Ilmari Tapiovaara / Pirkka chair
b0028216_10421166.jpg

残り少ない家具置き場なのでじっくり検討していましたが…(笑)。

現在洗面脱衣室に収納は足りているので、脱いだ洋服やタオルを置いたりするのには
Ilmari Tapiovaara(イルマリ タピオヴァーラ)のPirkka chair(ピルッカチェア)を。

1950年代製造のかなり使い込まれているものにたまたま出会い、一目惚れ。
今日届いたばかりです。

あまり広くない洗面室にややこぶりで軽い質感がぴったり。
場所柄ファブリックを使っていないのも良いし、
座面が割と平たいので、物を置くという用途にも合います。

ピルッカチェアは(私はフィンランドの家具全般に感じることですが)
こぎれいだとファンシー(?)過ぎるかなと思っていたのでこの出会いには感謝!



b0028216_10562865.jpg一生うちの子でいてね。
↑ガーゼタオルにも注目(笑)


b0028216_11404760.jpg

by kazztomo | 2012-07-03 10:43 | モノ | Comments(0)
<< 光文社「VERY」8月号。 珈琲の時間。 >>