北欧コレクター写真家自邸のガレージセールへ。
仕事のツテでご紹介頂いた某料理写真の巨匠が、ご高齢につき、
北欧モノを始めとする世界の陶器やキッチンツールの膨大なコレクション及び
カメラ機材等を放出なさるとのことで、駒沢公園に程近い閑静な住宅街の中にある
自邸で行われたガレージセールへお邪魔してきました。

スケジュールの都合で私が伺えたのは3日間行われた最終日。
残念ながらかなり売れてしまった後だったそうですが、
(グスタフスベリのものなどは初日にすべて完売してしまったらしい…)
それでも見てまわるのに4時間近く掛かる大量のコレクション!
帰宅後は知恵熱が出てしまいました。

撮影スタジオを会場に、地下と地上の2フロアを埋め尽くすお宝の山!山!
どれも市場価格の50%〜10%ほどの破格で、全て大昔に現行で買われたデッドストック。
私にとっては、もはや夢の世界…。


b0028216_1632678.jpgまずこちらは、DANSK(ダンスク)の鮮やかな黄色が楽しいフライパン。

あまりにも綺麗過ぎてとても炒め調理には使えないので、テーブルに赤や緑のお料理を盛るのに使いたいと思います。

この色以外にも沢山の色違い型違いが山積みでした。

b0028216_1652255.jpgデンマークの調味料入れ。

真ん中はヴィンテージショップで良く見掛けるものですが、右のシャープなデザインのミルや、
左のポットとトレイもセットになったソルト&ペッパーは珍しい。

b0028216_167481.jpgDANSK(ダンスク)のパーティ用大皿と、カップ、ディナープレート。

マットな焦げ茶のフチがとても美しくて一目惚れ。

カップはソーサーがなくなってしまっていたから、と、タダ同然の価格でお譲り頂きましたが、スープなどを入れるのにもちょうど良いし、小さめのマグとしても愛用させて頂きます。

b0028216_1611096.jpgデンマーク王室御用達、
Holmegaard(ホルムガード)のグラスとピッチャーのセット。

この美しい色と、形…。

家に帰ってから洗って、磨いて、ずーっと眺めていました…。

b0028216_16161363.jpgこちらのプラスチックのデザインがとても良く出来たワインオープナーは、北欧ではなくイタリア製。

後ろのキャンドルはデンマークの60年代のもの。

b0028216_16181344.jpgヴィンテージルクルーゼのグラタン皿。

ウチのデロンギオーブンにちょうどギリギリのサイズで、使い勝手も良さそうです。

b0028216_1619467.jpgヴィンテージファブリックも膨大な数がありました。

テーブルクロスや、キッチンクロス、テーブルセンター、リネン、などをまとめてお譲り頂きました。

b0028216_16205468.jpgイッタラにに買収されてしまう前のNuutajarvi(ヌータヤルヴィ)のデザートプレート。

先日紹介したこちらと色も
素材も同じなので、対になるものだと思われます。

b0028216_16252277.jpgスウェーデン、RORSTRAND(ロールストランド)ANNIKAシリーズの大皿とデンマークSTELTONのサーバー。

ブラウン&オレンジで構成された温かみのある色合いが味わい深いシリーズ。

b0028216_16302743.jpg上で紹介したサーバーと、ダンスクのカトラリー。数々のカトラリーをデザインしたクイストゴーの作品でも代表的なシリーズ。質感が非常に高く、持ったときの充実感が素晴らしい品。

name : Fjord
maker : Dansk
designer : Jens H. Quistgaard

b0028216_16331257.jpgARABIA(アラビア=フィンランド)のFaenzaシリーズのポットと、大ぶりのディナープレート、ボウル。

この柄はホーローの片手鍋を持っていますが、陶器も食卓を明るくしてくれそうで、使うのがとっても楽しみです。

…という訳で、なんの予備情報もないまま、期待もせずにお邪魔したのに、
気がつけばかなりの点数をお譲り頂いてしまいました。

「こうやってひとつの時代が終わるんですね」と、ガレージセールをお手伝いされていた
カメラマンさん(お弟子さんだそうですが、そのお弟子さんもかなりのご高齢!)が
名残惜しそうにつぶやいていたのが印象的でした。

でもね、地下倉庫に大量に積まれて何十年も眠っているより、
ウチで実際に使われる方がシアワセだと思うんだ。

大事に使わせて頂きますね、と、椅子に腰掛けていた巨匠にご挨拶してからその場を後に。
コレクションがどんどん手元を離れて行くあの瞬間、何を想われていたのかな…。

深謝。

by kazztomo | 2010-07-08 15:44 | モノ | Comments(16)
Commented by minori at 2010-07-08 18:11 x
見てるだけで知恵熱が出てきそうです。。。
どれも素晴らしい品々ですが、ヌータヤルヴィのガラス皿!!
こんな逸品が存在していたんですね。。
アレを既にお持ちの*tomoさんのもとへ来たなんて、すごい運命です。

和物洋物問わず、ご高齢のコレクターの方が亡くなると、ご家族が二束三文でコレクションを処分してしまう話にいつも胸を痛めてました。写真家の方は寂しい気持ちだったでしょうが、最上のご決断、心からリスペクトです!!
Commented by みどり at 2010-07-08 18:29 x
コレクションが手元を離れていく瞬間・・・
ちょっと違いますが似たような状況ありました。
母が「生前形見分けをする」と言って娘や姪たちを自宅に呼び、自分の持っていたジュエリー類をほぼ全部(!)放出してました。
本人は「生きているうちにみんなにあげて喜ぶ顔を見た方が嬉しいから」と言っていました。
きっとその方もそんな気持ちだったのではないでしょうか。

それにしても、どのお品もデザインも状態もすっごくキレイですね!
Commented by mikichanpoo at 2010-07-08 18:32
ぎゃ~!知識がないけど、スクロールする時なんだかドキドキしたよ~~(@@)
特にダンスクのお皿セットは、どストライクです。かわい~~!
でも好きで集められていたモノだから、ドナドナな感じだったろうな・・・。
私もどうでもいいおもちゃコレクションが段ボールに入ったままだけど、捨てることも売ることもできずに、押し入れを占領してるよ・・・もう、タイミング外したから、きっと50年くらいたたないと値打ち出ないし・・・。

でも、目の前のすごいコレクションに、鼻血を出しながら忙しく見て回るtomoさんを想像しちゃった(笑)
Commented by fumi at 2010-07-08 19:05 x
ひゃーーースゴイ!!!

もしも初日に行けてたら、tomoさんどうなってたろ〜?!?!っていらぬ
妄想をしておりました(笑)

にしても、ものすごく良い品だらけです!私まで目がキラキラしちゃいました!
本当に本当にどれもこれも素敵☆
tomoさんのところに来れた子たちは幸せ者だ〜!
Commented by *tomo at 2010-07-08 19:55 x
>minoriさん

母に当日朝、声を掛けたら飛んで来たので一緒に行きました。
アンティークの天秤や、真鍮製のアイロンなど、また違ったジャンルの
ものを上手に探して買っていましたよ。

ヌータヤルヴィのガラス皿は、積んであって一瞬見逃しそうになりましたが、
ちゃんとウチの子に納まりました☆
これもカイフランクデザインのものなんでしょうか(未確認)。

クルマでも、この間聞いた話ですが、シトロエンSMという旧い名車を、
オーナーさんが亡くなってもう不要だから処分、という話が出ているそうです。
幸いにもシトロ好きの耳に届きましたので、
誰かしらが引き取ることになるんでしょうが(笑)
価値あるものを、間違ってゴミとして、またはゴミ同然に
処分してしまわれないことを切に願いたいですね。
Commented by *tomo at 2010-07-08 21:05 x
>みどりさん

生前形見分けですか!みどりさんのお母様と言うことですと、
なんかちょっと早いような気もしますが…(笑)

その巨匠宅のコレクションは尋常でなく、
あれを残して亡くなってしまったら…すべてお宝ですが、
ご家族は途方に暮れてしまわれると思われます(笑)。
業者さん相手ではさらに買い叩かれてしまうでしょうし、
これが最善の選択かもしれませんね。

価値ある物をお持ちであれば、ゴミにはならない、は、
みどりさんのお母様とこの巨匠の共通点ですね。
Commented by okaki at 2010-07-08 21:06 x
よほどの骨董でない限り、食器は使ってなんぼと僕は思います(^^)。何十年もかけて集めたものを手放す思いは想像を越えちゃいますが、tomoちゃんの目に留まったその子たちは、どんなに幸せか〜!これからもーっと料理のレパートリーが増えたりして…!? 食器もXmも使ってなんぼだー!(笑)
Commented by *tomo at 2010-07-08 21:17 x
>mikipooさん

半端じゃないコレクションの数だったから、致し方ないとは言え、
みんなにわさわさと買われて行くのは寂しいだろうなぁって思うよ…。
おもちゃ50年後って(笑)

…と言いつつも、垂涎のヴィンテージ(になっちゃった)道具達を見て、
心臓ドキドキ、物欲と収納場所とのせめぎ合いに頭の中では
電卓はじきまくり&食卓風景を想像してうっとりのゲンキンな私なのでした。



Commented by *tomo at 2010-07-08 21:23 x
>fumiさん

私も、初日と2日目に行けなかったことをどれだけ後悔したことか!(笑)
でも、行けなくて良かったのかも…うんうんそうに違いない…orz。

北欧コレクターの、と書いたけれど、
実は世界中の(主にヨーロッパの)食器やキッチンツールを集めて
らっしゃったので、これは、自分なりにその中から掘り出した逸品!
今、北欧ビンテージショップで売られている物のように、
誰かの現代的な審美眼を通り抜けてもいないので、
その「掘り出し感」たるや、脳みそが溶けそうでした…(笑)。
大事に使いたいと思います。

Commented by *tomo at 2010-07-08 21:36 x
>okamuくん

そうだね。仮にルーシーリー作品が手に入っても使いたい私は(笑)。
家具も陶器も価値あるものを持てば、持ち主が死んでもゴミにはならないからエコだしね!この方のように、生きてるうちに人に譲れる心の広さがあるかどうかは別として…(笑)料理のレパートリー…ワンプレートもののお料理ばかりじゃなくて、5品とか出せるようになりたいなー…と思ってるはずなのに、買ったお皿は大皿ばかりナリ…(-.-)Xmは審美的に美術品レベルのクルマなので、okamuくん、お願いだから次々と乗り潰さないでよー(笑)!
Commented by あっちゃん at 2010-07-08 21:59 x
どれもこれも素敵な物ばかり
今日は少し落ち込みモードだった私ですが
tomoちゃんブログの素敵な写真を眺めたら
元気になりました!←本当だよ~^^
tomoちゃん宅にきた品物は絶対に幸せだと思います。
Commented by *tomo at 2010-07-08 22:24 x
>あっちゃん

ありがとうあっちゃん☆…どうか、元気出してね…。
元気出さなくてもいいから、よく休んでね。
私も今日は仕事ばかりしててクサクサしていたから
休憩がてらブログアップしたトコなんだよー。
いっぱい美味しいもの作って、このお皿達の上に並べたいな!
Commented by ほそモール at 2010-07-08 23:44 x
おデコにアイスノン乗せて体温計を咥えて寝込む姿が想像できますw。
いつもながら「どこのスタジオで撮影してるんですか?」って感じの戦利品たちを見ると、ここんちに来たのがどれだけ幸せなことか。

そしてやっぱり私はデザートプレートのガラスの透明な色合いにヤられております(ばく)。
Commented by *tomo at 2010-07-09 01:07 x
>ほそモールさん

メリーは寝込む私のお腹のところにぴったりくっついてね…w
一度に大人買いした食器達が、一度に大人買いしたCDと同じように
心理的に少しでも祖末に扱われないよう、
一品一品に愛着を持って大切に使おうという想いを込めて撮影してみましたよ。

デザートプレート、今度使おうね〜!
Commented by at 2010-07-09 08:01 x
価値があるものは、必ず次世代に受け継がれますので。
productとしても幸せなことだと思います。
Commented by *tomo at 2010-07-09 11:07 x
>とさん

そうですね。なるべくゴミになるようなものを
買わないで暮らせたら良いなぁと思います。
<< ベルギー大使館主催のお料理教室へ。 建築家を囲み、姉妹建築チームで... >>