カテゴリ:お出かけ( 107 )
気仙沼ボランティアに行ってきました。
先週の金土日に、フランス車仲間のSUGARさん、coolysさん、ieくん、私の4人で
気仙沼の被災地にボランティアに行ってきました。

SUGARさんは東日本大震災ボランティアへの参加は今回で3回目ですが、
今迄はピースボートという団体におひとりで参加していました。

今回は私達個人のグループで自家用車に乗り合いで赴き、
気仙沼ボランティアセンターに仕事を頂くという形での参加です。
(※もちろんグループではなく一人でも参加出来ます。 )

私はご存知のようにインドア派のもやしっ子な上に非力、おまけに腰痛持ちで、
今回お誘い頂いた時に足手まといになることを心配して尻込みしていました。

でも、SUGARさんの優しい励ましがあって行くことを決意しました。

実際、仕事は強制的に割り振られる訳でも力仕事しかない訳でもなく、
いわゆる「女子供でも出来る仕事」が沢山あり、
ボランティアセンターのリストの中から希望の仕事を選ぶことが出来ます。

また一つの現場でも力仕事と軽作業の両方のニーズがあったりするので、
今回のように男女混合のチームで行っても同じ現場で別の作業が出来ます。


b0028216_11353155.jpg1日目は、気仙沼港の目の前にあって半壊状態の商店の片付けのお手伝い。

男性陣は荷物運び、私はステンレスのボルトなどを磨いて商品として復活させる仕事です。

途中、震度5の余震があり、ヒヤっとしましたがそのまま作業を続けました。
(photo:SUGARさん)


b0028216_12155256.jpg作業は夕方に終わり、体力のない私はヘトヘトでしたが、車で少し行ったところに景色のいいお風呂があると聞き、リフレッシュしに行きました。

b0028216_11441117.jpg
帰ったら、楽しみにしている自炊タイムです。
食材はすべて地元で調達することが出来ました。
スーパーの品揃えはこちらよりも豊富にある程で、震災の影響は感じられません。


b0028216_1145966.jpg メニューはカレーとポテトサラダ。
(photo : coolysさん)

b0028216_11455842.jpgクミンシードを1瓶使っていい匂いのカレーが出来上がり!

coolysさんがルクルーゼと飯盒で合計6合も炊いてくれた美味しい炊きたてごはんと一緒に頂きます。

b0028216_11471014.jpg私はテントで寝るのはなんと初体験!

贅沢に5人用を独り占めさせてもらい、coolysさんが持って来てくれたエアベッドに持ち込みの布団とマイ枕という重装備。

チビメリーのメアリも一緒だったけれど、寂しがってる間もなく就寝…。

b0028216_11502973.jpg
翌日は唐桑半島にある体育館の中で、写真の清浄の仕事をさせて頂きました。


b0028216_11485913.jpg半分燃えてしまった写真、泥だらけの写真などを1枚1枚洗っていきます。

体育館には、被災された方々が入れ替わり立ち替わり ご自分やご家族、ご友人のものがないか探しに来ていました。

ほとんどがハレの日の写真ばかり…。

どうか、写真を取りにいらっしゃいますように…元気でありますように…と思いながらそっと洗いました。

写真は日が経ってだいぶ腐食が進んでいるものもあります。時間との戦いと痛切に感じます。


b0028216_11513885.jpg今回のテントは、ボランティアセンター近くの公園で張りましたが、 遠くて行かなかったキャンプサイトが重要文化財の学校の敷地だというので帰り際に見学だけさせてもらいました。

b0028216_1153413.jpg写真はほとんど撮れなかったけれど、気仙沼はとても美しいところでした。

復興後に観光としても行きたいです。

b0028216_1154644.jpg最後にSUGARさんが以前お世話になった気仙沼(近くの大島)の民宿を営むご家族の仮設住宅にご挨拶。(彼らの民宿は津波で跡形もなく流されてしまったとのことです。)

とても恐ろしい話を消防団ご所属のご主人や奥様から笑顔で聞かされ、息が苦しくなる場面もありました。ご家族がかなりギリギリのタイミングで助かったということで、それは本当に不幸中の幸いでした。


被災地は、重機や自衛隊などのプロがやることは(まだまだあるものの)
だいぶ進み、力仕事ばかりではなく、細々とした作業が沢山あります。
全然人手が足りてないと感じたので、またなるべく早く行きたいです。

今回は体育会系の団体に所属というのではなく、
気心の知れた仲間に連れていってもらったので、精神的にはとても楽でしたし、
食事や道中のお喋りの楽しみなどと共に継続していく事が大事だと感じました。

今回連れて行ってくれたみなさん本当にありがとう。
お世話になりました。

私が行けたことで「ボランティア」の敷居が極限まで低くなったことと思います。
非力でも微力でも、数が必要な今です。

by kazztomo | 2011-07-29 11:56 | お出かけ | Comments(3)
くすみんの2日間限定長屋カフェと、建築家自邸へハシゴ。

b0028216_1125935.jpg料理上手で、遊びに行って御馳走になる度に美味しさに感激してレシピを教えてもらったりしてるくすみんが、2日間限定でカフェをやるというので、台東区根岸という下町風情溢れる路地を奥に入ったところにある長屋をリノベしたギャラリー「そら塾」に、友達数人と一緒に遊びに行ってきました。

これって再建築不可じゃんっていう、接道ナシの路地奥長屋前は、子供たちがコマを回したり、竹馬したりする懐かしい風景を連想させてくれます。

東京下町に馴染みがまったくない私にはとても刺激的!

b0028216_11272225.jpg
お店は大盛況で、くすみんはてんてこまいです。
エアコンのない店内には扇風機とうちわがパタパタ。
お部屋も小さいけれど、ちゃぶ台も座布団も…何もかもが若干スモールなお江戸サイズ。


b0028216_11172417.jpg
私も愛用中(もうここのオリーブオイル以外無理!)の、イルビアンコさんのオリーブオイルを使った贅沢なお料理をいただく。

季節の野菜を沢山使った、優しくて、ココロとカラダに響く味だったー。
さすがくすみん!ごちそうさまね。ぜひともパーマネントでやってくれー♪

路地裏散歩オプション付きの楽しい下町カフェを満喫した後は、
夕方の宴へ・・・一気に東京を横断してふりだしに戻ります。


b0028216_11474720.jpg
続きましてはご近所の建築家の桑原茂さん自邸にお邪魔しました。

我が家の建築家矢作昌生氏の現在の一番弟子、中島くんがいよいよ独立されるということで、お祝いパーティにお呼ばれです。

中島くんにはウチの担当もして頂いていたので、感慨もひとしお。
竣工写真を撮影のカメラマン鳥村鋼一さん(現場焼けでこんがり)も居て、懐かしい面々が揃った宴です。

そこに居る全員がアイディアをひねり出す仕事をしている人間だったので、皆まで言わずとも伝わる心地よさ。大爆笑トークも止まんない宴でした。

ホスト夫妻の手作り料理もこれまた絶品過ぎていつもながら癒されました。

下町とモダン建築の両方を堪能する1日でしたが、頂くお料理の優しさと美味しさは
とっても近く、シアワセにも程がありました。

その上、限定カフェのくすみんと写真家の鳥村さんは、まったく別なところで繋がっていてビックリ!ということで(詳細はこちら)、世の中が狭いのか、私の趣向と交友関係が引き寄せたのか(笑)、縁の有り難さを感じる1日でもありました。

みなさん、ほんとにどうもありがとう。
また遊ぼうね!次回はぜひうちで☆

by kazztomo | 2010-07-26 12:20 | お出かけ | Comments(8)
ベルギー大使館主催のお料理教室へ。
b0028216_20283359.jpg土曜日は、スミレさんのお誘いでベルギー大使館で行われた、お料理教室に行きました。

ベルギー大使館は去年建て直されたそうで、元はとても味わい深い洋館だったそうですが、現在は真新しいビル。

b0028216_20315884.jpg大使館なんて、取り壊される前の旧フランス大使館に入ったことある位でしたが、こちらはまるで美術館のよう。

「教室」と名の付くものが大の苦手wの私だけど(言われた通りになんか出来ないよ〜)、大丈夫かなぁ…?

b0028216_20362330.jpgお洒落なベルギー観光局長が出て来ていろいろとベルギーの文化やレシピの説明、自慢のビールのお話なんかを楽しく教えてくれました。

フランス語訛りがとても可愛い局長さん、「呑み友達」とか、こなれた言葉には詳しいけど「小麦粉」がなかなか出て来ないし、言えてなかった(笑)。

ベルギーの「スパ」という温泉の町が、世界中の「スパ」の語源だと教えてくれました。「ニホンデイウトコロノ…ケンコウランド!」…って、良く知ってるなぁ(笑)

ベルギーいい国じゃん!行ってみたいなー。(啓蒙され)

来年オランダあたりと抱き合わせようか?!

b0028216_20431846.jpgいよいよ大使館の厨房へ。
先生は、ベルギー料理レストラン
シャン・ドゥ・ソレイユ
の料理長。

もちろんベルギーで長く修行をされてきた方です。

メニューは「トマト・オ・クルヴェット」(トマトと甘えびのカクテル風サラダ)と、「リエージュ風サラダ」(じゃがいもとベーコンと季節野菜のホットサラダ)。

写真はゆがいた甘エビにヴィネグレットソースを和えているところ。

b0028216_20544178.jpg今回活躍した赤ワインビネガーはこちらがオススメ、ということで、見掛けたら買ってみよう。

b0028216_20553844.jpg完成!旬のお野菜を活かした定番になりうる味でした。

どちらの料理も、決め手はヴィネグレットソース。(タマネギと赤ワインビネガー、マスタードなどで作るソース)。これがあればどんなものでもさっぱりと美味しく頂けそうなので、レパートリーに組み込むことにしました。


自営業もお料理も、長くなると何でも自分流にテキトーにやる癖がついてしまってますが、たまにはこうやって人に教えて頂くというのも、目からウロコ、で良いものですね。反省!

お誘いしてくれたスミレさんは、ある筋のプロフェッショナル。
彼女との話も、いつもながら楽しかったな。
ありがとうね!

by kazztomo | 2010-07-11 21:07 | お出かけ | Comments(8)
建築家を囲み、姉妹建築チームでパーティでした。
b0028216_1048507.jpg
我が人生に於いて外せない季節の楽しみとなりつつある(大げさ!だけどホント!)
姉妹建築仲間とのパーティでした。(もう先々週?!早いね!)

今回は、お庭が完成したというmakoto家にお呼ばれしました。

私達の建築家の矢作昌生さんが超多忙の合間を縫って数時間ご参加&熊本にある姉妹物件の
mikipoo家も飛行機に乗ってわざわざmakotoさんの料理に舌鼓&
爆笑トークに腹鼓を打ちに来てくれたので、盛り上がりも最高潮のものとなりました。

お庭の樹々がしっとり濡れて、とても美しいじゃないの!



b0028216_10505321.jpgガーデンプランナーさんとmakotoさんが綿密に企画して造ったこのお庭、
玄関脇から奥の中庭へ向かって、まるで誘い込むようにプライベート感溢れる美しいアプローチとなっていました。

b0028216_10584395.jpg
バスルーム前の坪庭。
お風呂からも外を眺めさせてもらいましたが、湯船に入った低い目線から見える下草にまで気を配った配置で、本当に美しい!makotoさんがとてもマメな人なので、このお庭が10年後、さらに美しく成長してくれることは間違いないし、それが楽しみでもあります。


b0028216_1102759.jpg目の保養をした後は、
お腹の保養?です。

今回は総勢13名!

b0028216_1115718.jpg
makotoさんの手料理は、彼の優しさと、マメさが存分に発揮されている癒しの味。

最初からめちゃくちゃ美味しかったけど、回を重ねるごとにさらに腕を上げ、今ではすっかり料亭の味とオフクロの味のいいトコ取りみたいに完成されてしまいました。

こんな美味しいものを頂きながら、みんなで建築話を皮切りに→クルマ(全員欧州車乗り)→家具・陶器(makotoさんとは北欧仲間)→仕事(多種多様な興味深い異業種)→人生(笑)…と話はあっちこっちに飛びながら、14時に集合してから日をまたいで0時過ぎまで!

私達は、熊本から来てくれたmikipoo家と朝9時半から一緒だったんだけど、話は尽きることなく…。

行列の出来る建築家、矢作さんとは、もう7年のお付き合い。
他の建築仲間(主催のmakoto家熊本のmikipoo家別の建築家で建てたんだけど、気がつけば中心人物のtsunoshin家現在見積もり中のken&fumi家)も、すっかり長い付き合いとなってきました。
修羅場を一緒にくぐり抜けてきた戦友、同じ価値観を共有する仲間とは、
「同じ釜のメシを食った」というような感覚があり、
(気持ち悪いけど→)すごく愛おしい(笑)!
そして、各々のキャラクターがジグソーパズルのように組み合わさった
最高の組み合わせだと思っています。

これからも、懲りずに仲良くしてねー!
主催のmakoto家、本当にありがとうございました。次回はウチかな?!


b0028216_11474834.jpg【オマケ】

翌朝(昼)の我が家。

みんなでノコノコ起き出して来て、昨晩の楽しさを反芻しながら、おもむろに明石焼とたこ焼きをもぐもぐもぐ…。(全員下戸なので二日酔いじゃないんだけどね…)

mikipoo家、又帰って来るんだよ〜。

by kazztomo | 2010-07-07 22:21 | お出かけ | Comments(6)
妹&実家&弟の家の建築家ギャラリーへ。
b0028216_2319382.jpg
少しの間実家に帰っていたのですが、その時に妹の家実家、弟の家(設計中)をお願いした、平井さんの事務所兼貸しギャラリーに遊びに行きました。


b0028216_2326013.jpg外は緑と一体化した古いおうちです。
b0028216_23264516.jpg中に入ると正面にはドアと小さなお部屋が。

b0028216_23274121.jpg巨大な糸巻きみたいなのは、木を製材するもの。

平井さんのご実家は製材所なので、彼は木をどう活かすかがとっても上手です。
b0028216_2329044.jpgそうそう、
ここは木材の倉庫だったのを改装したんだそうです。
b0028216_23294086.jpg
吹き抜けから一階を見下ろすことが出来る小さな二階のフロア。
弟と甥が居る窓辺からは隣地の緑しか見えないのが最高に良かったです。

b0028216_23311871.jpgここは以前に母が個展をした方のギャラリーのお部屋(今回増築した部分の隣です)。こっちは白いシンプルな雰囲気で、今は陶器作家さんの作品展をやっていました。


建築本をたくさん集めた小さな「住まいの図書館」も併設していて、ソファに座って目移りしちゃう良い本を眺めながら美味しいお茶を頂きました。

「朴訥なお人柄…」という表現が美しくもぴったりの、
平井さんらしいもの静かなギャラリーです。

伊豆長岡方面に行かれた時には寄ってみて下さいね。
※なんか買わなきゃいけないなんて心配のない(笑)落ち着く癒し空間です。

場所の詳細はこちら

by kazztomo | 2009-07-17 23:38 | お出かけ | Comments(10)
建築チームで逗子BBQ。
ギリシャ旅行記をボチボチと更新している間に、いろいろ楽しいことがあったのをアップしそびれてしまいましたが、写真があるものをちょっとアップしたいと思います。

b0028216_131797.jpgまこと家tsunoshin家、kenfumi家とウチといういつもの4組で、kenfumi家の近所、逗子マリーナ海岸でBBQ!

天気予報の雨をいつもの通り難なく蹴散らして、この日は花曇り。
b0028216_13134460.jpg
逗子マリーナは、
ここはドコですか…という高級リゾート地です。(フリー素材集の写真より)


b0028216_1316929.jpgこの日は、なんと葉山牛と山形牛を贅沢にジュージューしてもらった他、kenさんが腕をふるったタイのカルパッチョ(写真)やら、

b0028216_13194387.jpgガーリックポテト、バーニャカウダ、お手製ミートソースのペンネ等、美味しいものが目白押しで迷い箸。

b0028216_13234563.jpg海を観ながら海の幸!
うちの近所じゃこんな新鮮な殻付きのほたてなんて売ってないぞ!

うまーーー♪

b0028216_13303879.jpgまことさんのマイブーム、ホームベーカリーで焼いてきてくれた岩塩とチーズのフォカッチャもこれまた絶品!

どうして建築主の男性達は皆こんなに料理上手なのか…?


料理の絶品さ、ロケーションの素晴らしさは言うまでもありませんが、
さらにこのパーティの一番の醍醐味はこの面々の魅力を堪能することにありますw

ken&fumi家の仮住まいのおうちに移動してから話はさらに盛り上がり、
みんなの引き出しから繰り出される話題に抱腹絶倒、又は真剣に、
又は泣きそうになりながら、夜は更けていったのでした。

ホストのken&fumiさん、参加のみなさん、本当にありがとう!

次回はそろそろウチに来てね♪

by kazztomo | 2009-06-21 13:53 | お出かけ | Comments(16)
更新遅れましたが…ちょっとまとめ。
具合が悪い訳ではありません☆
「更新がないけど大丈夫?」と、各方面からご心配の連絡ありがとうございますw
旅行前ということもあり、ちょっと締め切り前倒しで
仕事をがんばっていたり、準備に追われています。

b0028216_3163320.jpg
和歌山からサプライズで来てくれたりする快人を含め、フットワークの軽い素敵な人たち。


b0028216_3172186.jpg(遠くから遊びに来てくれたのに)なぜかRHODESをバラして修理をしてもらったり(ホント、皆さんSAABオーナーの人たちは超多才です)、
宴の後はスタジオで深夜のセッションしたり、なんかもうすごい楽しかった記憶が。


b0028216_3291630.jpg
満開時。家の前の並木は夢のような景色でしたよ。
たった2週間前ですが、今はもうすっかり新緑です。

b0028216_3215239.jpg
メリーは花より…

b0028216_3215721.jpgボールです。
b0028216_322218.jpgこのふたりは歩き方まで似てるね。

…という訳で、時期外れの深夜のブログアップでした。

by kazztomo | 2009-04-24 03:35 | お出かけ | Comments(23)
建築仲間のお家へお呼ばれ。
b0028216_12461834.jpg先週末は、ずいぶん前から楽しみにしていたまこと家のパーティにお呼ばれでした!

他参加メンバーはtsunoshinさん
これから建築のfumi&kenさんの4組
10人です。


b0028216_1341363.jpgいつ行ってもまこと家は綺麗…そしてなんかテーブルの雰囲気がうちと違って上品です☆

やっぱり住人のキャラクターの差が大きいと見ました(-.-)。

準備をお手伝いしてくれている私の(←違う)みーたん。

b0028216_1251440.jpgお皿にぴったりの、アスパラのおひたしと鯛のおさしみ。

鍋は、どっちの料理ショーで特選素材としても紹介された「館ヶ森高原豚」と「水郷どり」を使った豚しゃぶ&塩ちゃんこ。

味ももちろん見た目以上に絶品!!
  
写真を最初に撮ったその後は、いつもの大宴会へ突入。
お腹いっぱいで苦しくなるまで美味しいものをもしゃもしゃ食べて、
みんなでバカな話、真剣な話、楽しい話をたくさん、たくさん、たくさん…。
今回も夜中1時半になるまで気がつかず。
それでも別れるときには寂しく、次回の約束をせずにはいられないほどでした。
一瞬一瞬がなんて楽しいんだろう。
大好きな、大切な仲間です。

saab壊れてホスト自らお迎えに来てもらってしまってほんとにごめんなさい&ありがとう!
素晴らしいおもてなしを本当にありがとうございました。

次はどうやらfumi&kenさん(これから建築組)の模型披露会?!
自分たちが片付いちゃってるので人ので楽しんでいる感が否めない上(笑)、
矢作昌生さんにものすごいプレッシャーが掛かっている気がしないでもないですが
あくまで外野はあったかく陰から見守らせて頂きます(笑)☆
                                                                              
by kazztomo | 2009-03-14 13:15 | お出かけ | Comments(13)
リトルイタリーなおうちへ。
今回で二度目になりますが、イル・ビアンコ店主の加藤さんちに遊びに行きました。

b0028216_19394542.jpg加藤さんは、オリーブオイルを始めとした、イタリア食材に情熱と愛情を注いでいます。

それだけじゃなくて、イタリアのフィレンツェに4年滞在&リストランテで修行していた料理の腕前の持ち主。

最初に頂いたのはホタテのマンダリンオリーブオイル。

フレーバーオリーブオイルを掛けただけのシンプルなもので、とっても美味しい!

b0028216_1945674.jpgスペアリブのレンズ豆煮込みは、骨から外れる寸前でとっても柔らかい☆

加藤さんのお料理はどれも味付けはとってもシンプルで、素材の持ち味を前面に出した逸品ばかり。


b0028216_1949520.jpg直径37〜8センチもある大きなフライパンもイタリアからのお持ち帰り品だそうですよ☆


b0028216_19504673.jpgいっぱい撮り忘れましたが、他にも沢山頂きました。

シメに食べたのは、モチモチのボンゴレ。

もう食べられないようと言いながら
しっかりお腹に納めてしまいました。

b0028216_1953152.jpg前回売り切れで手に入らなかったエクストラ・バージン・オリーブオイル(DOP)「テッレ・ディ・シエナ」が、ちょうど入荷していたので、買わせて頂きました。

フルーティでちょっと辛みのある味が、早速我が家でパンチのあるイタリア料理作りの手助けになってくれています。

(写真はリンク先の加藤さんのサイトより拝借)

b0028216_19562084.jpgもう一つ、前回お邪魔した時に頂いて感激し、去年のイタリア旅行を想い出す必須アイテムとなった白トリュフのオイルも譲って頂きました。

加藤さんのところは、良い物だけを自分の目でセレクトして、(灼熱のコンテナ詰めで何ヶ月も掛けて運ぶのではなく)常温(15度から25度の低温)庫で航空便で運んでるんだそうです。

加藤さん、今度このオイルを最大限に活かす美味しいレシピをぜひ伝授して下さい☆


この日も加藤さんから興味深い話を沢山聞いたり、会話もはずみ、美味しいお料理を中心に
とても盛り上がりました。私もこんな風におもてなし出来るようになったらいいな…☆

また遊んで下さいね☆

by kazztomo | 2009-02-27 20:04 | お出かけ | Comments(15)
白洲次郎・正子邸「武相荘」へ
ここのところ忙しい日々が続いていましたが、先日、母と妹夫婦、私達で、
うちからかなり近いところにある「武相荘」へ出掛けてきました。
ずっと前から行こうと思って近過ぎて後回しになっていた場所です。
b0028216_13192371.jpg
白洲次郎正子の二人がどういう人物かということは、あまりにもその事績が多岐に渡るのでリンク先を見て頂くとして、武相荘は、次郎がアメリカとの戦争を予期し、そして東京が焼け野原になることも予期し、昭和15年に移り住んだ古い農民家です。

b0028216_12562587.jpg広大な高台の敷地に、枯れた佇まいの、当時はどこにでもあった農家、だそうです。

b0028216_13203215.jpg内部も見学できるようになっているので入ってみる。
b0028216_13213527.jpg残念ながら内部は撮影禁止で、入ったばかりでそれに気づかない時に撮った1枚しかありませんがw、田の字づくりの小さな平屋です。

縁側からは竹やぶを望むことが出来
陽がぽかぽかと当たります。

b0028216_13241265.jpg荒れ果てたこの家を30年かけて自分たちで直して住んでいたのです。
b0028216_2213018.jpg納屋のような別棟もぽつんぽつんと質素に点在し、その一部がカフェになっていました。

大人数だったのに運良く入れてよかった。

b0028216_1327395.jpg「普段人のことを羨ましいと思うことはないけど、こういう家に棲む人だけは羨ましいなぁ。お金で手に入るものではないからね。」って、母が言っていました。

そうだねー。


「無駄のある暮らし」という題で、正子さんの談話のようなものが壁に貼ってありました。
新築住宅の場合、坪単価に響きますから自分達にとって無駄と思える空間は
極力省くというのが当然の考え方。
「無駄のない暮らし」を目指そうというのも当たり前となっています。

彼らは自分達のために作られた訳ではない田の字造りの「箱」を修繕、カスタマイズして
暮らしていたのですから、当然無駄なスペースだらけだったことでしょう。
実家の改築でも想いましたが、古い住宅から偶然生まれる(故意に作られたのでない)
「無駄」は、それを活かす人次第なのだけれど、新築住宅にはない素晴らしさとゆとり。

建築物はあくまで物質であるけれど、皆、それに憧れているのではなく、
不便さと共存し、楽しみ、丁寧と満足が溢れる、
この武相荘の住人の気持ちの豊かさと感性に触れ、学びたいという気持ちなのです。

予想以上に良いところでした。

でも、私が子孫だったら絶対に公開なんかしないでここに住むなぁ!
ヘンな指示看板や食卓を再現した蝋細工、次郎さんと正子さんは頭くるんじゃないかな!

by kazztomo | 2009-02-04 14:15 | お出かけ | Comments(17)