Miele(ミーレ)洗濯機 W5820 使用感レビュー。
b0028216_16242418.jpg

2010年にグッドデザイン賞を受賞、
日本では昨年発売開始となったミーレの新製品洗濯機W5820 WPS。

購入したのは昨年末だったこともあり、デザイン的に他の選択肢はありえなかったので
まったく口コミ評判やレビューを見ることもなく決めてしまいましたが、
新製品と言っても、容量が大きくなったり多少性能が良くなったりということで、
基本的な機能はほとんど従来品と変わらないのでは。(詳しくは比較してません)

大きく違うのは、今までは代理店を通じての販売があったものが、
基本的にメーカー直販のみと販路に変更があったことでしょうか。
設置方法に難があって問題が起きた時の補償問題等を解消するのが目的とのこと。
今までは工務店(設備店)が工事を行なうこともあったのですが、
最終的な設置と動作確認は必ずメーカーが来て行なうという方式になったようです。

我が家のものは乾燥機が付いていないタイプW5820 WPS。
価格差は5万円位だったと思うのですが、
洗濯容量が乾燥機付き(WT2780WPM)が5.5kgまでに対し、
洗濯機のみのものが7kgまでOKだったこと、
乾燥機の容量が3kgまでしかないこと(乾燥機を使う時は一旦半分出す)、
お手入れが面倒だということ(乾燥機付きはマメさを要求されるお手入れが必要)、
時間も電気代も掛かるので乾燥機は使わないだろうと思ったことなどを理由に
洗濯機能のみのモデルをチョイスしました。


b0028216_15383323.jpgショールームに足を運んで、テスト洗濯もしたのでわかっていましたが、乾燥機を使わない場合のデメリットは「パイルが硬くなってしまうこと」。(※乾燥機を使ってもやや硬くなるそうです。)
実際、10回洗濯したタオルは…「畳鰯」状態…。



※画像はイメージ(畳鰯)です。うちのタオルではありません。


ふわふわタオルが大好きな方には決してオススメできません。
ごわごわです。大人はともかく赤ちゃんを拭くとかは絶対無理だと思います。
これは、高速回転の脱水機や、少ない水で叩き付けて洗うという
ドラム式の洗濯方法によるものだそうですが…。

私は幸いにも"古いハイドロのフランス車に乗る"という心の鍛錬を積んでいますのでw、
好きなもののために他を合わせれば良いと思い、パイルを撤廃。
ガーゼタオルやワッフルタオルを使うようにしたところ、
こちらは何の問題もなく気持ちよく使えています。

洗濯に掛かる時間も最短モードでは20分コースもあり、
標準で1時間半。こちらも特に気になりません。
高速脱水の効果で洗濯物が乾くまでの時間がだいぶ縮小されました。

音はとても静かで、振動は皆無と言って良い程。
洗濯物の取り出しは、籠を床に置いて扉を開き、正座をして引っ張り出す(笑)
という方法ですが、洗濯物のからまりもほとんどないのでとても楽です。

お水と洗剤を使う量が格段に減ったこともあり、総合的にはとても満足。
故障なく、永く活躍してくれることを望みます。


------------------------------------------------------------------------------------------------


【以下は設置を検討中の方への注意喚起です】

ショールーム、カスタマーセンター、下見に来たメーカーの方、設置に来たメーカーの方、全員が違うことを言っていた点が2つありましたので注意喚起しておきます。(メーカーにも直接指摘しておきました)

1.高温モードについて。

洗濯温度(選べます)は最高で95度があり、このモードを使用した場合、排水管がダメになると設備屋さんから指摘がありました。設置説明書には耐熱の排水管を立ち上げるよう指示がありますが、最初の数十センチ分だけそれにしたところで意味がないですよね(それ以降一体どこまでの配水管を耐熱にすれば良いのという話)。それをカスタマーセンターに電話して確認したところ、待たされて確認していたようなのですが、「60度以上の高温モードは使用するな」と念を押され、指示したという記録を残すために私の個人情報を控えられました。
ところが、当日設置に来た担当者に同じ疑問をぶつけてみたところ、「50度まで湯温を下げて排出するモードがありますので、設定していきますね」とあっさり解決…。

2.設置寸法について。

工事前に開口寸法をカスタマーセンターに問い合せたところ、
指示された寸法は600(幅)×820(高)でした。
ところが、設置前日下見に来たメーカー担当者は「595x816」の本体寸法に対し、
各1cm〜1.5cm以上(合計で幅と高さ各2cm〜3cm以上)の余裕を持って下さいと言うのです。
「開口寸法は600×820と聞いています」と言ったところ、
「それだとぴったり過ぎて振動で洗面台が破損する可能性があります」と言うのです。
でも、設置説明書にも「必要開口寸法」は「600×820」となっており、
どこにもそんなことは書いてありません。それって問題。

我が棟梁宮川さんはミーレのビルトイン経験豊富でしたので、
そんなこともあろうかと本体サイズ+周囲5mm弱ずつのギリギリの余裕で作って下さっていて、
私も各1cm以上余分に開口していては見栄えや埃の面で良くないと思い、
各5mm弱で良いだろうとふたりで言っていたところ、
当日の設置担当者は「理想的な開口です」とのこと…。
昨日の1cmって何だったの…?という感じでした。
さらに、本体向かって左側にメンテナンスと給排水管設置用で
小物も入る扉付き開口部(約15cm)も作ってくれていたので、
当日はメーカーさんも唸る「理想的な開口寸法」で設置することができました。
(下写真向かって左側参照)
この予備部分がないと、何かあった時に引き出すことが出来ず、
周辺を壊して取り出したことがあったそうです。
b0028216_22595785.jpg
以上二点はくれぐれもご注意下さい。

by kazztomo | 2012-07-01 16:11 | 建築日記 | Comments(4)
Commented by massey330 at 2012-11-22 18:11 x
始めまして。
少し遅い投稿へのコメント申し訳ございません。
私もミーレ洗濯機使っています。
確かにタオルは硬いですよね〜
私も乾燥機付きと悩みましたが洗濯専用にしました。

使い始めた時はタオルの硬さにビックリしましたが、もう慣れました^_^

でも総合的には満足しています。
これからも宜しくお願いします。


Commented by kazztomo at 2013-01-05 19:41
>massey330さん

こちらこそご返答が遅くなりまして申し訳ございません!
タオルの硬さは、我が家はガーゼとリネンとワッフル素材で乗り切っています(笑)。

総合的に考えて、人に勧められるかというと、
ミーレを検討してもいない人にわざわざ勧めるということはありえないものの、
これが欲しいなぁと思っている人には勧められるという感じ…ですね。

こちらこそこれからもよろしくお願いします。
Commented at 2013-04-10 07:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tama at 2013-04-10 17:45 x
タオルは乾燥機にかけないほうが良いのでしょうか?
<< お手洗い出入口プチリフォーム。 おうち食堂。 >>