たまご王子はしあわせもの。
   

                  本日のイラスト、ぜひクリックで拡大してご覧下さい。 ©ie
b0028216_1831450.jpg
HP「フランス車指南」や、このブログが、マニアの中では妙に有名な(笑)、
ライターでイラストレータのieくん(CITROEN VISA GT)が
たまご王子を描き下ろしてくれました!

--------------------------------------------------------------------------------------------
車名・型式/CITROEN BX 16TRS(E-XB171)
初年度登録/平成元年(1989年)2月。(車体には87年式と書いてあったような。)
走行/140000km〜(納車日2012/12/14)
排気量/1.57L(1600cc)
車重量/1040g(総重量1315g)
長さ/4235mm
幅/1680mm
高さ/1365mm
ホイールベース/2655mm
トレッド(F)/1420mm
トレッド(R)/1355mm
駆動/FF
ガソリン/ハイオク(満タンで52Lしか入らない)
--------------------------------------------------------------------------------------------





b0028216_18161629.jpg
こんなのもー!
見ての通り、Xm、BX共に私の個体そのものです。大きさの違いもわかるね。
運転してるともっとBXのが小さく感じるんだけど、
それは私がそれぞれに抱いているイメージなのかも(笑)。

XMは初期型~後期型までほとんどイメージは画一的ですが、
BXはモデルや色によって全然表情もイメージも違うんです。
私が選んだ16TRSは、BXのモデルを大きく分けると中期(の初期)に当たり、
日本の中では最もぺーぺーなグレードで、おまけにキャブ式。
バンパーのデザインも一番さっぱりしていて、いわゆる「羊BX」です。
他のBXはこちらへ(ieくんのブログのBX記事)。

XMは、あの天にも昇る乗り心地と、車内の雰囲気、窓からの景色など、
どこを取ってもフランス大統領が乗っていたということに頷ける雰囲気で、
夜中の高速道路などを「魔法の絨毯」でクルージングしていると、
「世界の中心はここだよココ!」(笑)と思える至福感があります。

BXは「狭いけれど楽しい我が家」みたいな(決して狭くはないのだけどイメージ的に)
ワイワイするのが楽しく、気軽で元気で楽しい雰囲気。
車内でサンドウィッチを作って食べて楽しいのは、断然BXの方なのです。

無味乾燥なモデルのスペックでは表わせない、シトロエンのライフスタイルごとの演出に
「まんまと乗せられてやろう」と思わせてくれるXmとBX。

キャラクターも存在意義も違って、
どっちもハイドロでパっと見のフォルムが似ているにも関わらず、
二台持つ醍醐味を感じる、個性的なクルマたちです。


また、宝物が増えてしまったよ…!
ありがとう!ieくん。





by kazztomo | 2012-01-11 18:02 | クルマ(93,Xm,BX) | Comments(7)
Commented by okaki at 2012-01-13 00:35 x
うわ〜(感嘆…)
これこそ、まさに「世界の名車シリーズ/シトロエンBX」(仮)の表紙になりそうな…。この絵もきっと、サササっとものの数分で描きあげたんだろうな〜。これは、凄い。
下の作品は、家の廊下の壁にさりげなく飾ったりしたら、これはもうサイコーだろうね。うーん、素晴らしい♪
よしっ、僕もieさんの技に近づけるよう、手先を訓練するぞっ(^^)V
Commented at 2012-01-13 14:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by *tomo at 2012-01-13 23:16 x
>okakiくん

柔らかな線(ieくんの画風の中ではちょっと珍しい?)、優しい表情が、
まぎれもなくたまご王子だなぁって思わせてくれるよね(どこまでも親ばか)☆
シトロエンBXの本を出したらホント表紙にして欲しい♪

下の作品は、豪華ベルトーネとガンディーニの縦並び(笑)!
どっちもいいなぁ…ここが似てる、ここが違う、ここが美しい…って、
いつまで見てても飽きないよ。

手先というか…okaki画伯…えと、シャッター押す指だけ大事に、ね!
天は人に二物を与えないの(笑)。






Commented by トモリン at 2012-01-16 11:46 x
明けましたね~^^こちらは黄玉が似合う真冬日がず~~っと続いてるよ、BXネタは気持ちが判り過ぎてパス^^ご実家ネタでちょいと一言^^、まずはガラスブロック!使用箇所、サイズ、クリアーとカラーの配列、タイプが大好きなモール、同様にタイル!サイズ、色・・・正月風味の室礼・・・完璧です!家中のガラスが菱モールの者には共感の嵐です。・・・お母様によろしく^^
Commented by *tomo at 2012-01-16 16:29 x
>トモリン

今年もますますよろしくお願いします♪(笑)
こっちも例年にありえないおそろしい寒さに震えてます。
そっちはもっと寒いんだろうけれど、断熱性能が良いお宅が多いだろうから室内では私達関東の方が寒い思いしているような気がする(>_<)

この家は私が生まれる前のもので、ガラスブロックは小さい時ジュース屋さんごっこと称して、ジャンプしてタッチして「グレープ!(自動販売機という設定)」「ソーダ!」とかやって遊んだ記憶が(笑)。うちは70年代モダン建築(よく古い開業医さんのお宅とかにある感じ)の一種なんだと思います。それを大事に手入れして、少しずつ直して住んでいるので、味わい深くて私も大好き!そうかー…同じクルマに乗っているだけあって、やっぱり建築やインテリアの趣味も合うんだねえ。あ、車と言えば、私もいよいよ提灯化が間近となりました(笑)。
Commented by ie at 2012-01-17 13:30 x
絵、アップしてくれてありがと!
ちょっといつもと描き方を変えてみたらほんわかしたよ(^^;

BXの本、出しちゃおうか(汗)台数も種類もオーナーさんの数も蘊蓄も経歴も経験もキャラクターも、じゅうぶん揃っているものねえ!
そのときはぜひ表紙にー。
Commented by *tomo at 2012-01-24 21:36 x
>ieくん

ありがとうー。普段の画風も好きだけど、
このほんわか繊細タッチ画風もとても良いね。

BXの本、デビュー30周年記念特集?!(笑)
今ごろになって出したら、全国のBXオーナーさん全員間違いなく大喜びで買ってくれるね(笑)。
型式やオーナーさんの味付けによってこんなに個性豊かなクルマ、
描き下ろしイラストと撮り下ろし写真、吟味しまくったいい匂いの紙質…絶対赤字間違いなし、採算度外視の豪華本を作ってみたい(笑)☆
<< Stig Lindberg f... 続・たまご王子! >>