●いざ、法務局へ!
引っ越しも済み、家はまだ片付いてないけど銀行からもせっつかれた事もあり、
今日はいざ法務局へ。

しかし、しょっぱな、何も知らない私は驚いた!

まず、驚いた事に「登記は建物が完成する前にやる事ができる物」だったのだ。
私はてっきり完全に家が出来て、引っ越してからするものだと思っていました。
工務店に完成直前になったら「引き渡し証明書」を出してもらえば、手続きは進められるのでそれだけ早く登記が済み、工務店も早く最終金の入金を受ける事ができるので、どうもそのようにするのがベストなような気がしました…。

建物を新築した時の登記は「表示登記」と「保存登記」と2種類あり
「表示登記」が終わらないと「保存登記」はできないし、
「保存登記」が終わらないと銀行の「抵当権設定」はできないらしい。
この3つを完了して火災保険をかければ建物の準備は終了なんだけど、
まずは「保存登記」を済ませなくてはいけない。

●「保存登記」
これに必要な書類を聞いてきた。保存登記は申請書を提出してから現地調査をするそうなので、一週間〜10日程待ち時間がかかると聞かされた。
b0028216_2124967.jpg1.登記申請書

まずはこれに記入。(写真はサンプルです)
この書類に以下の書類を添付して提出します。

●この申請書のコピー(つまり2部作る)
●建物図面と各階平面図
●所有権証明書(工務店から引き渡し証明書に会社の印鑑証明を付けて頂く・建築確認書のコピーと原本・確認申請書の第一面〜第五面のコピー)
●住民票(所有者全員のもの)

いきなり申請するのは難しいので、どうしても一度法務局にお伺いを立てにいくのだが、その時は「確認申請図書」を工務店か設計士さんから頂いておいて、それを持って行くと色々それをめくりながら「あなたの家はこれこれこうなので」と教えてくれて便利。

で、これを提出すれば完了!あとは出来ましたヨっていう連絡をもらえるらしいので、受け取りに行くらしい。
ウン、これなら何とか自分で出来そうだぞ!

by kazztomo | 2005-06-23 21:23 | 建築日記 | Comments(2)
Commented by みうら at 2005-11-07 18:08 x
コピーは、2枚。合計3枚必要。1枚は、役場に送付される。
Commented by kazztomo at 2005-11-07 18:35
>みうら様

そういうエリアもあるんですね。
私の申請エリアではコピーは一枚でした。
<< ●猛暑でも涼しいです。 ●自分でがんばる登記! >>