不穏な天気予報だったけれど、そんなことはおかまいなしに
「例え賽の河原だろうと行くのがFBM」と、仏車仲間たちは揃ってソワソワ。
(一週間前に間違って出発しちゃった某店舗デザイナー氏も居たし!←まだ言われてる☆)
そうか、そんなにFBMってみんな楽しみにしてるんだなぁって、つられて私もわくわく。
b0028216_20121371.jpg
当日の朝、なんとよりによってバッテリーが突然死したマイXm。
前日まで何ともなかったのに…まったく…。
「台風の時にアタシを出すなんてどういうつもり?」ってことなのかな…ぁ。
「そんなこともあろうかと」cooperさんが新品バッテリーを用意してくれていたおかげで、
みんなを待たせてしまったものの、ジャンプして無事出発することができました。

写真はokaki号に乗った私が「車内流し撮り授業」を受けながら撮った*tomo号☆
(クリックすると盛大に拡大します(笑))
「もっと固定して!」「はい!」「数打ちゃ当たる方式で連写!」「はい!」…。

本職の写真家のXmに乗せてもらいながら撮り方まで教えてもらい、
さらに本職のレーサーに自分の車を運転させ、
どっちも素人の私は自分の溺愛車を撮るという何とも贅沢なシチュエーション(笑)。

水しぶきまで美しいよねえとか、相変わらずの親ばかトークが車内では炸裂中。


b0028216_18445428.jpg
Xmもマツモトさんのサンクも、SUGARさんの504も、雨が似合う。
あ、サンクはただいま絶賛売り出し中です。


b0028216_1848365.jpg
振り向けば揃ってイエローバルブな方々。霧や雨には実際有効です。


b0028216_18491020.jpg
朝7時に談合坂を出発し、Xmにはややもどかしい超のんびりペースで、
9時に双葉でT井さんのDSたちと合流しました。

b0028216_18541039.jpg
流し撮り教室は続きます。練習台がDS?!そんな贅沢な!全身入んなかったし!
(こちらもクリックすると盛大に拡大します(笑))
結構な雨なので窓が開けられませんが水滴もまた良し。
雨の中疾走する金色のDSに抜きつ抜かれつするのは鳥肌モノでした。

b0028216_1924920.jpg
諏訪に到着しました。
ここで、関西から来たしろくまXm号や、他の仏車たちともさらに合流します。
Xmはしろくま号以外の5台がホイールお揃いでした。珍しい。

b0028216_1933765.jpg
無事合流した一行は、諏訪のお蕎麦屋さんに寄り、美味しい鴨せいろに舌鼓。

b0028216_1955320.jpg
霧の中、連なって向かった先は…?

b0028216_1985693.jpg
またしてもシトロ涅槃・・・!!
ここはドコ?私たち、死んじゃったの?!(↑クリックで拡大)

b0028216_1910778.jpg
ここはこの日宿泊するホテル前の駐車場。FBMの会場の目の前でもあります。

この夜、私のXmは残念なことにここに駐車中、バックしてきた参加車のプジョーに
右前角を当てられてしまい、バンパーとフェンダーを破損。
修理で後日入庫することになりました。どうせなら真夏に入庫したかった…。
バンパー国内にあるかな…ないだろな…。

明るく元気なのが取り柄(笑)の私も、さすがに溺愛Xmの無傷ボディに当てられたことは
かなり悲しく…前夜祭の2次会に出る元気は残ってませんでした…えーん…。
朝のバッテリー死のことわがままだなんて言ってごめんね…行きたくなかったんだね…。


b0028216_19355675.jpg
一晩寝たら元気を取り戻せた立ち直りの早い私ですが、何しろ無類の寒がりなので、
全身ヒートテック二枚重ねにカイロを全身に10個貼り付けて元気に活動開始!
メイングラウンドには続々と車が集結しはじめていました。

b0028216_1940777.jpg
一部のみんな、超懐かしいよね!?
これの緑色のやつで定員オーバーして銭湯に毎週通ったねー。
(正確にはami8superというGSのエンジンが乗ったものでした。)

b0028216_2071532.jpg
霧雨の中、すごく沢山のヒトとクルマが集まっていましたね。

この前の東北で出会った方、夏の関西旅行で会った方、いつもの関東のみんなに加え、
SAABの皆さんにまで(数えてみたら合計36人!)あっちこっちで会うのは、
綺麗な景色と霧も手伝って、まるで違う映画のキャストが混ざっているようで
とてもとても不思議な感じ。

ここ特有のなんともゆるーーい雰囲気がすてきでした。
私もこの日のためにとっといた丸山珈琲の珈琲豆を持って行き、
Xmのハッチでゴリゴリ挽いて、湧かして、淹れて、みんなで仲良く飲みました。

来年は…晴れますように!

ご参加のみなさん、ありがとうございました。
また近いうちにお会いできますように・・・。

by kazztomo | 2010-11-02 20:29 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(28)
【番外編】北の涅槃参り…途中のランデブー写真(okaki作品)。

先日Xmへの偏愛っぷりを余す事なく露呈しまくった写真家のokaki氏でありますが、
「完徹×後ろ向き×高速」で、小麦色の顔を青緑にして撮った作品がアップされました。
マイミクさんしか見れないのはもったいないのでこちらにも公開しますね。
彼がメーカーの専属写真家だったらもっとXmは売れてたろな(苦笑&冗談抜き)
ドライバーの従兄弟くんも、おつかれさまー☆&またよろしくね!(笑)
b0028216_9431727.jpg


b0028216_9485731.jpg

b0028216_9493963.jpg


b0028216_9501317.jpg

b0028216_9504776.jpg


b0028216_951692.jpg


b0028216_9512764.jpg

b0028216_9514443.jpg

by kazztomo | 2010-10-18 10:00 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(16)
北の涅槃……仙台・泉ケ岳ミーティング編。
b0028216_18404048.jpg
旅館で朝からたっぷり朝食を頂き、朝風呂を堪能した後は、
昨日、一部置き去りにした車たちを迎えに一度別荘へ。
まるで土石流のように?無秩序に停められたXmたちが緑に映えます。


b0028216_1917543.jpg
美しい涅槃を振り返りながらサヨナラ…。
また遊びに来れますように…。


b0028216_12123241.jpg
雨の天気予報、大外れ!
近くの別の駐車場でXm組は11台全員勢揃いして、そこから連なって泉ケ岳に到着!

駐車場に居るみなさんのどよめきと視線を気持ちよく浴びます(笑)。
ま、日頃目立たないジミカーですから、たまにはね。

今日は微妙に色みの違う銀XM/Xmがいっぱい。(↑クリックで拡大)


b0028216_18295628.jpg
ホイールいろいろ。白Xmが履いているスピードラインの車外品を除いて、後は全部純正。
たぶんこれで日本に入って来ているサルーン用は全種類じゃないかな?
(↑クリックで拡大します)


b0028216_12352680.jpg
そうそう!私はあろうことか、別荘からこのチャコールグレーのような?yoshiさんの
濃茶のDSの後部座席に乗って美しい田園風景を愛でながら参ったのですよ☆


b0028216_14112737.jpg
こちら、keigoさん仕上げ、BXmさんの初期型XM-S用ホイール。
Xm界では知らない人はいない北の名医keigoさんと東京のBXmさんが初対面。
嬉しいな。シルバーのボディにとても似合っているね。


b0028216_1237521.jpg
そして、本日のびっくり!
昨日BXで一緒に旅館に泊まって濃い話に花を咲かせたabeyoさんが、
なんと、SMに乗り換えて再び登場してくれました。
ナマで走ってるSM見たの、初めてです!

SMとXMは、ビックシトロエン異端の直系兄弟。私の5年前のブログ記事にも熱烈に書いていますが、サイドビューがとても似ていますね。上のBXm号と比べてみてください。


b0028216_12501548.jpg
総統SUGARさんの504、EVEさんの505、そしてSMの珍車トリオショット!


b0028216_1259468.jpg
会場を後にした仏車組は、ランチへドライブ。
素敵過ぎる田園風景のワインディングロードを
映画のように景色の一部となって走る優雅なクルマたち。

私はあべさんの初期XMの助手席(ファブリックシート&スペコン球)にて…
この光景に泣きました。脳からまた妙な物質が噴出。
(↑クリックで拡大します…フロントウィンドウ越しだし、ブレてるけど。)


b0028216_1342439.jpg
三本木、道の駅の駐車場に停めて、向かいのレストラン「グリーンハウス」へ。
昨日の牛タンを仕入れて下さったエンスーなマスターのお店です。


b0028216_1355351.jpgスズキのムニエルを注文させて頂きました。

出て来たスズキの贅沢な大きさにもびっくりしましたが、脂が乗った素材に加えてそのお味に感動。
これのセットが980円って…どうかしてます。

仙台最後の食事。

バイバイするのが寂しくて、話も尽きなかったけれど、しろくまさんを東京発の高速バスに乗せて伊丹まで帰さないといけないしね…後ろ髪を引かれる想いで帰路に。

東北のみなさんは、おおらかに人生まるごと満喫してらっしゃったのが印象的。
おだやかで優しい、少年の瞳の方が多数生息(笑)。
出会えた方々すべてにココロから、感謝です。
身に余る歓迎をして頂き、本当にありがとうございました。
ぜひ、東京にもいらして下さいね。
また、お会いできる日を楽しみにしています。

by kazztomo | 2010-10-15 13:50 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(18)
北の涅槃……美車・美食・美景・温人・良泉編。
b0028216_2111783.jpg
朝3時半起き…Xm仲間は総統が早起きなのでいつも朝が早いのです…ムニャムニャ。

5時に山手トンネル内でまずokaki号と合流です。

写真家okaki氏、クルマなんてまったく興味ないという従兄弟を早朝叩き起こして
運転手させてまで撮影に集中するという、親類的にははなはだ迷惑な気合いの入りよう。
しかも、お昼から仕事があるので途中でUターンして帰るという生産性のなさ。
日頃からXmに対する偏愛以外何も考えてないマイペースっぷりが朝から炸裂です。


b0028216_2131213.jpg
完徹×ナガタマ×後ろ向き×高速…はめっちゃ酔ったらしいけど、
この後無事にお仕事出来たのー?


b0028216_23224538.jpg
佐野まで一緒に追い越したり追い抜かれたり…楽しいランデブー。

ありがとね。お仕事がんばって!
okamuくんの分まで美味しいもの沢山食べてくるからね(笑)♪


b0028216_23271867.jpg
総統の504に便乗してご満悦のしろくまさん(白2000年Xm)は関西組。
関東出張を無理矢理(ちゃっかり)この日の前日に合わせて今回も一緒に旅します。


b0028216_10145365.jpg
途中のSAで何度も合流し、どんどんXmが増えてゆきます。

濡れた山の空気がいい匂いの山の奥へ、怪しげな車列が吸い込まれて…。
悪路も車高をヒョイと上げて、何のその。
こんなエレガントな見た目だけど結構便利なんです。


b0028216_1143491.jpg
一つ前の写真でのバックショットもそうですが、今回私が初めて見て一目惚れしてしまった
ブラウンエピス×ベージュ内装のJOYPOPS号。

美味しそうなチョコレート色にすっかりメロメロで…。
いつか私の子もお色直し…?と妄想が膨らみます(笑)。


b0028216_23292679.jpg
あの…ここは天国ですか?



b0028216_11234222.jpg
ここはまぎれもなく北のシトロ涅槃…
「煩悩の赴くままに生き抜く」という悟り(笑)を開いた人達の集まりでありました。

DS(他いっぱい)のオーナーyoshiさんの別荘。
2CVがめっちゃお似合いのすごく可愛い一家のishiharaさん(主催)お世話になります!


b0028216_10251848.jpgルノーサンクターボのねこあしさんが調達して下さり、料理長tomoくんに次々と捌かれる新鮮なお魚たち。(タラ、サバ、サケ、他色々!)

b0028216_102731.jpgこの後、沢山のお野菜とバターと味噌で、ちゃんちゃん焼き!

b0028216_102824.jpgここは仙台!牛タン三頭分を贅沢に厚切りステーキ状態。

「レストラングリーンハウス」のオーナーさん(エスプリ他色々)仕入れの絶品牛タンのおかげで、苦手と思っていた私も大好きになりました。
他にも、せんべい汁、たら汁、豚汁、冬瓜の煮物、ラム焼肉、おいしいつくね、スモークサーモン、平目のお造り、ずんだ大福、えーとえーと…書ききれないほどの御馳走や名産を沢山頂きました。

次々集まる愉快な仲間達。会った瞬間から垣根なく盛り上がれるのがシトロ縁。
楽しくて、楽しくて…思い出すだけでにこにこ、あらら、じわっと…。
私の知りたいことも、人生の愉しみ方も知り尽くした
ココロの豊かな人たちに囲まれた至福の時間。

b0028216_10432988.jpg
楽し過ぎる宴を堪能した後、別荘宿泊組と分かれて、私達が目指したのはこちら。
流石地元の方ご推薦の宿とあって希望通りの雰囲気ではありませんか!(photo:しろくま)

b0028216_11265884.jpg
綺麗に整えられた広い庭園。(photo:しろくま)
b0028216_1116350.jpg
伊達家ゆかりの宿ということで、ここは殿舎。
芥川龍之介、与謝野夫婦なども滞在したそうです。

b0028216_10484694.jpg日本秘湯を守る会の宿ですから、

b0028216_1048618.jpg
素晴らしい温泉でした。もちろん源泉掛け流し。

ほの暗い灯りの中で浸かるすべすべ感のあるなめらかなお湯に一同うっとり。

お風呂上がり後は宴会部屋と称された1部屋に集合して、
総統SUGARさんがストップを掛ける夜1時迄えんえんとまた喋り、笑い…。
東北の皆さんの豊かな暮らしの哲学をかじらせて頂いたのでした。

翌日に続く。

by kazztomo | 2010-10-14 10:54 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(19)
京都→神戸、XM/Xm珍道中【後編】
b0028216_17524386.jpg
翌朝、一緒に朝ご飯をとしろくま号が宿の近くまで迎えに来てくれました。
朝になって改めて、ずいぶんな下町に泊まったものだなぁと再認識(笑)。
b0028216_17542336.jpg
朝食は何十年ぶりかと思われる朝マック…もとい「朝マクド」。

朝一番とは思えないテンションで早速トークが盛り上がる一行ですが、
気がつくと、しろくま家のチビッコ2名と、元チビッコがステージに!!
ちょっとアンタたち何やってんの!…っていうか、何なのこのステージは?
「新人お笑い尼崎大賞」しかも「敗者復活戦」…関西や…(出屋敷駅前にて)。

しかもこのチビッコたち、この数分後に元チビッコのMTXmに
「マニュアルのXmを体験してみるかなぁ」と言って乗り込み、
「やっぱ中期以前のXmの内装のウッドはええなあ。(しろくま号は後期の偽ウッド)」。
などと、のたまうではありませんか!末恐ろしいというか頼もしいというか…。

彼らも私達との時間をとても楽しんでくれているようでした。
なぜなら、クラスメイトには「わからんやんかー」ということで、
大好きなシトロエンの話はしないそうなので(笑)。

b0028216_17574943.jpg3台のXmで集合場所へと移動していると、前に初期型特有の濃い銀色XMを発見!

後に、お父様がZX、お姉さんがこのXM、妹さんがMTのBXというシトロ親子ご一行と知ります。

しかも、お姉さんは集合場所から摩耶山頂まで、cooperさんのMTXmを
嬉しそうに交換して運転していていったので驚き!

東京のXm男子達、うかうかしてられませんよー。

b0028216_18121924.jpg
美しい山道を十数台のシトロエンで一緒に上がって行きます。
私はたにやん号に乗っていましたが、乗ってしまうとたにやん号見れないんじゃんと
アホなことを考えていました。

関東には少ないXmブレークとC6のお尻を追いかけて走るのももちろん興味深く、嬉しい。

b0028216_1816315.jpg
摩耶山に到着。
この後、なんと東京からカリン氏の2CV(写真無)が十何時間も掛けて?!遅れて到着。
エアコンナシの2馬力で…Xmで遠いなんて言ったらバチが当たるね!

b0028216_18331512.jpg
摩耶山頂からの景色。
この景色は東京にはないパターン(山の高さ×街の近さ)ですね。
夜景だったらさらに美しいんだろうな…。今度は夜にも来てみたい。

b0028216_18355559.jpg
摩耶山頂にある眺めの良いレストランにてみんなで昼食を頂きました。
また写真を取り忘れましたが、焼きたてパンもデザートも美味しく、
ここでもみんなで何となく席替えをしながら、濃ゆい関西シトロトークを楽しみました。


b0028216_18562795.jpg神戸の真ん中からちょっとしたドライブですぐにこんな素敵な山まで遊びに来れちゃうのは東京にはない贅沢ですね。

ドライブコースもお散歩コースもとても良かった。

b0028216_18583795.jpg
関西ではありえない数という6台のXM/Xmが集まりました。
(内2台は、この前表参道で会った白黒。)みなさんの暖かい歓迎を受けて過ごした
終始笑いっぱなし、喋りっぱなしの楽し過ぎる2日間。

東京組、予定よりずいぶん遅れて神戸にさよならでした。また来るよ!また来てね!


b0028216_1994746.jpgここでまっすぐ帰る私達ではございません。

鈴鹿に住むあばんぎゃるどの管理人TOSさんと四日市で合流します。

「あばんぎゃるど」はXM/Xmオーナーの救世主的なサイトで、ここで遠く離れたオーナー同士が稀少で貴重な情報交換をしながら助け合っています。

膨大かつ各オーナーの経験値やプロの整備士の仲間の知識がストックされていて海外からも翻訳の問い合わせが来るほど!

そのTOSさんのヴェールベガの中期Xmを追いかけてみんなが向かった先は…


b0028216_1931568.jpg
石翁という老舗鰻屋さん。
ここでスタミナ補給というニクイ流れですねこれは!

あやうく再会の喜びでXmを前にまた長話になりそうなのを何とかこらえて入店です。


b0028216_191646100.jpg鰻の焼き方は関西風。
表面がパリっとしててとてもとても美味しい。

白焼きと肝焼き?もおそるおそる食べたけど…キモは…ちょっと私にはハードル高めだけど、鰻、とにかく美味しかったー。
美しい中庭を望む個室を取って頂いたのに、中庭そっちのけでまたここで大盛り上がり。
今回の珍道中の土産話から、以前お会いした時の話、最近のトピックなど、
お腹の皮がよじれる話題は枚挙にいとまがなく、TOSさんの笑い上戸なお人柄も手伝って
繰り出される魔法の時間は永遠に終わらないで欲しい楽しさでした。

こうして、2日間とは思えない濃さの珍道中を名残惜しくも終え、ようやく家路に。
なんとSUGARさんとたにやんはこの後沼津にもう一泊して、
クラシックシトロな世界にどっぷりだったようです…。

今回歓迎して下さった各地の皆さん、また一緒に行って下さったみなさん、
何の役にも立たない私をいつのまにか親しい仲間に入れてくれてありがとう。
紳士で頼もしくも楽し過ぎる皆さんにココロから感謝です。

この旅に味をしめて、次回は東北に秋頃台風の目が向かいそうだというお話です。
東北の方々、台風に備えるご準備の方よろしくお願いしますね(笑)
by kazztomo | 2010-08-09 19:29 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(18)
京都→神戸、XM/Xm珍道中【前編】
先週末、Xmで旅に出てきました。
(今回は、猛暑の渋滞が予想される為、私のAT車はいささか…いや、かなり不安だったので
SAAB&Xm仲間のcooper氏のMTXmで・・・。)

主な旅の目的は、
◆京都に修理に出していた初期XMのたにやん号の退院に付き合う。
◆神戸六甲山&摩耶山で行われるシトロエンの集まりに参加。
◆三重県にお住まいのXmの救済?!サイトあばんぎゃるどの管理人TOSさんとお会いする。
でした。

関東組のメンバーは、あすなろSUGARさん、憧れ濃紺初期型XMのたにやん、元バイクレーサーのMTXmのcooperさん、私、という、非常にキャラ立ちした個性的なメンバーでの珍道中となりました。

b0028216_19482751.jpg
東京の渋滞で水温計が急上昇!ボンネットちょっと開け走行をするハメに陥ったものの、渋滞を抜けてからは、スピード教教祖のcooper氏の運転で魚になったXm、四日市からプジョー406やっさんと合流し、アっと言う間に気がつけば京都アウトニーズに到着です。

多くのシトロエンが廃車の危機を免れている救世主アウトニーズさん。
工場というより、”シトロ園”とか”シトロ苑”という風情です(失礼)。


b0028216_19312664.jpg
オレンジの2CVがオリーブの木陰からこっちを見てるー。

b0028216_19512093.jpg
あ!いたいた!たにやん号☆
千葉から自走できるうちに入庫して、3ケ月の入院でようやく回復。
(関東には修理出来るところがなかったそうです。)

おめでとうたにやん!

やっぱり、初期型は風格も雰囲気も全然違う。
「何が何でもあと10年は維持してよね☆」と脅迫する私に
「じゃ、じゃあ結婚資金を崩しまして…」と、たにやん。
「結婚にお金掛けたい女の子なんてXM即刻処分しろって言うからナイナイ!崩そう。」
「そうですね・・・」真面目に考え込むかわいいたにやん(←年上です)。


b0028216_19585520.jpg
今晩合流するはずだったしろくま号も待ちきれずにニーズへ。

b0028216_2014064.jpg
もう、見ることがほとんどなくなったGSが何台も。
amisuperに乗っていた私としては、GSってとても親近感が湧くんです。

b0028216_2055343.jpg
動いてなくてもまわりの空気を変えるDSとBX。
土に還ろうとする様も絵になるなぁ…。

b0028216_2063842.jpg
唯一の室内車庫には、SM、BX、DS。
こうやって見るとSMはやっぱりXMにとても良く似ているね。

b0028216_20115478.jpg
シトロ苑に吸い込まれるように入って行くご一行。

b0028216_2085849.jpg
段々の広大な敷地にシトロエンばかりが大量にストックされているシトロ棚田。
めったに見られない稀少車がゴロゴロ。

b0028216_20142179.jpg
見た事ない美しいカーキメタリック、初期型フェイスに、中期の内装、モケットシートという珍しいXmに張り付くご一行。SUGARさん、これ、相当気に入ってたみたいだから、この際いっちゃいましょう!

b0028216_20185610.jpg
シトロ涅槃を心ゆくまで堪能した後、神戸に向けてXM/Xm5台+406の大移動開始。


b0028216_20275450.jpg翌日の神戸オフに来れないからということで、わざわざ私達に前日会いに来てくれたゆうじん号
b0028216_2023139.jpg
3ケ月ぶりに退院して久々に快走する嬉しそうなたにやん号とたにやん(笑)

b0028216_20254927.jpg
あたりを払うような異彩を放つしろくま号。
白い車をここまで美しく魅せる車が他にあるでしょうか!

b0028216_20262053.jpg
夕食は神戸・三宮にある中華天竺園で頂きました。

とても美味しかったのですっかり写真を撮り忘れてがっついてしまいましたが、とにかく、総勢9名、尽きない話で盛り上がり、前夜祭は大爆笑の渦のうちに終了!お腹もココロも大満足な夜でした。


b0028216_20393545.jpg
今回、人様には言えない整備料金(汗)を掛けてしまったたにやんを思って見つけ出した、一泊4100円/各シングルの激安宿竹家荘旅館へ。

明治築の下宿を改築した超レトロな宿でした。
清潔だったし、心地よい笑い疲れのおかげで良く眠れたよ。
翌朝の集合場所に近いから選んだけど、ここ、尼崎ってとこで、神戸じゃないんだって。

b0028216_11115517.jpg
旅館まで送って来てくれたしろくまさん、ありがとう!
みなさんに前夜祭から暖かい歓迎を受けて、早速超シアワセな1日目。

おやすみなさいー。

<後編に続く>
by kazztomo | 2010-08-04 20:41 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(26)
"表参道をフランス車で埋め尽くそう"
b0028216_2139188.jpg
日曜は朝4時半起き、5時過ぎに出て6時頃から
"表参道をフランス車で埋め尽くす"というイタズラチックなイベントに遊びに行ってきました。

去年のこのイベントに連れて行ってもらい、10年以上独りで片想いし続けたXmと再会し、
鈴なりのXmを観て胸(と膝)が震えたのを想い出す…私にとっては非常に感慨深い1周年。
これに去年参加してなかったら、私はXmオーナーには"まだ"なってなかっただろうなぁ。

今年は特にXmが大盛況。アルピーヌを牽引役に、電車のように連なっちゃったけど、
とにかく色とりどりの10数台が集まりました。

b0028216_21241289.jpg総勢70台、沢山の味わい深いフランス車が表参道を埋め尽くしていました。

写真は懐かしくも大好きなM氏のルノー5(サンク)。

フランス車らしい青色が素晴らしい。

b0028216_21262765.jpg前に乗っていたルノ−5
(アルピーヌターボ)。

ムチムチした後ろ姿が好きなのはこの頃から!

b0028216_2132827.jpg
自分のXmを激写中。okakiくん入ってるよー(ん?入ってるのは私か?)

左後ろは、今回同じ色が(というかこの色しか見たことないけど…)
3、4台も集まっていたレアなアルピーヌA110。

b0028216_21274985.jpg
↑フロントガラス越しに撮ったmakoさんのノアールMTXm。

交通量がない6時からひっそりと始まり、
他の車が通り始める8時前には誰からともなく静かに解散。
いつもながらフランス車オーナーの粋を感じる瞬間。

もちろんこれだけでは終わらず、Xmチームはけやき坂のスタバでカフェタイム…
…でも終わらず、白金の老舗お蕎麦屋さん…でも終わらず、向かいでカフェタイム…。
今回は、神戸からわざわざいらした白と黒の珍しいXm2組の歓迎会的雰囲気。

b0028216_2139269.jpg
最後は、各色揃い踏みという貴重なチャンスだったので、神宮外苑に寄って記念撮影。
高速の付近までランデブーして関西陣をお見送りでお開きとなりました。

ワクワクし過ぎて眠れず、結局完徹で出掛けたけれど、
その期待を上回る楽しさでした。家に帰って即バタンでしたがご満悦〜。
ご参加の皆様、おつかれさまでした。

by kazztomo | 2010-07-11 21:45 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(34)
硝子包Xm、葉山ご褒美撮影...by okaki。
クルマ友達に腕の良い業者様を紹介して頂き、念願のガラスコーティングを掛けました。
(個人的にキャンペーンして下さるそうなので興味のある方は非公開コメント下さいね。)
外せる所は極力外して隅々まで…モールやホイールやガラスまで掛けて下さったようです。

まるで新車のよう!したたるようなとぅるんとぅるんの美しさ…。
私の魂をますますとりこにする愛人カーwを、Xm撮らせたら間違いなく世界一、
同じく魔女に骨抜きにされてるw写真家、okaki氏にお祝いに撮って頂いたので、
ありがたくもご紹介したいと思います。


(↓写真はすべてクリックで拡大します。横位置写真なのでぜひ拡大してみてね。)
b0028216_20383565.jpg

b0028216_20284962.jpg

b0028216_20394674.jpg

b0028216_20402497.jpg

b0028216_20405099.jpg


私の欲しいホイールを履いてるヴェールベガのokakiXm。
個人的にお気に入りのカットを少しだけご紹介。
b0028216_21442898.jpg

b0028216_21524335.jpg

b0028216_20564937.jpg

b0028216_21441058.jpg

b0028216_21573893.jpg

b0028216_20573190.jpg


↓コンデジでオマケの2枚…もこれまた良かった…。
b0028216_21291192.jpg

b0028216_2182468.jpg
ストーリーやその行間までも感じさせてくれる、okaki × Xmの写真達。
控えめなのか攻撃的なのか、官能的なのか禁欲的なのかを煙に巻く、
被写体との微妙な距離感も大好きです。
美味し過ぎるお料理を頂いた時と一緒でうまく匹敵する言葉が見つからないんだけど…。

超の付く多忙の中、本当にありがとう。念願のホイール履けたらまた撮ってねw

by kazztomo | 2010-06-27 21:13 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(19)
スモークフィルム剥がしと透明UV断熱フィルム貼り。

b0028216_1995219.jpg購入時から気になって仕方なかった、後部座席のスモークフィルム。
(しかも濃い!)

ベルトーネデザイン・Xmの美しい全周ぐるりガラスの横姿が段違いになっちゃって…泣

(←写真参照)


でも、剥がすの大変そうだし、SAABに比べてXm暑いしなぁなどと躊躇していたら、
クルマ友の某氏が一緒に(というか先導して)剥がしてくれることになり、
ベッタベタのフィルムを何とか無事に剥がすことが出来ました♪(アリガト☆☆☆)

b0028216_21175054.jpg

剥がして数日後、間髪入れずに出張UV断熱フィルム貼りをお願いしました。

車検に通る為には前3枚は透過率70%を切ってはいけないのですが、
なんとXmは運転席助手席の窓に関しては素の状態で66%しかありませんでした…。
じゃあ、なんでそんなに暑いんだXm!安物のサングラスみたいなモンか?!と
哀しみでもやもやしましたが、そんな私を見て業者さんが不憫に思ったのか、
「もし車検で剥がされちゃったら、もう一度サービスで貼り直しに来てあげる」と
優しいお言葉を頂きました…(深謝)。
フロントの大きな窓は、UV断熱ではなくUVのみならギリギリ通りそうなので、
そこは残念ながらUVのみ、フロント以外の全周をUV断熱で貼って頂くことに。
見た目的にはとてもクリアで、貼ってあることがほとんどわからない流石の出来映え!

後日、炎天下に出して温度を比べよう!とcooper氏のXmと並べてみましたが、
そういう時に限って急にドン曇りになって計測不能w
断熱性能は「かなりの効果」と聞いていますので、また後日レビューを追加します。

b0028216_19542999.jpg

走行距離77777キロ時のモディファイでした。
何はともあれ、某氏、何から何までホントにお世話になりました!Thank you!!

追伸:やっぱり後ろ姿はルージュグリオッティが一番綺麗だな。
by kazztomo | 2010-06-10 19:35 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(30)
深夜に家を抜け出して…。
b0028216_19302757.jpg
photo : ©okaki
                                  
土曜の夜はXm仲間の不定期ロイホ集会にて、善福寺へ。
クルマの集会wと言っても、至って紳士的で静かでゆるーいノリのこの集まり。
今回は、BXmさん(何に乗ってるかわかりやすいハンドルネームw)が
デザインしたグッゲンハイム美術館×Xm-Tシャツがあまりにも素敵なので、
何人かで、各自好きな配色、サイズでオーダーさせてもらったのを、
受け渡しするというのが一応主題でした。


21時頃からぼちぼち集まりだし、日付が変わるまで、えんえんと
大好き過ぎる人たちに囲まれて、クルマ話中心にオモシロ話の応酬が続き…。

「深夜のファミレスに集まって、友達作のTシャツをその場で着てお揃いに!」という、
まったく大人げないにも程がある行為ながら、
乗ってる車はXmで、Tシャツデザインが秀逸なトコは、まぁ、その、一応オトナ…っぽい?

門限が厳しく、日が暮れてからの外出はお祭りと天体観測の日だけだった私にとってw、
「セイシュン取り戻してる感」をしみじみ味わう夜なのでした。

b0028216_20382240.jpg
こちらがBXmさんがデザインしたXM-T(のイラスト部分)。

XMのさりげない佇まいが良過ぎ!
ちゃんと各自のクルマのナンバーを入れてくれるというニクイ心遣いに愛を感じます(笑)



b0028216_19513762.jpg私がオーダーしたTシャツは、ビビットな配色が残念過ぎる程似合わない自分の為に配色した、ベージュ×ベビーピンク。

BXmさんと何度もやり取りして、イメージ通りの色で作ってもらってご満悦!


b0028216_20106.jpgベージュと白の2色で作ってもらいました。

Tシャツは普段あまり着ないし、無地が好きだし、ノベルティグッズ的なものに興味がない私でも、純粋にデザインに惹かれて、思わずお願いしちゃった程のお気に入り!

b0028216_204292.jpg
photo : ©okaki

写真家のokaki氏オーダーの三枚。
みんな、それぞれが「らしい」配色でおかしかったなw

アっと言う間に日付は変わり、バイバイの時間になりました。
全員の顔に「名残惜しい」ってわかりやすく書いてありましたが、Xmが散って行きます。

一人減り、二人減り、独りになって…ふわふわのXmに包まれて、
エンディングテーマ的NICK DeCAROを聴きながらw、
しあわせとさみしさが振り子の帰り道。
そうやってわざとらしくオトナな感じを味わうのでした。

BXmさん、サタデーナイトのみなさん、ココロヨリ、アリガト。


b0028216_2159023.jpg【オマケ】

このグッゲンハイム美術館は、言わずと知れた、ニューヨークにあるフランク・ロイド・ライト建築。

外観はもちろん、中のデザインから所蔵作品まで、全てが好きでした。光と影の使い方が素晴らしい。
※ずいぶん私、赤毛。
by kazztomo | 2010-06-07 20:16 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(22)